義実家絶縁状態!葬式や赤ちゃんが産まれた場合はどうする?

スポンサーリンク

結婚相手のことは好きでも、その親まで好きになれるとは限りません。結婚したからには、その家の娘になるつもりにならないとダメなんて言われたとしても、合わないものは合わないのですから、仕方ないでしょう。


義実家と絶縁状態になってしまうことがあったとしても、それはそれで避けがたい理由があるのです。


ただ、ずっと絶縁状態のままというわけにいかないので困ることがありますよね。例えば、赤ちゃんが生まれたとか、葬式や結婚式など冠婚葬祭まで無視できなくてどうしようか困っているというケースです。


義実家との絶縁状態が続く中での困りごとを解説しましょう。


スポンサーリンク

【義実家と絶縁をしたい、絶縁した。。その理由とは?】

絶縁という言葉は、とても強い印象がありますが、もっと簡単に考えれば、ただ夫の実家と付き合いがほとんどない状態のことです。


そもそも、なぜ義実家と絶縁状態になってしまったのか、その理由として多いのは価値観の相違が大半です。具体的な例をあげてみます。


「結婚式の時のマナーが悪かった」
スタートラインからいきなり問題が起こるのが結婚式です。準備段階でトラブルになって結婚が白紙になることもありますが、人生の一大イベントになる結婚式で相手の親に常識外れなマナー違反があるとその後の付き合いは難しくなります。


「孫を作れと催促ばかりする」
孫の誕生を心待ちにしてくれるのはありがたいとしても、子供を作る計画にまで口出しされるのはイヤなものです。会うたびに催促されるようなことがあると、顔を合わせたくなくなります・


「義実家でこき使われる」
嫁をまるで家政婦のように使おうとする人は、今の時代でもまだ存在しています。帰省のたびに一日中こき使われたりしたら、義実家に帰省したくなくなるのも当然でしょう。


他にも、義父母の酒癖が悪いとか、お金にルーズとか、家が汚いなど理由は色々ありますね。




【絶縁状態だった義実家で不幸があった、、出席すべき?】

いくら義実家との付き合いを避けていても、冠婚葬祭は別に考えないと、自分が非常識な人間のような気がしてしまう・・。


それはそうですよね。とくにお葬式に関してはとても後ろめたく感じてしまう方もいるでしょう。この場合ですが、亡くなった方に少しでもお世話になったという思い出があるなら、出席した方が良いでしょう。


夫の親が亡くなった場合であれば、出席しないわけにはいきません。もしも自分だけ出席しないとしたら、夫はかなりツラい立場になるので、その時だけガマンできるなら出席した方が良いでしょう。


どうしても出席したくないのなら、それなりの断り方をしないといけませんよね。ただ、どんな理由を考えたとしても、親の葬式に出席しなかったというのは、その後に引きずる問題になると覚悟しないといけません。


誰が聞いても納得する理由としては、入院して外出が許可されないほどの病気やケガとか、海外など遠く離れた場所にいて間に合わないなど。


もしも葬式の時だけ断れたとしても、その後に続く法事まですべて出席しない理由にはならないので、つじつまが合わないような断り方をしない方が良いでしょう。


【待望の赤ちゃん!絶縁状態だった義実家に挨拶すべき?】

子供が生まれたら、できるだけ多くの人に祝ってもらいたいと願うのが親心ですが、絶縁状態の義実家の義父母には会いたくないし、子供も抱かせたくないと考えた場合はどう対処したらいいでしょうね。


この問題は、自分だけの気持ちで決めない方が賢明だと思います。子供は自分の所有物ではありませんから、夫の気持ちも大切です。


子供にとっても、おじいちゃんやおばあちゃんとの交流がなくなることが、マイナスになってしまうかも知れません。義実家の親があまりにも非常識で、交流すると自分たち家族にとってプラスになることが一つもなく、トラブルのモトが増えるだけだという認識を夫婦で共有できるのであれば、挨拶に行く必要はないと思います。


もしも夫は親に孫を抱かせてあげたいと願っているのなら、夫と子供だけで義実家に行ってもらうという付き合い方でも良いのではないでしょうか。


【そもそも絶縁をするとは?法的な手続きは必要?】

義実家と絶縁することに、自分だけじゃなく夫も賛成しているのなら、もう面倒な冠婚葬祭の付き合いも一切なくなるように、法的に縁を切ることはできないのか。


そう考えた方がいても不思議ではありませんが、親子の縁を切るという法的な手続きはありません。育てられない理由があり、子供を特別養子縁組制度で手放して、育ての親と親子関係になる方法はありますが、親との付き合いがイヤだからという理由で法的に縁を切ることはできません。


親の財産や借金を相続しないために、相続権の放棄をする方法はあります。


【まとめ】


義実家と絶縁状態になっていても、葬式など顔を出さないわけにはいかないことはあります。どう接すれば良いのか困ると思いますが、葬式は急なことなので、葬式だけなら行かなくても済む言い訳が思い浮かぶ可能性もあります。


ただ、それ以降も冠婚葬祭はあるので、自分の立場が悪くなって後悔しないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です