真夏に赤ちゃんへ靴下ははかせるべき?おすすめ赤ちゃん靴下3選!

スポンサーリンク


靴を履かない赤ちゃんでも、秋や冬、まだ肌寒い春には靴下をはかせるものですよね。家の中では履かせないにしても、外出時には靴下を着用させるのは常識ですが、30度も超えた猛暑ともなれば、赤ちゃんに靴下をはかせるべきか悩んでしまいますよね?そんな赤ちゃんの真夏の靴下に関する疑問にお答えします!


スポンサーリンク

連日30度超えの猛暑!赤ちゃんに靴下ははかせるべき?

そもそも、靴を履かない赤ちゃんに靴下をはかせる理由って何だと思いますか?答えは、保温です。体温調節機能が未熟な赤ちゃんに、外出時に靴下をはかせることで体温を適温に保つことができます。


そんな赤ちゃんの平熱は36~37度5分の間です。大人よりも少し高いくらいですが、手のひらや足の裏から放熱して体温調節をしています。足を触って冷たくなっていると不安になりますが、お腹や背中が暖かければ問題はありません


そのため、30度も超える猛暑ともなると、外にいる時は赤ちゃんだって暑いものです。猛暑の中で靴下を履かせたままにすると、足に熱がこもりすぎてしまい、体温が上がってうつ熱や呼吸が止まってしまうSIDS、脱水症状などに陥りやすくなるので、靴下は不要です。


夏日の適温は26~28度、冬場は22~23度と言われているので、猛暑日のお出かけには、冷房がガンガンの部屋に入った時のための靴下を持ち歩くくらいが良いでしょう。



真夏のお昼寝・就寝時に靴下は?

真冬でもお昼寝をする際、もしくは就寝する際におふとんをしっかりとかけるので、十分に保温されていると言えるでしょう。さらに、眠っている際には、体温が急激下がることはないので、基本的に靴下は不要です。


猛暑で冷房を付けた部屋で寝かせる場合は、必要なのではと思いがちですが、自宅であるなら赤ちゃん向けの温度設定を行えば、靴下は不要です。


猛暑の真夏、エアコンはどうする?

赤ちゃんに適したエアコンの温度設定は、外気との差がマイナス5度程度です。ただし、先ほども言ったとおりに夏場の赤ちゃんの適温は26~28度なので、それよりも室内の温度が暑い時に使用するようにしましょう。


さらに、赤ちゃんは床に近い場所に寝かせることが多いでしょう。エアコンの冷気は低い位置に溜まりがちですので、調節したい温度よりもエアコンの設定温度を2度ほど高くしておくと良いでしょう。また、冷気が直接赤ちゃんにあたらないように気を付けてくださいね。


赤ちゃんは体温調節が苦手なので、暑い外から帰って来た際には、汗をかいている赤ちゃんの服を着替えたり、体をふいたりしてから冷房をつけるようにしましょう。そうしないと、急激に体温が下がってしまい、風邪をひきやすくなります。


お店などに行く場合は、着替えを用意しておくのも手だと思います。寒くないように、靴下や一枚上着を用意しておくのも良いでしょう。


ベビカム「夏のおでかけ 赤ちゃんの熱中症対策」



真夏の赤ちゃん靴下おすすめ3選!

真夏に冷房が効いていて寒い場所で履かせるなら、靴下よりもレッグウォーマーがおすすめです。靴下だと足の裏が覆われてしまい、放熱しにくいですが、レッグウォーマーなら放熱もできるので安心です。


プラチナムベイビーレッグウォーマー

淡い色のロングレッグウォーマーです。小さめでカワイイ2つのリボンがアクセントになっており、赤ちゃんにぴったりですよ。価格940円で、くしゅくしゅとしたデザインです。



プラチナムベイビー ベビーソックス3足SET

とってもかわいい柄が施された靴下です。靴下しか履いていないのに、靴も履いているように見えるかわいいデザインになっています。値段も1,188円ですが、3足セットなのでとってもお得ですよ。



ブラサムアンクルソックス

春夏向けの滑り止め付きの薄めの靴下です。白とピンクのカラーバリエーションで、編み込みの柄もかわいい靴下です。歩けるようになった赤ちゃんにもぴったりなので、長く使えると思います。値段も580円とかなりお得ですよ!



ラルフローレン ベビーソックス

一年中、使用できる綿が多めの柔らかい素材のシンプルなボーイズ向けの靴下です。水色、モカ、アイボリーの3色です。ワンポイントアクセントのポニーの刺繍が大人っぽいデザインですよ。シンプルなので、服装にも合わせやすいです。裏にはちゃんと滑り止めもありますよ。価格も756円とかなり安いので、ギフトにもおすすめです。



vol.30「夏の育児に役立つ便利グッズ」



【最後に】

赤ちゃんは大人とは違って、体温調節機能が未発達です。1歳になるまでは特に注意が必要です。とはいっても、赤ちゃんの体温は大人よりも高めなので、手足が冷たくても、背中が温かいと大丈夫なので心配しないでくださいね。


真夏は抱っこをする際には、背中の熱がこもりすぎないように、赤ちゃん用の保冷剤を背中に入れてあげるのもおすすめですよ。ベビーカーの場合は、地面からの照り返しが赤ちゃんにあたって暑いそうですから、真夏には使用を控えると良いかもしれません。真夏の赤ちゃんの体温調節は大変ですが、熱中症にならないようにきちんと気を付けてあげてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です