銀杏拾いの時期は10月・11月がベスト!食べ方・拾い方まとめ!

スポンサーリンク


秋といえば楽しみなのが、行楽、食欲。そのどちらも楽しむことができるお得なイベントが銀杏拾いです。ぶどう狩りなどと違って落ちているものを拾うだけなので、身長の低いお子さんと一緒に楽しむことができます。


そんな銀杏拾いを楽しめる時期、持ち物、そもそも銀杏とはどんなものなのか、ご紹介していきます!


スポンサーリンク

10月・11月がベスト!銀杏拾いに最適な時期は?


銀杏が落ちて銀杏拾いが行えるようになるのは、全国的には9~11月のイチョウの葉が黄色に色付く前です。そのため地域によって最適な時期には多少差がありますが、大体10~11月が最盛期を迎えます


イチョウの葉が黄葉し、見頃の辺りには銀杏は残っていないことが多いです。
12月に入ってからだと、遅すぎることがほとんどです。


関東地方

関東では比較的早く、9月に入った頃から落ち始めて、11月上旬ごろまで楽しむことができます。


関西地方

関西では、関東よりも1~2週間程遅く、9月中旬~11月下旬ごろまで銀杏拾いができます。



そもそも銀杏はどうやってできるの?種なの?身なの?


銀杏って何?

銀杏とは、イチョウの種子です。拾った時は周りに丸い果肉のようなものが付いていますが、そこも含めイチョウの種子となります。私たちがよく見る銀杏周りの皮を取り除いた状態で売られています。


ちなみにイチョウの木はメスとオスがあり、実が付くのはメスの木です。ただし、メスの木だけがあっても実はならず、花粉が飛んでくる距離にオスの木があり、受粉できる環境が必要です。


裁判所横の銀杏の実



気になる銀杏のニオイ


銀杏の実がなる頃になると、イチョウの木の周辺はなんともいえない香りに包まれますよね。「あのニオイさえなければ拾うのに・・・」という人も多いはず。一体あのニオイの原因は何でしょうか?


食べる段階ではニオイは気にならない銀杏。それもそのはず、ニオイを発しているのは、周りの皮の部分に含まれる「酪酸」と「エナント酸」と呼ばれる物質です。


・酪酸

バターの中から発見されたため、この名前が付いています。
人間の皮脂の中にも含まれており、足のニオイに例えられることもあります。


・エナント酸

腐った油のような強烈なニオイのする成分です。


つまり、足のニオイがきつい人が腐った油を踏んだという状態です。
想像するだけでゾッとしますね。


銀杏拾いのポイント!どんな銀杏を拾えばいい?注意点は?

銀杏拾いをやってみたいけれど初めてで、どんな道具を持って行けばいいのか分からない人も多いはず。銀杏拾いを行う際の注意点などをまとめてみました


銀杏拾いに必要なもの


最低限この2つは銀杏拾いには必須です。


・ゴム手袋

銀杏の表皮にはイチオールという成分が含まれており、これが皮膚に触れるとアレルギー反応で、発疹や腫れ、水泡ができることがあります。銀杏の皮の部分には直接触らないようにしましょう


ただし、あまり厚手のものだと拾いづらいので、薄めのゴム手袋を用意しましょう


・チャック付きの袋

自宅近くで銀杏拾いするならば、普通のビニール袋でOKです。しかしバスや電車、車などに乗る場合は、車内が銀杏臭くならないように密閉できる保存袋を用意しましょう


銀杏拾いの注意点

銀杏拾いを行う上で注意するポイントがいくつかあります。


①拾って大丈夫な場所か

まずは一番大事な点です。他人の所有地に生えているイチョウの木から落ちる銀杏は取ると怒られてしまったり、最悪不法侵入や窃盗などの罪になることがあります。


公共の公園や街路樹などから落ちた銀杏を拾いましょう。大学の構内や神社、お寺の境内にあるイチョウの木の場合は、事前に拾って良いか確認しましょう


②拾う場所に生えているのがメスの木か

メスの木にしか銀杏は生りません。見分け方は葉っぱの形です。オスの葉は真ん中が裂けていますが、メスの葉は繋がっています


街路樹など公共の場所のイチョウは、ニオイ対策でオスの木しか植えていないことも多いので、事前にメスの木があるか調べましょう下の画像はメスの木です


③大きいイチョウの木か

銀杏の大きさは生っているイチョウの木の大きさに比例するといわれています。小さい銀杏だと皮の処理の時に大変なので、なるべく大きい銀杏を拾うことをオススメします。


銀杏を拾った後、どうしている?下処理・おすすめレシピ!


楽しい銀杏拾いの後は、美味しく食べるための下処理調理方法なども確認しておきましょう!


基本的な下処理

①大きめのボウルやバケツなどに水と銀杏を入れて、2~3日ほどふやかす。
 ※皮が付いた状態の銀杏はニオイが強烈なので、容器の上をラップで密閉したり、ごみ袋で包んで縛っておくようにしましょう。


銀杏をザルにあげ、ザルの表面に擦りつけるようにして周りの皮を綺麗に落とす。
 ※落とした皮は生ごみとして収集してもらえます。ごみに出す時はしっかり口を閉じてニオイが出ないように気をつけましょう。


③風通しの良い場所に銀杏を広げ、2~3日ほど天日干しする。


銀杏の下処理方法



保存方法

天日干しした殻付きの銀杏は紙袋や新聞紙に入れて、冷蔵庫で保存すれば1か月ほどは美味しく食べられます。


長期で保存したい場合は、殻から取り出して塩ゆでしたものを冷凍庫で保存できます。冷凍の場合は数カ月持ちますので、大量に拾って来たら、すぐに食べる分以外は冷凍しておくとよいでしょう。


おすすめレシピ


・レンジで一分銀杏の殻むき

レンジでチンするだけでお手軽おつまみができます。

材料:銀杏、塩、封筒

作り方:封筒に殻付きの銀杏を15粒ほど入れます。レンジで1分チン。殻と薄皮を剥いて、塩を振って出来上がり。


レンジで一分銀杏の殻むき by さややさや
✩つくれぽ150人話題入りありがとう✩レンジで一分超簡単ですよ(^^)/気楽に楽しい調理法です^^♪


・秋☆ぎんなんとサツマイモのサラダ♪

秋の味覚、サツマイモと銀杏を洋風サラダで。いつも炒り銀杏や茶わん蒸しという人におすすめ。

材料:サツマイモ、銀杏、ハム、マヨネーズ、マスタード、塩こしょう

作り方:銀杏は茹でて、サツマイモはシリコンスチーマーで柔らかくなるまで加熱する。細かく切ったハム、銀杏、サツマイモをボウルに入れて、調味料と和える。




【まとめ】

銀杏拾いの時期、関東は9~11月上旬、関西は9月中旬~11月下旬

銀杏とは、イチョウの種子でメスの木にしか生らない

銀杏拾いにはゴム手袋とチャック付きの袋が必須

下処理の際は、ニオイに注意!


無料で拾えるとっても美味しい銀杏ですが、あまり食べ過ぎると銀杏中毒になることがあります。大人40個、子供7個以上は危険とされています。銀杏拾いで嬉しくて食べ過ぎないように注意しましょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です