富山「津沢夜高あんどん祭り2022」!見どころ総まとめ!砺波夜高祭りとの魅力の違いは?

6月のお祭り

富山県の6月といえば「津沢夜高あんどん祭り」!どんなお祭り?

津沢夜高あんどん祭りは、富山県小矢部市津沢で行われる行燈を使った喧嘩祭りです。

毎年、6月の第1金曜日と土曜日にて開催されています。

開催日:2022年6月3日(金)~6月4日(土)

開催時間
練りまわし(両日)19:00~
ぶつかり合い(両日)21:00~

会場名:津沢市街地、市商工会津沢支所前

で行われる予定です。

参照サイト:

津沢夜高あんどん祭
2022年度は祭りの保存伝承の為、あんどんのねりまわし等は行われますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため積極的な集客は行わず、あくまで地元住民のみの参加を想定しています。例年のシャトルバスや駐車場等はございませんのでご了承ください。 武者絵の大行燈が激しくぶつかり合うことから、「喧嘩夜高祭」とも呼ばれます。...

巨大な大行燈が魅力!

津沢夜高あんどん祭りは、田祭りの一つであり、田植えが終わった後に、五穀豊穣を祈って開催されています。

高さ7m、長さ10mの巨大な大行燈が魅力であり、この大きな大行燈を2日間に渡ってぶつけ合う喧嘩が一番の見どころとなっています。

大行燈は各町から出されており、全部で7基あります。

どれも武者絵が描かれており、赤い基調とした鮮やかなデザインで、それぞれ個性的な大行燈が並びます。

4K 津沢夜高あんどん祭り2019 1日目突き合わせ Tsuzawa Yotaka Andon Festival

ゆるキャラのグッズ販売や前夜祭も楽しみ  ※過去情報です

2日間とも夜に行われるこのお祭りでは、出店はあまり並びませんが、特産品の販売や市のゆるキャラであるメルギューくんとメルモモちゃんのグッズも販売されています。

また、広場では津沢名物のあんうどんも堪能できますよ!

6月1日(木)には前夜祭も行われ、保育園児のミニあんどん曳き回しや武者絵コンクールの表彰式、夜高踊り、夜高太鼓と笛のちびっこ競演会などのイベントが行われ、かわいい子供たちの姿をたくさん見ることができます。

津沢夜高あんどん祭り2016 Tuzawa Yotaka Andon Festival

津沢夜高あんどん祭りといえば「練り回し」!

練り回しとは、夜高あんどん曳き回しのことです。

津沢中心街を各町がそれぞれ行燈を曳き回しているので、市街地をふらふらしているだけでも、複数の行燈に出会えることでしょう。

練り回しは2日間とも19:00~24:00の時間で行われます。

この時間中に、ぶつかり合い勢揃い(初日だけ)も行われます。

きれいな行燈がずらりと並ぶ姿を見たいという方は、初日の19:30からあんどん広場前で待機していると良いでしょう。

19:30からは夜高小あんどん勢揃いが行われ、22:30からは夜高大あんどん勢揃いが見られます。

【散策物語】 津沢夜高あんどん祭り 2016 「富山県小矢部市」 ”Tsuzawa Paper Lantern’s Festival at Toyama, Japan”

コメント

  1. FND より:

    津沢夜高あんどんは、中止になりました。

タイトルとURLをコピーしました