ゆで卵の賞味期限は?保存は冷蔵庫?醤油漬けの賞味期限は?

スポンサーリンク


一人暮らしや家族が少ない家庭だと、10個入りの卵のパックを賞味期限内に食べきるのは難しいですよね。毎朝、目玉焼きや卵焼きを作らない限り、使い切れません。そんな時に、とっても便利なのが、ゆで卵ですよね。


ゆで卵にすることで賞味期限が切れても、しばらく冷蔵庫で保存することができます。ただ、ゆで卵にした時点で賞味期限が分からなくなりませんか?今回は、ゆで卵の一般的な賞味期限について、ご紹介しましょう


スポンサーリンク

行楽弁当やサラダのお供に!ゆで卵のおいしい作り方とは?

ゆで卵は、鍋に水を張って沸かして、卵を入れて12分ほど加熱すれば簡単に作ることができますが、最近は中の黄身が半熟のものが人気ですよね。煮卵としてラーメンのトッピングの定番ですよね。


そんなおいしい半熟のゆで卵を作る場合は、お湯の状態から7分ほど煮込むことで作ることができます。8分茹でたら、きちんと冷水で冷やしてくださいね。


ちなみに、8分茹でた状態なら、まだまだ出来上がりは柔らかい状態です。この状態の時に、クッキーの型やおにぎりの型に入れた状態で、冷水に入れればちょっとユニークな形のゆで卵を作ることだってできますよ。子供のお弁当などに入れれば、喜んでくれると思うのでとってもおすすめです。


不思議なゆで卵が作れちゃう ドリームランド Weird Boiled Egg Maker




ゆで卵の賞味期限は?いつまで美味しく食べれるの?


ゆで卵の賞味期限は、殻付きかそうでないかで大きく変わってきます。


まず、殻付きの場合であれば、冷蔵保存で約3日間です。


殻なしの場合は、冷蔵保存でも12時以内と言われています。
ちなみに、殻付きですがひびが入った状態なら、2日以内だそうです。


冬の0℃~10℃の間であれば、常温であっても3日ほどもつそうです。
夏場であれば、食中毒になりやすいので、12時間ももたないと思います。


ゆで卵を長期保存する場合は、必ず冷蔵庫に入れて、3日以内に食べきるようにしましょう。


ゆで卵をつくりすぎた!冷凍保存はできる?正しい保存方法は?


3日以内で食べきるのが難しい場合もありますよね。そんな時に頭によぎるのが、冷凍保存だと思いますが、ゆで卵って冷凍保存できるんでしょうか?


回答として、そのままの状態では無理です。
白身の部分がスカスカになり、とても不味い状態になります。


ですが、卵サンドのように、ゆで卵を潰してマヨネーズなどをあえた状態であれば大丈夫でしょう。この状態であれば、冷凍保存で1か月ほど保存が可能と言われています。解凍する際には、冷蔵庫で自然解凍するといいでしょう。


ゆで卵の醤油漬けの賞味期限は?美味しい作り方のコツ・保存方法も!

卵サンドの状態もおいしいですが、大量にゆで卵がある場合は、味付け卵にした方がおいしいですよね。さらに、この味付きの状態だと、冷蔵保存で1週間くらいはOKになります。ぜひゆで卵がたくさんある時には味付きで保存してください。


ちなみに、作り方は硬めのゆで卵を作ります。冷水にさらして殻をむいたら、ジップがある袋に入れて、2倍濃縮のめんつゆ2に対して、酢1の割合のだしを作って卵がしっかりと浸かるくらい入れて、冷蔵保存で1日ほど漬け込みます。これで完成です。


酢が入ることで長期保存が可能になりますが、酢の味がきらいな方醤油1、水3、みりん1を鍋にかけて火を通してから、しっかりと冷ましてゆで卵を2日間漬け込んで作る醤油卵がおすすめです。味が濃いので、こちらも長期保存が可能です。


【簡単&絶品】半熟味付けゆで卵♪



【最後に】


ゆで卵の状態でも3日以内というのは、ちょっと短いですよね。たくさんある時は、ぜひ煮卵や味付き卵に挑戦してみてください。味付き卵などは漬け込みすぎると、味が濃くなりすぎるので、気を付けてくださいね。


また、半熟の状態では長期保存に向かないので半熟で作る場合は、2日以内には食べきるようにしましょう。卵は冷凍保存ができないものなので、卵を買う時は計画的に食べきるようにしましょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です