寒さに負けるな!2歳・3歳向け冬の外遊びアイデア3選!


幼稚園や保育園、数人の幼児を持つ親御さんなどは、寒くなってくる冬でも外で遊ばせたいですよね?


そんな時に走ってすぐに体が温まって、子供が楽しめるゲームがたくさんありますよ。アイディアに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。大人もいっしょにやることで、きっと良い運動になると思いますよ!


スポンサーリンク

寒さに負けない!子供の冬の外遊び、メリットは?風邪防止方法は?服装は?


昔から子供は風の子といいますよね。子供は体温が高めなので、外で遊んでいても大人ほど寒さに堪えることはありません。寒くても外で体を動かすことで、運動神経が良くなりますし、自然と触れ合うと五感を発達させることできるでしょう。


さらに、外でルールを決めて、遊ぶことでコミュニケーション能力が身に着きます。ゲーム中は考える力や発想力も必要ですよね。さらに、昼間に外でたくさん遊ぶと、夜の眠りがスムーズになって、夜更かしもなくなりますよ。


ただそれでも、無理をさせるのは禁物です。
風邪をひかないように、きちんと防寒具を着せてから外に出しましょう


ただ、汗をかき始めたら、一枚脱ぐようにしましょう。汗をかいたままにしておくと、かえって風邪をひきやすくなります。また、外で遊んだ後はすぐに手洗いやうがいをさせましょう。



2・3歳向け冬の外遊びアイデア3選! その1:しっぽとり

幼稚園児の時に誰しもやったことがあるんじゃないでしょうか?昔からある定番の遊びではありますが、簡単に用意ができて、子供たちが盛り上がるゲームだと思います。カラフルな紙テープが2ロールあれば、一クラス分としては十分だと思います。


ゲームの遊び方

ゲームを行う場合は、まず走り回っていい範囲を白い線などで囲っておきます。その中でやるように決めて、ズボンのゴムなどに紙テープの端を入れて、しっぽのようにして、友達のしっぽを一定の時間でたくさん取った人の勝ちです。


しっぽを取られた人は枠から出て、ゲームが終わるまで待機します。
子供たちに合わせて、最後まで残っていた人が勝ちにしてもいいですし、2回やって多かった人が勝ちにしても良いでしょう。


しっぽの長さをきちんと決めておくことで、ある程度フェアにゲームを行うことができます。


動画でチェック!

児童の運動能力を高める運動遊び 「1-2.しっぽとり」



2・3歳向け冬の外遊びアイデア3選! その2:ボール運びリレー

友達と協力して行うゲームなので、工夫したり、協調性を自然と養うことができるでしょう。用意するものもシンプルなので、幼稚園や保育園で簡単に楽しめますよ。


必要なものは、2個のボール2本のコーンです。


ゲームの遊び方

スタート地点を決めて、2つのチームに分けて、2人ずつで背中合わせに立たせて、背中でボールをはさんで、両手を繋いで、コースの先に置いたコーンを回って、スタート地点まで戻ってきたら、次の子とバトンタッチをして、先にチームの全員がゴールした方が勝ちです。


背中合わせてボールをはさむのが難しい場合は、お腹でボールをはさむようにしてもいいでしょう。チーム戦にするので、とっても盛り上がると思います。


動画でチェック!

1/28 2人でボール運び



2・3歳向け冬の外遊びアイデア3選! その3:おじゃまむし


広いスペースがあるところで遊ぶと楽しめます。
走り回って、騒ぐので寒い日の屋外でもあっという間に体が暖まりますよ。


ゲームの遊び方

ゲームは簡単です、一本のカラーテープや白線を引いて、おじゃまむしを一人決めます。最初は大人がやってもいいでしょう。


他の子は、その白線を飛び越えようとします。おじゃまむしになった人は、白線の上しか移動ができませんが、白線を超えていく人をタッチすることで仲間を増やすことができます。最後の方は白線の上のおじゃまむしが多くなるので、白線を超えるのがとても難しくなりますよ。


何度か、往復する回数を決めて、どちらのチームが勝つかを競うのも楽しいでしょう。白線は人数に合わせて程よい長さにするのがポイントです。短くても長くてもゲームがつまらなくなるので、注意してくださいね。


【最後に】


屋外で冬に遊ぶなら、走り回るようなゲームが一番でしょう。
他にも、ヒートアップしてしまうようなチーム戦や勝ち負けがはっきりとしたゲームが良いでしょう。


子供たちは楽しいと思えば、延々と遊べるものですから、ぜひ子供たちに合った楽しい遊びを見つけてあげてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です