お守りの疑問を解決!中身は?複数つける、洗濯したらご利益は?紛失したらどうなる?

スポンサーリンク


私たちにとって神社やお寺のお守りはとっても身近なものですよね。初詣の際に、お守りを購入する人も多いことでしょう。そんな時にふと疑問に思うことがありませんか?


いろんな効果のあるお守りが並んでいますが、複数持ってもいいのかとか、どのくらいの期間効力があるのかとか、失くしたらどうしたらいいのかとか、誰もが一度は思う疑問を集めてみましたよ


スポンサーリンク

お守りの疑問 その1:中身は何がはいっている?中身を見てはいけないの?

誰にでもお守りを買ったり、貰ったりしたことがあることでしょう。そのお守りの中身を見たことがある人は意外と少ないんじゃないでしょうか?なぜかと言うと、古くからお守りを開けてはいけないと言われているからですよね。なんとなく、聞いたことがあるという人も多いと思います。


実際には、お守りの中身は神社やお寺によってまちまちです。木の板が入っている場合もあるし、呪符のようなものが入っている場合もあります。さらに、神社の石や砂のようなものが入っている特殊なお守りもありますね。大体、形をきれいに保つために、綿や厚紙がいっしょに入っています。


さて、お守りを開けてはいない理由ですが、それには諸説あります。


まず「バチがあたる」と言われているからです。お守りは神社のご神体と同じ扱いをするべきとされています。ご神体は開帳の時以外は、一般に公開されないものです。


また、中身を見ると、信じていないとか興味本位であり、信仰心がないとされて、お守りの効力が切れてしまうと言われています。


他にも、中身は決してたくさんではありませんし、紙きれ一枚の場合がほとんどです。「なんだ、これだけ?」と思って買わなきゃよかった、損したと思えば、それも信じる心を削ぐ行為となってしまい、お守りの効力を切らしてしまいます


また、神様のパワーをお守りに込めて、封をした状態なのに、開けてしまうことでパワーが出て行ってしまうとも言われています。例え、古いお守りであっても、効力を保ちたいなら、開けないようにしましょう。


お守りの中身!of伊勢神宮 amulet the interior terrible




お守りの疑問 その2:お守りを複数つけるとご利益はどうなる?


世の中にはいろんな祈願が込められたお守りがたくさん売っていますよね。交通安全や金運アップ、健康祈願、心願成就などがありますが、一つの神社でたくさん買わなくても、いろんな神社を巡る度にお守りを買うこともあるでしょう。そういったお守りを並べると、多数を同時に持ち歩くことが良いことかどうか悩んでしまうことでしょう。


結論から申しますと、複数であれば問題ありません。神様が喧嘩するなんていうことを言う人もいますが、喧嘩自体は人間がする低俗なものです。神様は喧嘩をすることがありません


ただ、同じ効力のあるお守りを複数持っていると、それぞれが発する波長が合わなくて、本来のお守りの効力が100%出なくなってしまうこともあります。


なので、やはりこのお守り!と決めたお守りを一つ、大切するのが一番良いと思います。


欲を出して、たくさんの願いをかなえようとするのは良くないことですから、すでに大切にしているお守りがあって、誰かにたくさんもらった場合は、大切なお守りを首から下げて、他は神棚に置いたり、神棚がない場合は、高い場所に白い布を広げて、そこに置いておくといいでしょう。もしくは、他の物はお気に入りから少し離して、財布や鞄に入れておくといいでしょう。


お守りの疑問 その3:洗濯をしてもいいの?汚れたらご利益はへる?


よくあるのが、頂いたお守りをポケットに入れたまま洗濯してしまうケースですよね。そんな時はお詫びしながら、神社やお寺に返納しましょう。そして、新しいお守りを購入すれば大丈夫です。


お守りは自分の身代わりなってくれるものです。自然と汚れた場合なども交換の合図だと思えばよいです。新しいものと交換して、パワーを充電し直せばいいんです。


汚れたからと言って、洗うようなことはしない方がいいでしょう。汚れたり、欠けたり、壊れたりしてきた場合は、効力が薄れている合図ととって、古いものは返納して新しいものを購入しましょう


ちなみに、返納する場合は購入した場所に持って行くのが一番いいのですが、遠い場合は近くのお寺や神社でも大丈夫です。


ただ、気を付けるのは購入した場所がお寺ならばお寺へ、神社ならば神社に持って行きましょう。そこを間違えてはいけません。ちなみに、最近は返納を郵送で受け付けている場所も多いので調べてみるといいですよ。


お守りの疑問 その4:紛失したらどうなる?同じお守りを購入すべき?


お守りを紛失してしまうことはよくあることです。なにせ、身に着けておくものですから、鞄や財布などにつけていると、自然と紐が劣化していきます。


そうやって自然と落として失くしてしまった場合は、良いこととしてとらえましょう。ミサンガと同じですね。願いが叶ったり、危険からお守りが自分を守ってくれたことを意味するんだそうです。


ちなみに、紐が劣化しており、もうすぐ切れてしまいそうだと思った際も、そのままにしている方がいいんだそうです。それこそ、何かが起こる前触れなんだそうです。


ちなみに、縁結びのお守りの場合は、効力は良い縁に出会えた場合までとされており、一般的なお守りの効力が1年であるのに対して割と長くなることあります。なので、劣化などで紛失してしまうことも多いでしょう。


縁結びは何も男女間の縁だけではありません。なので、良縁があっても願いが叶っていないと思う時もあるでしょう。最近は縁結びのお守りも通販で販売していることが多いので、どうしてももう一度欲しい場合は、通販を利用するのもありでしょう。公式に神社やお寺が販売していることが多いので、なんら効力に問題はないと思いますよ。


【最後に】


お守りに関するいろんな疑問に答えましたが、いかがでしか?常識的に聞いたことがあった事柄でも、詳しい理由までは知らないことが意外と多いですよね。


最近はパワースポットとしてお寺や神社が人気になりつつあるので、あなたもぜひいろんな場所に行って、お守りを購入してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です