受験生の子供に作りたい!合格祈願のメニュー3選!受験前日のメニューは?

スポンサーリンク


受験生の親としては、子供の勉強を手助けできる毎日食事は大切ですよね。脳を活性化させてくれる食材や、風邪の予防ができる食材ストレスを抑えてくれる食材などがおすすめです。


おいしいものも大切ですが、受験勉強を乗り切るための栄養バランスにも気を使ってあげてくださいね!


スポンサーリンク

受験生の子供への食事!気をつけたいポイントは?受験前日は?

まず、受験生に食べさせたい食べ物として、脳にプラスの効果を及ぼすDHAが含まれている、脳の栄養源となるブドウ糖が含まれる白米、精神を安定してくれるカルシウムが豊富な乳製品、記憶力を高めてくれるレシチンが豊富な大豆などです。


これらの栄養素が大切ですが、最も重要なのは毎日食べる朝食です。最近の子供の多くが朝食を食べずに登校していますが、これでは脳が十分に働きません。また、1日の必要な栄養量も不足しがちです。


試験当日の朝食は、体を温め、脳を覚醒させるために、白米、お味噌汁、焼き魚がおすすめです。試験の3時間前に食べるようにしましょう


また、試験当日は、お昼ご飯にすぐに脳のエネルギーになる糖質を摂取するのがいいでしょう。なので、菓子パンやチョコレートがおすすめですよ。ただ、たくさん食べすぎると、眠くなってしまうので逆効果です。腹八分目がベストでしょう。


試験前日の夕飯試験勉強中の夜食には、脂っこいものは控えて、消化の良いうどんなどがいいでしょう。消化が悪いものだと、眠りが浅いものになってしまいます。睡眠学習と言われるほど、勉強中は眠る時間が大切な役割を果たすので、睡眠の質をないがしろにしないようにしましょう。


高校受験前日に気をつけること☆勉強すべき内容、寝る時間、食事など




受験生の子供につくりたい!受験生メニューその1 :いわしのフライ


いわしはカルシウムとDHAが豊富に含まれている食材です。
頭をよくするのにぴったりです、丸ごと食べられるフライがおすすめですよ。


いわしのフライの作り方

作り方は、さばいたイワシにすりおろした生姜を絞って作ったしょうが汁を振りかけて、塩と胡椒で下味をつけます。小麦粉と卵、パン粉を付けて、油でかりっと揚げれば完成です。


イワシの骨はそのまま素揚げにしてしまえば、カルシウムがより豊富に取れるので、おすすめです。塩を振って、骨せんべいにして食べるとおいしいですよ。


受験生の子供につくりたい!受験生メニューその2 :グラタン


ホワイトソースとチーズをたっぷりと使って作るグラタンは、精神を安定させてくれるカルシウムが豊富な乳製品を使った一品です。イライラしやすい受験シーズンに子供にぜひ食べさせたい料理ですね。アツアツのグラタンは体も温めてくれるので一石二鳥です。


グラタンの作り方

作り方は、ジャガイモ、ニンジン、ブロッコリー、玉ねぎ、カボチャなどをレンジで加熱して蒸します。柔らかくなるまで加熱してグラタン皿に並べて、鶏肉を一口大にカットして、軽くフライパンでオリーブオイルで炒めて、グラタン皿に加えます。


鍋にバター、小麦粉、コンソメ、牛乳、コショウを入れて中火にかけます。牛乳が沸騰してくるまで、休まずに鍋をかき混ぜて牛乳が温まってきたら、弱火にしてさらにとろみが出るまでまぜます。


ソースができたら、グラタン皿にうつして、上からチーズを散らしてパン粉を振りかけて、210℃に予熱しておいたオーブンで12分ほど焼いたら完成です。ホワイトソースは、小麦粉が玉にならないようにしっかりと溶かすのがポイントです。


野菜は蒸すことで栄養素を逃がさずに調理できます


受験生の子供につくりたい!受験生メニューその3 :鶏肉とくずし豆腐の生姜みぞれ汁


寒い冬に体を温めてくれる一品です。スープなので、朝食にもピッタリですし、夜食にもおすすめですよ。豆腐は大豆食品なので、脳にも良いですし、風邪をひき飛ばしてくれる一品なので、風邪をひくだけで大変な受験生におすすめですよ。


鶏肉とくずし豆腐の生姜みぞれ汁の作り方

作り方は、鍋に水を入れて、和風だしを入れ、眺めにカットした長ネギ、鶏もも肉、白滝も入れて煮込みます。崩した豆腐、大根おろしも加え、塩、しょうゆ、みりんも加えてさらに煮込んだら、完成です。鍋料理のようなアレンジなので、ポン酢を加えてもおいしいですよ。


受験生応援!! 鶏肉とくずし豆腐の生姜みぞれ汁 | mahoのテーブルから
←ここをクリック♪ ←ここをクリック♪我が家でよくやる大根おろしをたっぷり入れた雪鍋。それに、豆腐を...


【最後に】


いかがでしたか?トンカツでゲン担ぎをするのは一般的ですが、油で揚げているお肉の塊なので、消化に悪い食べ物 となってしまいます。試験前日に食べると、睡眠の妨げになって、ベストなコンディションで試験に挑めないということにもなりかねません。


ゲン担ぎは試験が終わった後にするのもいいんじゃないでしょうか?
ぜひお子さんの体を気遣った食事で受験勉強を応援してあげてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です