精神安定剤は市販されている?漢方薬の精神安定剤は?処方箋は必要?

スポンサーリンク

NKJ56_okusurij

精神安定剤」、この言葉を聞いたことはあるでしょう。ストレス社会と言われる現代では、なにかしらの精神安定剤を服用している人が多く、うつ病になって休業する人もいますね。ネット上でも多くの情報が出回っており、かなりメジャーなトピックスだと思います。

精神安定剤の中には、軽いものであれば市販されているものまであります。ただ、やはり薬なのできちんとご自分で理解した上で服用された方が良いでしょう。


スポンサーリンク

精神安定剤ってどんな薬?どんな時にどこで処方される?

abstract-1851178_1280

まずは、「精神安定剤」がどんな薬なのか見ていきましょう。そもそも、「精神安定剤」と聞くと、うつ病やパニック障害の人が服用するものだと思う人もいるんじゃないでしょうか?なんだか、強い薬で怖いイメージを持つ人もいることでしょう。でも、精神安定剤は結構、身近なものなんですよ。なぜなら、精神安定剤は筋肉などの緊張を緩和させて、不安や緊張、イライラを軽減してくれるものなので、胃カメラの際に出される薬でもあります。


一般的に精神安定剤が処方されるのは、医師が神経症と判断した場合です。神経症とは、心理的要因(ストレス)によって不安が生じ、心身の機能障害が起こってしまう状態のことです。ノイローゼと言われることもありますし、パニック障害やヒステリー、恐怖症、強迫神経症などの総称として使用されることもあります。


神経症とうつ病は全く違う病気

うつ病と似たものと勘違いされることもありますが、全く違う病気であり、治療法も違うので、医師でも診断には慎重になるそうです。神経症の場合は、カウンセリングが主で、投薬はサブとなりますが、うつ病は投薬治療が主となります。ちなみに、うつ病と診断された場合は、抗うつ薬が処方されます。しかし、うつ病患者の中には、不安のために体がこわばり、身体的不調を訴えるケースも多いため、精神安定剤も処方されることが多いのです。


精神安定剤の処方を受けるには?

精神安定剤は、脳に作用する薬物であるために、医師の処方が必要となります。場所ですが精神科心療内科だけじゃなく、産婦人科や内科などでも相談すれば処方してくれます



精神安定剤の種類、具体的な名前は?

green_senzulala20141024220752

精神安定剤の種類には、大きく分けて2種類あります。マイナートランキライザーメジャートランキライザーです。カタカナでなんだか難しいと思うかもしれませんが、一般的に精神安定剤と言えばマイナートランキライザーを指していることが多く、別名「抗不安薬」とも呼ばれています。


マイナートランキライザーとメジャートランキライザーの違い

マイナートランキライザーは、軽度の不安状態からの緩和や気分を穏やかに落ち着かせてくれる効果があります。そのため、神経症やうつ病、心身症の人に処方されます。しかし、副作用として眠気が出てくることも多いので、使用には注意が必要です。


一方、メジャートランキライザーは、総合失調症やアルコール依存症の人に処方されることが多いもので、別名「抗精神病薬」と呼ばれています。マイナートランキライザーでは賄えない極度の不安状態を解消することができ、興奮などの神経を遮断することができるため、メジャーの方が強い薬となります。


一般的なマイナートランキライザーの種類いろいろ

ここでは、いくつか一般的なマイナートランキライザーである抗不安薬についてご紹介します。まず、最も日本でポピュラーなのが「デパス」です。副作用が少なく安全性が高く、穏やかな作用と筋肉の緊張をとる作用があるため、精神科や心療内科だけじゃなく、幅広い医療現場で使用されている薬です。ただ、ふらついたり、眠気が生じるなどの副作用がある場合があるので服用には注意してください。


また、デパスと同じ製造元の薬で、「リーゼ」があります。デパスよりも弱い薬であり、強い副作用はないとされています。緊張や不安を和らげて、気持ちを落ち着かせてくれますよ。「コレミナール」もデパスやリーゼのように作用時間が短く作用も弱い薬として知られています。


一方で、作用が強く作用時間も長い薬として、「レキソタン」や「セパゾン」、「レスタス」があります。効果は期待できますが、薬からの離脱が難しくなるケースもあるので、これらの薬の使用には注意してください。

スポンサーリンク

中程度の薬として、「セルシン」、「メイラックス」、「ホリゾン」などがあります。


精神安定剤は市販されている?処方箋は必要?

