蚊取り線香はコバエにも効果があるのか調べてみた!結論は・・・?

スポンサーリンク
ライフ
スポンサーリンク

夏の虫対策はどうしても必要になりますが、その中でもコバエはいつの間にか家にも入り込み、無視できなくなるときも多いですよね。

大きなハエなどなら殺虫剤やハエたたきといった手段も考えますが、小さなコバエではそれもなかなか難しいところです。

そんなときに思いついたのが「蚊取り線香」ですが……蚊取り線香は名前の通り蚊を取るためのものであって、「コバエには効くのかな……」という悩みが出てきました。

コバエに蚊取り線香は有効なのか、使う場合の注意点などもチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

コバエに蚊取り線香は効果はあるの?

最初に答えを言うと「効果あり」で、蚊取り線香はコバエも含め、虫全般に有効です。

蚊取り線香に使われている有効成分の元は「ピレトリン」というもので、昆虫に対する殺虫効果が高く、逆に人やペットに対する毒性は低い成分です。

似た構造の化合物をピレスロイドと言い、ピレトリンを元に様々な特徴を持つピレスロイドが作られています。

蚊取り線香はこのピレスロイドが使われ、香りつきなど様々なタイプがありますが、特に広範囲やアウトドアでも使いたいという場合に強いタイプを探す場合は「太巻タイプ」がおすすめです。

断面が通常の2倍ですので広範囲に広がりやすく、外でも安心して過ごせます。

蚊取り線香は煙に有効成分が含まれていますので、有効成分が部屋に広まればすぐに効果を発揮します。

また直接蚊取り線香を使って殺虫する効果ではありませんが、「蚊取り線香の残った灰を生ゴミ用のゴミ袋の底に振っておくことで臭いを防ぎ、コバエの発生を抑えることもできる」なんて話もあります。

コバエ対策としては「コバエホイホイ」などの薬剤が有名ですが、蚊取り線香とどちらが有効かというと家の状況やコバエの数などで大分評価も違うので、難しいところです。

コバエが多いときは蚊取り線香で気長に待つよりコバエ用の薬剤などを使ったほうが早いときももちろんありますので、臨機応変に使い分けていけると良いですね。

小虫大発生!密閉して蚊取り線香を着けたら・・・w

そもそもコバエってどんな生き物?

コバエは正式名称を「ショウジョウバエ」と言い、似たようなタイプとしてキノコバエやクチキバエなどが存在します。

体長はおよそ2mmで世界中に生息し、雌の成虫は羽化後3~4日で腐った物質や生ゴミなどに卵を植え付けます。

コバエは卵から成虫になるまでが大体10日ですので、ちょっとでも生ゴミを放置しておくとすぐに発生し、家の中でも広まってしまう性質を持っているのです。

ショウジョウバエの発生

コバエはなぜ発生するの?原因と対策は?

コバエは卵はもちろんですが幼虫の頃も飛ばないので、成虫になるまで産卵して育ってきていることに気づきません。

だからそこまでは育っていることに気づかず、「いきなりコバエが大量発生した!!」となってしまうんですね。

最初にお話した通り、更に成虫は3~4日でまた産卵してしまうので、うっかりしているとすぐに家の中がコバエだらけになってしまいます。

コバエは先程お話した通り置きっぱなしにしている生ゴミ、またきちんと処理をしておいたとしてもゴミ箱にこびりついた生ゴミのカスなどにも卵を植え付けてしまいます。

もちろん台所の三角コーナーや排水口ネットなどにも卵を植え付けますので、ネットを使いまわしていると生ゴミを捨てていてもコバエの発生の可能性があります。

こうしてみると、「コバエが発生しているということはどこかに不衛生な場所がある」と言い換えることも出来ますね。

コバエは汚れた水や腐った場所に集まりますので、家の中にコバエが発生している場合はまず不衛生な場所を徹底的にきれいにしたほうが良いかもしれません。

最初は扉の開閉でほんのちょっとだけ入ってきたコバエが、こういった場所を放置しておくことでわずか数週間で大量発生の危険があります。

まずはコバエの発生環境を作らないことが大切ですが、万が一発生してしまったときの対策も気になりますね。

と言ってもコバエの発生環境と対策は基本的には同じで、生ゴミのこまめな処理、掃除をきちんと行うこと、三角コーナーや排水口と言った水回りは常に清潔にしておくことが大切です。

排水口用のコバエ退治用殺虫剤などもありますので、対策として使っておくと良いですね。

飛んでいるコバエに対しては殺虫剤(もちろん蚊取り線香もです!)を使う、コバエ用の薬剤を置く、また有名なものとしてめんつゆストラップ(めんつゆと水を1:1で入れ、中性洗剤をあわせたもの)を作っておくのも効果的ですよ!

コバエ以外にも蚊取り線香が効く害虫は?

蚊取り線香はコバエには有効ですが、他にはどんな害虫を駆除できるのか気になりますよね。

基本的にほとんどの昆虫に効果がありますので、虫であれば効果があります。

とはいえ身体の大きな……例えばゴキブリなどはコバエと同じようには効かず、忌避効果がある程度と思っていたほうが良いかもしれません。

とはいえ効果がある煙であることは間違いないので、ずっと同じ部屋にいたら確実に効果はあると思います。

危険なのはカブトムシやクワガタなどを飼育している家庭で、もちろん昆虫ですので蚊取り線香を使ってしまうとカブトムシ達も危険です。

昆虫を飼育している家庭で使うことは避け、違う虫除け方法を考えましょう!

まとめ

何気なく使っている蚊取り線香ですが、効果があるのは蚊だけではなく、コバエにも有効だということが分かりました。

むしろ虫全般に効果がありますので、カブトムシなどを買っているご家庭、また夏場などは子どもがカブトムシなどを持ち帰ることもあると思いますので、十分に気をつけてあげてくださいね。

コバエには有効ですので、万が一家の中で発生してしまった場合は積極的に使っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました