6月といえば?ランキングで行事・イベント/お祭り・食べ物を紹介するよ!

スポンサーリンク


あなたは6月といえば、何を思い出しますか?6月は1年のちょうど半分が終わったところで、祝日もなければ、大々的なイベントも少ない月ですよね?5月のGWも終わってしまい、次は楽しい夏休みを待つ頃だと思います。

あるネット上のランキングでは、6月といえば連想するものとして、第1位「梅雨」 第2位「ボーナス」第3「あじさい」第4位「ジューンブライド」第5位「父の日」だったようです。そこで今回は6月の「行事」「食べ物」「記念日」など、6月ならではの事柄を調べている方へ、ランキング形式で情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

【6月といえばランキング!6月の行事といえば?】

6月は旧暦で「水無月(みなづき)」と言われますが、梅雨の季節なのに、何で「水の無い月」なのでしょうか?実は6月は田んぼに水をはる月であり、「無」は「の」の意味があり、「水の月」の意味からそう呼ばれるようになったそうです。

また、6月といえば以前は「ジューンブライド」という言葉をよく耳にしたものですが、最近はあまり聞くこともなくなりましたよね?6月に結婚する人は、幸せになれるというものですが、梅雨だからか、最近は実際に6月に結婚式をあげる人はそれほど多くはないようです。6月にはどのような行事があるのか、ランキング形式でご紹介します。

◆第3位 衣替えの日

<由来>

衣替えは、平安時代に、着替えを手助けする人を「更衣(こうい)」と呼び、衣替えも同じく「更衣」と呼ばれていましたが、わかりづらく「衣替え」と呼ぶようになったそうです。江戸時代には既に年4回の「衣替え」が行われていて、明治時代には政府が「衣替え」の時期を決めたそうです。

<今の衣替え>

学生や会社の夏服と冬服を変更することから始まり、日本では多くの地域で、毎年6月1日と10月1日に一斉に衣替えが行われます。夏服と冬服のどちらでも良い移行期間もあり、終了すると強制的に制服を替える事が多いようですね。


衣替えはタイミングが難しくないですか?5月はまだ暑い日もあり、6月は梅雨の影響で、上着が必要な肌寒い日もあります。いくら決まり事でも、自分の体調と相談して、うまく「衣替え」したいですね?

◆第2位 父の日

<由来>

6月第3日曜日は1年に1度、お父さんに感謝の気持ちを伝える「父の日」です。「父の日」は実はアメリカから伝わりました。アメリカ人のソノラ・スマート・ドッドが、「母の日」を知り、男手1つで育ててくれた父のために、1909年に「父の日」を制定するように提唱したのが始まりです。

日本に一般的な行事として伝わったのは、1980年代になってからです。デパートなどが、販売戦略の一つとして、「父の日」をイベント化したことがきっかけといわれています。バレンタインデーとかと同じですかね?

<今の父の日>

母の日といえば、カーネーションをプレゼントしますが、父の日の花は何か知っていますか?父の日の花はズバリ!「バラの花」です!父の日の提唱者のソナラが父の日に父親の墓前に白いバラを供えたことが始まりです。果たして、お父さんたちは、バラをもらって喜んでくれるのかな? と思ってしまいますよね?

最近の父の日のプレゼントで喜ばれるのは、名入れの「お酒」「タンブラー」などのようです。


◆第1位 梅雨入り

<由来>

梅雨は6~7月頃の雨期のことですが、その言葉の由来は「梅が熟す頃に降る雨」から、梅雨になったという説と、中国では「黴(カビ)のはえやすい時期の雨」だから、「黴雨」となり文字を差し替えて、「梅雨」になったという説もあります。

<定義>

梅雨入りは何をもって「梅雨入り」宣言になるのでしょうか。「梅雨入り」は、「ある特定の日」のことを指すのではなく、約5日程度の天気が移り変わっていく数日間の真ん中の日を指すようです。

(参考)梅雨入りと梅雨明け(気象庁)

<今の梅雨入り>

気象庁では過去のデータから、おおよその時期を出し発表しているようです。最近は温暖化や異常気象の影響から、梅雨入りしても雨が少なかったり、梅雨入り前から雨が異常に降ることがあるようです。日本の梅雨らしい梅雨は、もう来ないのかと少し心配になりますよね?

