とうもろこし狩り【千葉】おすすめ3選2019!とうもろこしの美味しい食べ方は?

スポンサーリンク
味覚狩り
スポンサーリンク

7月から9月にかけて旬を迎えるとうもろこし

甘くておいしいですよね!

千葉県は、全国2位のとうもろこし収穫量で7.3%を占めているってご存知ですか?

ちなみに、1位は北海道で全国の40.7%の生産量を誇っています。

そんな千葉県にはとうもろこしの収穫体験ができるところがたくさんありますよ。

今回は千葉県のとうもろこし狩りについて調べてみました!

スポンサーリンク

夏といえばとうもろこし!そもそもとうもろこしってどんな野菜?

とうもろこしってどんな野菜?

とうもろこしの名は、唐から来たもろこし(きび)が由来

米、麦に並ぶ世界三大穀物です。栄養価が高く主食がわりにもなります。

糖質が主成分でカロリーは高めなのでエネルギーの補給源となります。

胚芽部分にはビタミンB群を豊富に含み、ビタミンEやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどをバランスよく含む栄養価の高い野菜です。

また粒の皮は、セルロースという不溶性の食物繊維でできています。

とうもろこしの主な産地は?

北海道が主な産地で日本の産地の約41%を占めています。

次いで千葉県になります。

千葉県は日本の産地の約7%です。

日本のとうもろこしの種類は?

とうもろこしの種類は6種類あります。

スイートコーン・ポップコーン・デントコーン・フリントコーン・ワキシーコーン・ソフトコーンです。

一般的に食用として用いられ、「とうもろこし」と呼ばれるのはスイートコーンです。

とうもろこしの旬はいつ?

旬は温暖地から始まり7月から9月が収穫時期です。

穂の外皮が鮮やかな緑色で、ひげが濃茶色でふさふさのものを選びましょう。

ひげは熟すと濃くなり、数は粒の数と同じなので、多いほうが粒も詰まっているので目安になります。

握ってみて穂先までふくらんでいれば収穫です!

美味しい食べ方は?

収穫後から水分や甘みが低下するので、できるだけ早く食べましょう

2~3日持たせるなら、外皮をむかずにラップをして縦にして冷蔵庫へ

長くもたせるなら、蒸すかゆでて、熱いうちにラップで包み、冷凍がおススメです。

とうもろこしには「ゆでる」「焼く」「生食」がありますがてんぷらにしてもおいしいです。

揚げると旨味がぎゅっと凝縮されます。ぜひお試しくださいね。

とうもろこし狩り【千葉】スポット3選 その1:安西農園(館山市)

千葉県館山市にある観光農園です。

季節ごとに、旬の作物の収穫体験をすることができ、収穫できる作物の種類がたくさんあります。

中でも「味来(みらい)」という名前のトウモロコシは非常に甘く、みずみずしいのが特徴です。

収穫しながら、なんと生でも食べられます!ホテル「リゾートイン白浜」の宿泊客をメインとしていますが、予約をすれば一般客でも参加可能です。

基本情報

住所: 千葉県館山市藤原864百笑園
TEL: 090-8119-7032
営業時間: 9~16時
定休日 : 期間中無休(とうもろこし2019年6月上旬~8月中旬)
予約 要予約

アクセス情報

安西農園(館山市)

公共交通機関:: JR館山駅→JRバス関東安房州本線20分、バス停安房神戸下車、徒歩2分

車: 富津館山道路富浦ICから舘山バイパス、国道410号経由15km20分

駐車場 あり/10台

とうもろこし狩り情報

品種 : ゴールドラッシュ 味来(みらい) ピュアホワイトほか多種
本数:10万本
料金 持ち帰り1本150円~、試食付プラン(2本+試食)600円
服装:動きやすい服装で。
※食べ放題なし。弁当持込み 不可

とうもろこし収穫体験@安西農園

とうもろこし狩り【千葉】スポット3選 その2:農業公園 ぽんぽこ村(木更津市)

農業公園ぽんぽこ村では、旬のお野菜の収穫体験や農業体験と共にイベントが盛りだくさんあります。

夏野菜の食べ放題もありますよ!

安心のこだわり有機無農薬野菜は、野菜嫌いの子どもでも食べてしまうほどの美味しさです。

基本情報

住所:千葉県木更津市牛袋野506
TEL:090-1666-2616
営業時間 :8:30~18:00
定休日 :12月30日~1月3日、ほかに臨時休業あり
(とうもろこしの期間は6~10月)
予約 要予約
9:00~・11:00~・13:00~・15:00~から選択

アクセス情報

農業公園ぽんぽこ村

公共交通機関:JR袖ケ浦駅→車10分。またはバスで10分、袖ヶ浦バスターミナル下車、徒歩15分

車: 東京湾アクアライン連絡道袖ケ浦ICから国道16号経由1km3分

駐車場 あり/20台

とうもろこし狩り情報

じゃがいも堀り、とうもろこし生かじり(6月~9月)※他のコースあり

品種:ゴールドラッシュ
本数:6,000本
食べ放題:生かじりあり
料金旬野菜収穫体験料:1人1,800円~(中学生以上)
服装:道具は貸出あり。長靴・軍手などは持参。

施設URL

農産物

とうもろこし狩り【千葉】スポット3選 その3:ハナシマ農園(八街市)

ハナシマ農園では生でも食べられるトウモロコシ栽培にこだわり、 一番美味しい収穫適期に収穫しています。

収穫が早くても遅くても甘さ、食感に差がでるとうもろこし。

産直こだわりのとうもろこしは美味しいこと間違いなし!です。メディアでも多く紹介されています

基本情報

住所:千葉県八街市文違301-17
TEL: 090-9342-8189
営業時間 :9~17時(6月下旬~7月25日頃)
定休日 :期間中不定休(要問合せ)
予約要予約

アクセス情報

ハナシマ農園

公共交通機関:JR八街駅→車6分。またはJR榎戸駅→車9分

東関東道富里ICから国道409号経由8km15分。東関東道酒々井ICから国道409号経由6km10分

駐車場 :あり/20台

とうもろこし狩り情報

品種 :ゴールドラッシュ、フルーツコーン
食べ放題なし
料金入園料1人100円、持ち帰り、または収穫後の生食可1本200円
おみやげ販売 :あり/1本150~200円/焼きとうもろこしあり、1本250~300円
服装:動きやすい服装で。
弁当持込み

ハナシマ農園URL(収穫体験)

とうもろこし狩りできます。
とうもろこし収穫体験できます。とうもろこ...

ハナシマ農園の生でも食べられるフルーツコーン、テレビ東京で紹介

まとめ

甘くて美味しいとうもろこし

採れたて新鮮なとうもろこしは店頭で買うよりも甘くて瑞々しくて美味しいですよ!

生でも食べれるとうもろこしを是非味わってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました