黒豆の賞味期限・保存方法は?作りすぎたらどうする?小豆の賞味期限まとめ!


黒豆はお正月には欠かせませんよね。ちょっと甘くて食べごたえがあるので、子供にも人気がありますよね。自分で作ると結構手間がかかる黒豆ですが、市販の物なら盛り付けるだけなので、便利ですよね。

でも、お重箱などに盛り付けた黒豆だとどのくらい日持ちするのか気になることでしょう。

スポンサーリンク

お正月に作った「黒豆」の賞味期限は?日持ちは?

黒豆と言えば、生の状態ではなく、大抵は味付けまで済ませたものを指すでしょう。

甘辛く炊いた黒豆は、お正月の真冬に作るものなので、鍋の中であっても、室温が10℃以下であれば腐らずに、1週間は持たせることができるでしょう。タッパーや重箱に入れておく場合も、10℃以下の場所や冷蔵庫で保存して、約1週間です。

もう少し長く持たせたい場合は、鍋に入れて、2~3回ほど火を入れれば、その度に菌が死滅するはずなので、賞味期限が2週間に伸びるでしょう。

もっと長く持たせたい場合は、冷凍保存が最適です。
保存袋などに入れて冷凍すれば、1か月は持ちますよ。

解凍する場合は、自然解凍がおすすめです。ただし、解凍したものは、一番日持ちしないので、早めに食べれるように、冷凍する際に小分けにしおきましょう

黒豆煮の作り方(ふっくらつやつやに煮る方法) – How to make Kuromame (Sweet Black Soybeans)




そもそもなぜ、お正月(おせち)に黒豆を食べる?



お正月の定番料理である黒豆ですが、なぜ黒豆をおせちとして食べるのか知らない人も多いでしょう。

黒豆はおせちの中でも、祝い肴三種(黒豆、数の子、田作り)の一つとして、おせちには欠かせないものとなっています。祝い肴三種と餅があれば、最低限のお正月が祝えると言われるほど、大切な役割があるんですよ。



おせち重箱の詰め方のコツ!三段重箱の詰め方はじめてガイド!



黒豆は壱の重と呼ばれる一段目に詰められるのが一般的で、長寿と健康、厄除けを願って、お重箱に詰められています。無病息災を願い、家族全員が今年一年、健康的に暮らせるように祈願されています。

黒豆の黒い色が魔除けの色であり、黒豆のしわもないふっくらとした状態が若々しく見えるから長生きできるとされ、「まめ」には真面目によく働くことで家族が元気に暮らせるようにと言う願掛けがなされているそうです。

ちなみに、黒豆はおせちの中でも子供受けする具材人気度、ナンバーワンなんですよ。大人受けも上々で、5位内にはランクインしています。総合的に人気度が高いことが分かりますね。

おせちの黒豆が余ってしまった!アレンジレシピは?

おせちの黒豆はとても甘いので、スイーツにアレンジするのがおすすめです。子供のおやつやちょっとヘルシーなスイーツにできますよ。

・黒豆プリン(4個分)

まず、ゼラチン5gを水でふやかしておきます。

鍋に黒豆の煮汁150㏄牛乳150㏄を入れて温め、絞ったゼラチンも加えて、しっかりと溶かします。

黒豆をカップに5~6粒ほど入れて、プリン液を流し込んで、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固めて完成です。

他にも、蒸しパンやホットケーキ、パウンドケーキ、シフォンケーキなどの生地に混ぜ合わせてもおいしいですよ!

黒豆の煮汁には、黒豆の栄養分がたくさん溶け出ているので、捨てずに一緒に加えるのがおすすめですよ!

黒豆プリン【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピ/2013.12.16公開のレシピです。
黒豆を使った和風プリン。ゼラチンでかためてやわらかな食感に。黒豆プリン/西川 綾のレシピ。2013.12.16公開のレシピです。


黒豆プリン レシピ動画


小豆の賞味期限は?黒豆と小豆の違いは?



茹で小豆はそのままぜんざいにしてもいいですし、洋菓子のアレンジにしたり、赤飯にしてもいいですよね。そんな茹で小豆はどのくらいもつものなのでしょう?

茹で豆の場合は、冷蔵保存であっても5~6日程度です。タッパーなどに入れて密封して冷蔵庫で保存するといいでしょう。

小分けにして冷凍保存すると約1月は持ちます。自然解凍や鍋やレンジで加熱すれば、またおいしく食べられますよ。

小豆は、アンチエイジングに優れている食べ物です。ポリフェノールが多く含まれており、抗酸化作用があります。老化防止に最適であり、食物繊維も豊富なので、ダイエット効果も期待できるでしょう。

一方の黒豆にも、基礎代謝をアップさせる大豆ペプチドがあり、大豆サポニンには脂肪の吸収を抑える効果があります。さらに、黒豆には血液をサラサラにしてくれる効果もあります。他にもたくさんの良い効果が期待できます。

総合的に見ると、黒豆の方が多くのメリットが見られますが、どちらも豆なので、栄養価が高い食べ物です。栄養をあますことなく得たい場合は、茹でこぼしをせずに食べられる汁ものにするのがおすすめですよ。

【最後に】


黒豆は人気が高く、おせちにも欠かせない食べ物です。さらに、栄養価も高いので、とっても魅力的な食べ物ですよね。

甘い味付けなので、余ってしまった場合も、スイーツにして食べられるので、きっと食べきるのに困ることはないでしょう。しかし、食べられずに困ってしまった場合は、冷凍保存すれば長く持つので、おすすめですよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です