10月といえば?ランキングで行事・イベントお祭り・食べ物を紹介するよ!

スポンサーリンク
10月のお祭り
スポンサーリンク

皆さんは10月といえば何を連想しますか?

旬の食べ物ですか、イベントですか?

10月は暑い夏が過ぎて、これから冬を迎える間のとても過ごしやすい時期です。旅行や行楽など、活動しやすい時期ですね?

そこで今回は10月の行事、食べ物、記念日など、10月ならではのことを調べている人に情報をご紹介します。

スポンサーリンク

10月といえばランキング!10月の行事といえば?

10月の行事といえば、個人的には紅葉狩りや運動会です。

10月ならではの行事の由来や、今の様子をまとめてみました。

第3位 運動会

<由来>
運動会の起源はヨーロッパで、プログラムがあるのは日本だけのようです。

1874年に海軍兵学校で初めて「競闘遊戯会」が開催されました。

その後、札幌農学校から北海道内の小中学校へと広がっていき、1896年に初代の文部大臣により、全国の小中学校で運動会を実施することが義務付けられたそうです。

<今の運動会>

「運動会」の紅白の由来は、830年前の平安末期の「壇ノ浦の戦い」で、敵と味方を区別するために、白旗、赤旗を揚げたことにあります。

最近の「運動会」は、熱中症や台風を避けるために春に行う学校が増えています

しかし、まだ秋に「運動会」を行う学校も多くあります。

第2位 紅葉狩り

<由来>

昔は春のお花見を「さくら狩り」と言ったそうです。

昔は紅葉を鑑賞するためには、狩猟のように山に出かけて行く必要があり、平安時代に狩猟をしない貴族が、山で紅葉を手に取り鑑賞すること「狩り」と言うようになりました。

山で獣をつかまえる意味で使われていた「狩り」が、果物を採るという意味にも使われ、やがて花を眺めるという意味にも使われるように変化していったようですね?

<今の紅葉狩り>

前線は桜前線とは逆向きに、時間とともに日本列島全体に広がっていきます。

紅葉は北から南へ、標高が高いところから低いところへ広がっていきます。

紅葉の名所「日光」はだいたい10月中旬~10月下旬、「京都」は11月中旬~11月下旬が紅葉シーズンです。

第1位 ハロウィン

<由来>

ハロウィンの起源は、アイルランド古代ケルト人が行っていた儀式が始まりだそうです。

昔、アイルランドでは、11月1日が新年で、1年の最後の日、10月31日の夜は死者の祭りを行いました。

これは日本のお盆と同じで、死者の魂が家にくる日と言われ、同時に魔物もこの世にやってくると考えられていました。

そこで人々は人間だと気付かれて魂を奪われないように仮装したそうです。

<今のハロウィン>

日本でハロウィンが広まったきっかけは、1997年の東京ディズニーランドで開催された「ディズニー・ハッピーハロウィーン」でした。

今ではクリスマスと同じくらい浸透した秋のイベントですが、日本のハロウィンは、ハロウィンの由来とは関係なく、コスプレ好きな若者たたちが街に繰り出すイベントのようです。

英語圏のハロウィンでは、子どもたちが魔女やお化けに仮装して、近くの家を訪ねてお菓子をもらう風習があります。

10月といえばランキング!10月のお祭り・イベントといえば?

