初詣に合格祈願!ご利益ある関東の寺社3選!お参りの方法やお守りは?

高校受験大学受験などに備えて毎日勉強している受験生の方も多くいらっしゃると思いますが、合格のためにはやっぱり出来ることは全部やっておきたいですよね。


そんな合格を目指すための方法のひとつとして、「初詣に合格祈願をする」ことを考えている受験生も、やっぱりたくさんいます。


とりあえず近くの神社で……と気軽に考えているかもしれませんが、人生の中でも大きなポイント、「受験合格」のために、ご利益がある神社を探してみるのはいかがでしょうか?
今回はもうすぐ受験を控えている受験生が初詣に合格祈願をする場合におすすめな寺社を紹介していきますので、合格のため、ぜひチェックしておいてくださいね!


スポンサーリンク

【今年は受験!初詣に合格祈願!正しい参拝方法とは?】



しっかり間違いなく合格祈願をするためにも、まず最初に初詣や正しい参拝方法、またご祈祷やお守りについてなど、幅広い範囲でチェックしてみましょう!


最初に初詣についてですが、実は初詣には「この日までに行かなければならない」なんてルールはどこにもないんですね。
「元旦に行くべき」「三が日以内に行くべき」「松の内まではお正月だからセーフ」など言われることもありますが、全然そんなこともありません。


とはいえ「1月中に行くのが良い」としている地域もありますので、初詣については地元の方や親に相談してみるのが一番間違いがないかと思います。


次に参拝方法ですが、こちらも神社やお寺によって特別に決まっている場所がありますので、もしかしたら行った場所の方法は少し違うかもしれません。
ともあれ一般的な参拝方法をまとめておきましたのでこちらを参考に、特別な方法がある寺社へ行ったときはその場のルールに従って行動しましょう!


◎神社の場合

神社の入り口、外界との境界である鳥居の前で衣服を整えて本殿に向かって一礼し、参道を通る際は真ん中を避けてゆっくり進みます。
これは「真ん中は神様が通る場であるから」という理由がありますので、しっかり覚えておきましょう。


手水舎へ行ったら右手で柄杓を持ち左手を清め、柄杓を左手に持ち替えて右手も清めます。
再び右手で柄杓を持って左手に水を受け、その水で口をすすいで清めてからもう一度左手を清め、柄杓を縦にして持った部分も清めてから元の場所に戻します。
この行動は禊を簡略化したものと言われていて、何度も水を組み直したり柄杓に口をつけるなどはNGなので覚えておきましょう!


拝殿へついたら一礼し、お賽銭を納めて鈴を鳴らし、深いお辞儀を2回行います。
胸の前で手のひらを合わせて右手を少し下にずらし、拍手を2回し、手をしっかり合わせたのち住所・名前を告げてお願い事をします。
このときに大切なのは、お願いだけではなく神様への感謝もしっかりすることです。
お願いごとが終わったらもう一度深いお辞儀を行い、ここまでを一連の行動として覚えておきましょう!


◎お寺の場合

お寺の場合は入口……外界との境界である山門の前で衣服を整えてから一礼し、神社と同じように参道の真ん中を避けて敷居を踏まずに通ります。


手水舎へ行ったら右手で柄杓を持ち左手を清め、柄杓を左手に持ち替えて右手も清めます。
再び右手で柄杓を持って左手に水を受け、その水で口をすすいで清めてからもう一度左手を清め、柄杓を縦にして持った部分も清めてから元の場所に戻します。
この行動は禊を簡略化したものと言われていて、何度も水を組み直したり柄杓に口をつけるなどはNGなので覚えておきましょう!


蝋燭や線香が用意されている場合は献灯・献香を行いますが、この際に他人から火をもらってはいけません。


本堂へ行ったらまずは一礼してからお賽銭を納め、鰐口などの鳴らしものを鳴らしてから胸の前で合掌し、お願い事をします。
終わったら深くお辞儀を1回行いますが、数珠を持ってきている場合は数珠を手にかけてから行いましょう。


神社と違うポイントとしては「拍手をしない」というものがありますので、覚えておくと安心です。
またお寺から帰る場合も山門の前で一礼しておくと良いですね。


合格祈願にはご祈祷が絶対に必要というわけではありませんが、神様に願いをしっかり届けてもらう、より効果を確実にするためにもご祈祷をする方は多いですね。
費用については寺社により様々ですので、合格祈願に行きたい寺社のサイトなどでチェックしておくと安心です。