OZ85_shijiwosrudansei20140321160044

市販の物であれば、小林製薬のイララック、エーザイのメンテック、伊丹製薬のウットがあります。


小林製薬のイララックについて

イララックは、植物由来の成分で構成されているので、薬局やドラッグストアで気軽に購入できます。あがり症の方向けのお薬としても知られており、緊張感を鎮めたり、イライラや興奮状態を鎮静化してくれる効果があります。副作用はないですが、他の薬との併用で吐き気をもよおすこともあるので、使用には注意が必要です。


伊丹製薬のウットについて

伊丹製薬のウットは、第2類医薬品のため、薬剤師がいる薬局でしか購入できません。頭痛、神経興奮、神経衰弱、イライラ感を鎮静してくれる効果があり、催眠効果もあるので軽い不眠症状の改善にも役立ちます。ただ、依存性があるので、使用頻度が多くなった場合は使用を中止してください。


エーザイのメンテックについて

エーザイのメンテックも第2類医薬品のため、薬剤師がいる薬局でしか購入できません。5種類の薬用植物が成分となっており、神経の疲れをやわらげ、ストレスによって生じる症状を緩和してくれる効果があるとされています。こちらも他の薬との併用や長期間の連続使用は危険ですので注意してください。


医師への相談も大切

もしも、あなたが人前などで極度の不安や緊張を感じ、めまいや動悸、胸の痛み、頭痛、不眠など症状にさいなまれたら、試しに軽い市販の精神安定剤を試してみるのも良いでしょう。

継続的に服用するようになったり、市販の物が高すぎたり、市販のものが体に合わない場合は、一度、医師に相談することをおすすめします。


漢方で精神安定剤はあるの?

herb-st-johns-wort-1541346_1280

市販薬としてドラッグストアで購入できる漢方薬として、「アロパノール」があります。チョウトウコウ、サイコ、カンゾウ、トウキ、センキュウ、ブクリョウ、ビャクジュツなどの漢方が入っています。

神経の昂ぶりやイライラしたり、怒りやすい気分を緩和したり、不眠症、子供の夜泣き、更年期障害、血の道症などへの効果があるようです。副作用はないと言われますが、肝臓への負担が多少あるので、飲みすぎで食欲がなくなったり、体が重くなったら医師の診察を受けるようにしてくださいね。


セントジョーンズワートのサプリメントやハーブティー

漢方薬ではないですが、ハーブであるセントジョーンズワートというものもあります。セントジョーンズワートはサプリメントとしてドラッグストアでも気軽に購入できるものです。海外ではかなり昔から精神安定剤として処方されているものなんだそうで、セロトニンの不足を解消して、うつ病を回避することができると言われています。


マイルドな作用で、副作用もないので安心ですよ。心を落ち着かせてくれるので、リラックスして仕事に打ち込みたい時にもおすすめです。サプリメントが怖いと思う方は、ハーブティーもあるので、探してみてください。作用がさらにマイルドになるので初めての方におすすめですよ。


【メンタリストDaigo】抗うつ剤1回に匹敵するといわれる精神安定の方法とは?



【最後に】

pills-140186_1280

精神安定剤は市販のものも出回っており、気軽に買えます。医師に処方してもらう場合も安価で継続的に服用するケースが多いですが、日常的に服用してしまうと、精神的依存に陥る場合もあるので使用には十分注意してください。

また、神経症の場合は、カウンセリングが主の治療法です。薬に頼らず、きちんと医師と話し合って現在の問題を解決することに努めましょう。ストレスが原因の場合が多いので、思い切って環境を変えてみたり、周囲に相談してみるのも良いのはないでしょうか?周りに理解者が増えれば、同じ環境でもぐっと生活しやすくなると思いますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です