10月に行われる全国各地の祭りの中から、代表的なお祭りを独断で3つ選びご紹介します。

第3位 鞍馬の火祭(毎年10月22日)★京都府京都市左京区鞍馬

<由来>

平安時代の中期の情勢不安が続き、当時の朱雀天皇が、平安京でまつられていた由岐明神を鞍馬に移したことがきっかけです。

その時に村人がかかり火を持って迎え、このかがり火に鴨川に生えていた葦が使われ、由岐神社に1kmもの行列が出来たことを、鞍馬の市民たちはとても感激したそうです。

<歴史>

このお祭りはその時の感動と由岐明神の偉大さを、後世に伝えるために再現したお祭りです。

「鞍馬の火祭」はちょっと変わったお祭りとして、「京都三大奇祭」の1つと言われています。

<イベント内容>

お祭りは、午後6時になると合図とともに、かがり火が灯されます。

そして、掛け声とともに、大中小の250本もの燃え盛った松明を持った人たちが町を練り歩きます。

第2位 川越まつり(2019年10月29日・30日)★埼玉県川越市

<由来>

1648年に、当時の川越藩主、松平伊豆守信綱が氷川神社にみこしなどを寄進したことが始まりとされています。

<歴史>

新河岸川の舟運により商業が栄えたことから、祭りも年々より華やかなものになり、文化・文政時代の頃には現代のような祭りの原型ができたとされています。

<イベント内容>

このイベントの見どころは昼間の山車勢揃いと、夜の「曳っかわせ(ひっかわせ)」です。

1日目 山車勢揃い・巡行、宵山、曳っかわせ(ひっかわせ)
2日目 山車勢揃い・巡行、曳っかわせ

第1位 長崎くんち(毎年10月7日~9日)★長崎県長崎市

<由来>

1634年当時の長崎奉行榊原飛騨守により、キリシタン弾圧のために始められた神事です。

高尾と音羽という2人の遊女が、諏訪神社の神前に謡曲「小舞」を奉納したことが長崎くんち」の起源と言われています。

このお祭りの名物である龍踊り(じゃおどり)は、数千年前の中国で、雨乞いの儀式として行われていたものだそうです。

<歴史>

長崎くんちは、長崎県長崎市の諏訪神社の祭礼で、国の重要無形民俗文化財に指定されているお祭りです。

380年もの伝統ある行事で、他とは違い、異文化の影響を受けたエキゾチックな祭礼で、独特の掛け声があります。

<イベント内容>

このお祭りの名物は、龍踊(じゃおどり)、太鼓山(コッコデショ)、阿蘭陀万才(おらんだまんざい)、御朱印船(ごしゅいんせん)などの奉納踊りです。

また、傘鉾や山車(だんじり)太鼓山など、京都の祇園祭をほうふつとさせるものもあります。

「長崎くんち」「くんち」とは、九州の北部地方の方言で、9日(くにち)のことを指すそうです。

また、敬意を表した呼び名は「長崎おくんち」です。

主な3日間のイベントスケジュールは下記のとおりです。

10月7日 奉納踊り、諏訪神社→公会堂前広場→お旅所 神輿お下り、諏訪神社→お旅所
10月8日 奉納踊り、八坂神社→公会堂前広場
10月9日 奉納踊り、お旅所→諏訪神社 神輿お上り、お旅所→諏訪神社

10月といえばランキング!10月の花は?

10月の花といえば、何を連想しますか?

10月の花をご紹介します。

第3位 ダリア

・宝塚ダリア園(兵庫県宝塚市)

ダリアの開花シーズンには、約2万本のダリアが咲き誇る景色がみどころです。

花摘みができます。

秋期開園期間:10月1日(火)~11月4日(月・祝)まで

開園時間: 朝9時~16時まで(入園は15:30まで)

入園料:大人200円 子ども100円 花摘み1本50円から

動画_宝塚ダリア園 ‘2016 閉園間近!

第2位 サルビア

・花のオアシス(埼玉県 鴻巣市)

埼玉県鴻巣市で生産されているサルビアの出荷量は日本一です。

「花のオアシス」では、サルビアまつり開催中、園内に約1万5千株もの赤いサルビアが咲き誇ります。

サルビアまつり:日時未定(9月下旬~11月上旬の1日)

動画_鴻巣のサルビアの花

第1位 ガーベラ

・ガーベラ団地(千葉県長生郡白子町)

「ガーベラ団地」は、大型のガラス温室が4棟並んでいて、年間50種類以上、年間400万本のガーベラを栽培しています。

直売もあり花摘みもできます。

開園時間:9:00~15:00(定休日:日曜日)

動画_ガーベラ団地にて

10月といえばランキング!10月の旬のたべものは?

10月の旬のたべものは、以下の通り、レシピとあわせてご紹介します。

第3位 柿

<美味しい食べ方>

柿はそのまま置くと、どんどん熟して柔らかくなります。キッチンペーパーを使って、食べごろの柿を腐らせずに10日くらい保存する方法をご紹介します。

参考「柿を食べ頃のまま常温で保存する裏技」

柿を食べ頃のまま常温で保存する裏技♪ by おぐにゃんこ
置いておくとすぐに熟れすぎ、食べ頃を逃してしまう柿。この方法なら常温で10日は食べ頃状態を保てます!

<産地>

日本は世界第三位の、柿の生産国です。

国内での柿の生産量第一位は和歌山県(21.1%)です。

第二位は奈良県(14.6%)で、第三位は福岡県(8.0%)です。

<レシピ>柿と大根のサラダ

・柿と大根のサラダ
彩りが綺麗なので、マヨネーズとレモン果汁をきかせてお正月のおせちのなますとしても使えそうです。

参考「柿と大根のサラダ」

5分で完成!柿と大根の秋サラダ by ほすぴたるcook
腎臓病食にも(管理栄養士が栄養価計算しております)Instagramは@m1.hospitalで検索

第2位 さつまいも

<美味しい食べ方>

やきいもはアルミホイルで包んで、20~30分トースターで焼くと簡単にできます。

<産地>

さつまいもの生産量第一位は鹿児島県(34.9%)です。

第二位が 茨城県(21.7%)で、第三位は千葉県(12.5%)です!

<レシピ>さつまいももち

醤油がきいて、カリッと焼くとかりんとうのような食感になります。

・参考「ほっくほくのさつまいももち」

ほっくほくのさつまいももち by かえるんなーーこ
人気検索トップ10入りしました!! ☆2014年1月28日話題入りしました☆ さつまいもにこんな食べ方があったのか!?

第1位 しめじ

<美味しい食べ方>

冷凍保存すると、細胞が壊れてうま味が増します。

食べる時はうまみが逃げてしまうので洗いません。汚れが気になる場合は、キッチンペーパーなどで軽く拭きます。

<産地>

しめじの生産量第一位は長野県(42.8%)です。

第二位が 新潟県(17.8%)で、第三位は福岡県(11.7%)です!

10月に旬を迎えるのは、「本しめじ」で、スーパーに年中流通しているのは、人工栽培されたしめじです

<レシピ>しめじのピクルス

まとめて作り置きしておくと、他の野菜と組み合わせて毎日食べられます。日持ちするのがうれしいです。

参考「しめじのピクルス」

しめじのピクルス by 薔薇リーマン
日持ちするので、いろんな具材で作り置きしながら、毎日ちょこっとずついただきま〜す。

まとめ

「10月といえば?ランキング」はいかがでしたか?

秋のこの時期は、過ごしやすく活動するには、最適な気候ですね。

食べ物もおいしくて、個人的には1番好きな季節です。

今回ご紹介したのは、

「10月の行事」は、第3位 運動会、第2位 紅葉狩り、第1位 ハロウィン

「10月のお祭り」は、第3位 鞍馬の火祭、第2位 川越まつり、第1位 長崎くんち

「10月の花」は、第3位 ダリア、第2位 サルビア、第1位 ガーベラ

「10月の旬のたべもの」は、第3位 柿、第2位 さつまいも、第1位 しめじ

などをご紹介しました。

参考にして10月のイベント、味覚を楽しんで下さい。

よく読まれている記事
10月のお祭り
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました