お盆に釣りをしてはいけない理由は?海にも入ってはいけないの?

スポンサーリンク

お盆休みは貴重な長期休暇のひとつで、「趣味を満喫したい!」という方も多いですよね。
しかし釣りが趣味なのに「お盆に釣りをするなんてとんでもない、してはいけない」なんて言われるとがあります。


実際のところお盆に釣りをしている人を全く見かけないなんてことはありませんが、こんなことを言われたら気になってしまうのも当然のことです。

お盆時期に釣りをしてはいけないと言われる理由、また海に入ってもいけないなどとも言われますが、こういったお盆にまつわる噂についてをまとめましたので、ぜひこのまま読み進めてくださいね!


スポンサーリンク

【お盆に釣りをしてはいけないと言われる所以は?】

「お盆に釣りをしてはいけない」というのは釣りが好きな方にとってもメジャーな噂で、最初から「お盆には釣りをしない」と言っている方も多いです。


これはなぜかというと、お盆の時期は「殺生が禁止されているから」なんですね。
仏教の五戒のひとつ「不殺生戒」……生き物を故意に殺してはならないという期間であり、お盆の時期に精進料理を食べたりするのも同じ理由です。

精進料理とは肉・魚を使わずに作る料理で、「生き物を殺してはならない」ところから作られた料理のことです。


「お盆はご先祖様が帰って来る季節」というのはあまりに有名ですが、その時期に生き物を殺してはならない、精進料理でお迎えするという風習があるのです。
ですから釣りはもちろん「狩りなど含む殺生が禁止」が正しいんですが、特に「水辺で殺生をする」という行為が良くないと言われてますね。


お盆にまつわる話は他にもあって、

「お盆に殺生をするとご先祖様が嘆いて、あの世に戻るときに子孫を連れて行く」
「お盆は地獄の番人の鬼も休む日であり、そんな日に水辺で殺生をすると地獄の釜で焼かれてしまう(鬼の休みの日は地獄の者たちは地獄の釜で焼かれるから)」

なども言われています。




【お盆に海水浴もNGという噂がちらほら、、、本当?】

また釣りと同じように、「海に入るのもいけない」と言われたことがある方もたくさんいらっしゃると思います。


お盆に海水浴をしてはいけない理由もいくつかありますが、まず最初に「海や川にいる霊は供養されていない」、遺体が見つからないために供養できていない霊が多くいるから、というものがあります。

そういった霊は寂しがっているので、「生きている人間を見つけたら捕まえて一緒にあの世に連れて行ってしまう」「お盆に海に行ったら霊に足を引っ張られる」という言葉につながっているのです。


またこういった風習的な意味でダメというだけではなく、お盆の時期の海は危険がいくつもあり、その危険に近寄らせないためにこういった風習が生まれたのかもしれません。


危険な理由としては以下のものになり、どれも海に近寄らない十分すぎる理由になっています。


◎クラゲが増える

正確に言うとクラゲはお盆時期から増えるわけではありませんが、クラゲが成長し毒を持つのがこの時期に当たるのです。
「お盆時期やそれ以降に海に入るとクラゲに刺される」という話は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。


◎大潮や土用波

お盆時期は大潮になる時期であり、またこの時期に発生する大きな波のことを「土用波」と言います。
遠方の台風が影響しているとも言われますが突然の大波や高波に襲われることがあり、子どもだけではなく海に慣れている大人でも危険なんです。

スポンサーリンク

そもそも古くから伝わっている風習はこういった危険から遠ざけるためのものも多く、やっぱりお盆の時期に海水浴は危険なのですね。


【そもそもお盆とはどんな日?】

お盆とは正式には「盂蘭盆会」と言い、現在は8月の13~16日としていることが一般的です。
元々旧暦の頃は7月の13日からがお盆だったのですが、新暦になった際に「月遅れの盆」になったそうで、この理由としては「農繁期だから」などがあったようです。


日本での歴史も長く、8世紀頃にはすでに「夏に先祖供養を行う」という風習は確立していたと言われています。


お盆と言えばご先祖様が帰って来るのをお迎えし、そしてまたお盆の終わりに送り出すという風習が一般的です。
地域によって様々な違いはあるものの基本的にはこのような形であり、京都で16日に行われる大文字の送り火などは全国的にも有名ですね。


「ご先祖様が帰ってきて家族と共に過ごし、あの世に帰っていくまでの期間」がお盆であり、この時期にある盆踊り、ナスやきゅうりで作る精霊馬などにもこの期間ならではの理由があって伝わってきているのです。


盆踊りはお盆の供養で成仏できた魂たちの喜んで踊る姿を表現したもの、もしくはご先祖様を供養すると共に一緒に現世にやってきた鬼や無縁仏を追い払う舞であるものなどと言われています。
精霊馬も「あの世から早く向かってこれるように」、そして「あの世に帰るのが少しでも遅くなるように」という願いが込められています。


盆棚・精霊棚の飾り方とお盆飾りのご紹介


【その他お盆にまつわる噂いろいろ】

他にもお盆に関する噂はいくつかあり、それらをご紹介していきます。
せっかくご先祖様が帰って来る季節、「風習なんて気にしない」と言わず守っていきたいものですね!


◎心霊スポットにいかない

「お盆の季節に心霊スポットなどで肝試し」というとメジャーな遊びでもありますが、やはり霊が帰って来る季節に不用意な場所へ行くのは良くないこととされています。


◎怪談話をしない

これも同じくメジャーな遊びですが、やはり霊が増えている季節に霊をネタにして遊ぶ行為は危険だとされています。


◎針仕事をしない

そもそも最近は針仕事をする機会も減りましたが、「うっかり血が出る危険のある針仕事をしないほうが良い」という噂もあります。
血は「汚れたもの」とされていたので、針だけではなく棘のある花がふさわしくない、真っ赤な花はふさわしくないなど似たようなものがたくさんあります。


海や川に近寄っては行けない、遊んではいけないというだけではなく、お盆にはこういったたくさんの噂があり、どれもご先祖様と楽しく過ごすためのものなんですね。


【まとめ】

今回お話したことはほとんどが風習であり、実際にやったから必ず悪いことが起きるというものではありません。
しかしお盆時期のクラゲや高波など、現実の危険と合わせて考えられたものと思われる風習もあります。
釣りや殺生に関しては「個人の趣味よりご先祖様が帰ってきたのだから家族でゆっくりするべき」みたいな理由も言われているそうで(笑)、それも納得もできますね!


せっかくご先祖様が帰って来る時期なのですから「それに合わせてゆっくり過ごそう」と言われれば、納得もしますし気持ちよくお迎えできるのではないかと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です