またお守りをいただくことありますが、お守りは「常に身につけておくもの」なので、飾るのではなく持ち歩くようにしておきましょう。
ただ合格祈願の御札などをいただいた場合でペラペラの紙の場合は持ち歩くよりも飾ったほうが良いですね。
その場合も見えないところに飾るのではなくなるべくしょっちゅう目につく場所、そしてなるべく高いところへ飾るようにしておきましょう。


最後にお賽銭についてですが、これもちょっと調べてみると「5円(ご縁)」などの語呂合わせ、また大きな望みを叶えてほしい場合は金額も大きくなど、様々な説が流れています。
しかしお賽銭とは本来「神様へ日頃の幸福を感謝する」ためのもので、大切なのはその気持ちなんです。


ですから「いくら必要」かが大切なのではなく、自分が供えたい金額をお賽銭として用意すれば何も問題はありません。
むしろどれだけ金額を大きくしても気持ちが入っていない、感謝の気持ちを持たずにいては何の意味もありませんので、無理のない範囲で感謝の気持ちを持って用意しましょう



【初詣で合格祈願!関東の寺社3選! その1:湯島天神】



住所:東京都文京区湯島3-30-1



ご祈祷料は5,000円から、受付は朝9時15分から行われており、予約なども必要ありません。
祭典や婚礼などが行われている場合は多少の待ち時間が発生する場合もありますので、それも見越しておくと安心です。
またせっかく湯島天神へ合格祈願へ行ったのなら、ご祈祷してもらうのはもちろん、お守りも当日持っていけるよう入手しておくことをおすすめします!


【初詣で合格祈願!関東の寺社3選! その2:荏柄天神社】



住所:神奈川県鎌倉市二階堂74




神奈川の荏柄天神社菅原道真公を御祭神とする受験生に人気の高いスポットで、古くは「荏柄山天満宮」とも呼ばれていました。
太宰府(博多)・北野天満宮(京都)、そして荏柄天神社は合わせて「三天神社」と呼ばれている古い名社になり、現在も学問の神様はもちろん、努力を重ねるものを助けてくれる神様として親しまれています。
小さな神社ですので混雑もそこまでひどいことはありませんし、お正月には梅酒や甘酒も振る舞われているそうですので、落ち着いて合格祈願をしたい場合はおすすめです!


ご祈祷も受け付けられていますがご祈祷費用などは書かれてありませんので、事前に問い合わせて見ると安心できるかもしれません。
また荏柄天神社では前日までの申込みが必要ですが受験当日の早朝祈祷も行っておりますので、お近くの方や受験場所が近い方はぜひこちらも申し込んでみてはいかがでしょうか!


【初詣で合格祈願!関東の寺社3選! その3:秩父神社】



住所:埼玉県秩父市番場町1-3




秩父神社は天照大御神が岩戸隠れをした際に、岩戸の外へ出すための策を八百万の神に授けたと言われる八意思兼命を祀ったことがはじまりとされています。
知恵の神、学問の神としての能力が高い神様であり、受験生に取っても人気のある、合格祈願との場所としても知られているスポットなんですね。


絵馬の「北辰の梟」も学業成就に効果があるとされていて、毎年初詣にはおよそ8万人ほどが参拝に訪れています。
ご祈祷受付時間などはやはり混雑しやすいですので、時間に余裕を持って準備しておきましょう!


ご祈祷料は5,000円から受付されていますし事前予約も必要ありませんので、本殿前の社務所で受付を行ってくださいね。


【まとめ】

初詣に合格祈願をしたい場合におすすめの神社、そして正しい参拝方法についてなどをお話してきましたが、何度か言っている通り、大切なのは「気持ち」です。
どれだけ正しい方法で参拝しても、高いお賽銭を用意しても、気持ちがこもっていなければそれは何の意味もないものとなってしまいます。


神様に感謝の気持ちをしっかり伝えその上で学業のお願いごとをする、またその際にも「合格させてください」ではなく、「合格のための努力をしています」と伝えたほうが良いとされています。
神様に頼るだけではもちろん願いが届くこともなく、自分の努力ももちろん必要ですので、気持ちを引き締めて受験の日までがんばりましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です