スポンサーリンク

【6月といえばランキング!6月のお祭り・イベントといえば?】

日本には伝統的なお祭りがたくさんあります。もちろん6月に行われるお祭りもあります。その中で、特に人気の3つのお祭りをご紹介します。

◆第3位 YOSAKOIソーラン祭り(6月初旬の水曜日から日曜日)★北海道札幌市

<由来>
北海道の大学生だった長谷川岳さん(現・参議院議員)が大学2年の時、母親がガンを患い、兄が医師として勤めている高知県の病院へ入院しました。長谷川さんが看病のために高知を訪れた時、本場のよさこい祭りを見て感動したそうです。

1991年12月、学生仲間の5名で「YOSAKOIソーラン祭り実行委員会」を立ち上げ、高知県の「よさこい祭り」と北海道の民謡「ソーラン節」を融合させた「YOSAKOIソーラン祭り」として誕生しました。

<歴史>
「第1回YOSAKOIソーラン祭り」は1992年6月、道内16大学の実行委員会150名、参加10チーム、参加者1,000人、観客動員数20万人で始まりました。歴史はまだ浅いお祭りですが、北海道らしい自由で独創的な踊りで盛り上がるこのお祭りは、初夏の風物詩として定着しました。

<イベント内容>
「YOSAKOIソーラン祭り」は、札幌市内の各地で、約300チームが連日踊りを披露します。観光客の飛び入り参加もあり、色とりどりの衣装を身にまとい、鳴子を手にした踊り子たちが、ソーラン節のメロディに合わせて踊ります。

お祭りの基本ルールは次のたった2つだけです!
① 手に鳴子を持って踊ること
② 曲にソーラン節のフレーズをどこかに入れること


鳴子は田畑に吊るして、音で鳥を追い払うための道具です。高知よさこい祭りでも踊りに使われ、全国のYOSAKOI関連の祭りでも欠かせない道具です。それ以外、踊りや曲、衣装などはチームの自由なようです。

◆第2位 金沢百万石まつり(毎年6月第1土曜日とその前後の日)★石川県金沢市

<由来>

「金沢百万石まつり」は、前田利家公が1583年6月14日、金沢城に入城したことにちなみ、毎年開催されています。このお祭りは前田利家とその妻がまつられている、尾山神社の金沢祭がルーツになっています。

<歴史>
現在の「金沢百万石まつり」は、戦後1952年から始まったもので、当時は「商工まつり
と呼ばれていました。その後、お祭りのメインとなる前田利家公の入城行列を再現した「百万石行列」などが、400年以上受け継がれ金沢を代表する行事になりました。

<イベント内容>
お祭りは3日間行われ、1日目は「太鼓行列、灯篭流し」、2日目に「仮装行列、盆踊り、能」、3日目に「百万石茶会」が開催されます。このお祭りの見所は2,500人の人が参加する「百万石行列」です。また、薪能、茶会などのイベントも3日間に渡って開催されます。

◆第1位 横浜開港祭(毎年6月2日の開港記念日とその前後)★神奈川県横浜市

<由来>

横浜は、日米修好通商条約により、1859年に開港されました。その日が6月2日だったので、1周年を記念して翌年の6月2日にお祝いしたのが、「横浜開港祭」の始まりです。

<歴史>
お祭りの第1回目は「横浜国際デー プレ横浜どんたく」というお祭りでした。 第3回目で「横浜どんたく」に変わり、第12回目より「横浜どんたく開港祭」となり、この時から花火大会が開始され、第14回目から現在の「横浜開港祭」になりました。


<イベント内容>
このお祭りの開催日は開港記念日の6月2日で、特に休日ではないのですが、夜はメインイベントの花火を見に来る人たちで、毎年賑わいます。その他音楽イベントや親子スタンプラリーなど、地元のお祝いとして大人も子供も楽しめるお祭りです。


【6月といえばランキング!6月の花は?】

春から初夏は時期的にお花が綺麗な時期ですね?6月に見ごろを迎えるお花のベスト3と、それぞれのスポットをご紹介します。

◆第3位 つつじ

<お花見スポット>
・笠間つつじ公園(茨城県笠間市)
4月中旬から5月上旬にかけて、25品種8,000株のつつじが咲き、山頂からの夜景も綺麗です。

動画「笠間つつじ公園2016年4月29日 」

◆第2位 あやめ

<お花見スポット>
・横須賀しょうぶ園(神奈川県横須賀市 )
5月下旬から6月下旬まで、7,000平方メートルのしょうぶ田に咲くハナショウブが見頃です。6/1から6/30までは花しょうぶまつりが行われます。

動画「横須賀しょうぶ園 2016」

◆第1位 あじさい

<お花見スポット>
下田公園(静岡県下田市)
毎年6月1日~6月30日まで行われるあじさい祭りでは、約15万株、300万輪のアジサイの花が見られます。

動画「下田公園の紫陽花」

【6月といえばランキング!6月の旬のたべものは?】

皆さんは、6月の旬の食べ物って知っていますか?旬の食べ物を食べて、梅雨のジメジメを乗り切りましょう!

◆第3位 あんず

<美味しい食べ方>
生のまま食べるか、ケーキのトッピングやジャムにしても美味しいです。

<産地>
別名アプリコットともいうあんずは、青森県がダントツに収穫量が多いです。


<レシピ>『あんず酢』
あらかじめ消毒した保存瓶に、あんず(20個)と食酢(1.8L)を入れ、ふたをして冷暗所に約1ヶ月保管するだけ。お水やサイダーで割って飲んでも良いし、マリネなどの料理にも使えます。ミキサーにかけたものを冷凍しておき、ヨーグルトなどに混ぜても美味しいです。

◆第2位 グリーンアスパラガス

<美味しい食べ方>
アスパラガスはシンプルに調理した方が、本来のおいしさが味わえます。

<産地>
収穫量は長野県が全体の23%を占めて第1位です!また、長崎県島原市で取れる「王様アスパラ」は超極太で甘みが強くて美味しいです。

<レシピ>『アスパラのシンプルでおいしい食べ方』
フライパンを強火で熱し、根元をカットしたアスパラを入れ、塩をふる。水またはオリーブオイルを入れて、2分くらい蒸したら出来上がりです!新鮮なアスパラは、蒸すだけで甘く美味しく食べられます。



◆第1位 いわし

<美味しい食べ方>
いわしの旬は6~10月頃で、この時期は油がのっていて美味しいです。いわしはDHAとEPAが豊富で、コレステロールや中性脂肪が気になる方にも良い食材です。お刺身、つみれ汁、梅煮などがオススメです。

<産地>
まいわし 茨城県
うるめいわし 鳥取県、長崎県

<レシピ>『いわしの梅煮』
いわしの梅煮にすると、小骨まで食べられます。
1. いわしはうろこを落とし、頭とはらわたを取る。
2.生姜を千切りにして、鍋に水 と酒を各100ml、砂糖 大さじ3、醤油 大さじ1.5(梅を入れるので少な目)を煮立てる。
3.2にいわしを入れる。
4.アクを取りながら煮ます。途中で生姜、梅干を入れてアルミホイルなどで落としぶたをし、煮汁が1/3程度になったら出来上がり。

【最後に】

「6月のランキングまとめ」はいかがでしたか?6月は祝日がない月ですが、実は記念日がありました!6月の第一日曜日は「プロポーズ」の日って知っていますか?由来は「ジューンブライド」からきているようですが、この日に神戸ポートタワーではイルミネーションが、砂時計からシャンパンタワーに変化する演出があるそうです!素敵ですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です