エアコンの暖房の適温は?赤ちゃん・子供がいる場合は?健康に害がない設定温度は?

ライフ

寒くなると、エアコンの暖房は欠かせませんが、設定温度にちょっと悩む人もいることでしょう。

設定温度が適温なのか、気になりますよね?

特に子供や赤ちゃんがいる家庭なら、健康に害がない温度を知りたいと思うことでしょう。

今回は、エアコンの暖房の設定温度について語りたいと思います。

エアコンの暖房、適切な温度設定は?推奨の設定温度は?

そもそも、エアコンの暖房について、適切な温度設定があるのでしょうか?

日本の環境省が発表している適温は、冬は20℃となっています。

冬場の20℃という温度は、かなり低いものです。

どうやって決めた温度なのか気になりますよね?

この20℃という目安は、省エネや二酸化炭素の排出量などを考慮して決まった数値なんです。

知ってましたか、夏の冷房よりも冬の暖房の方が、電気代も二酸化炭素の排出量も多いんですよ。

なので、暖房の温度は1℃でも低く設定したいものなんだそうです。

1℃の違いで、消費電力を10%も削減できるんだそうです。

つまりは、暖房の温度を低めに設定すれば、節電つまり、電気代節約にもなるわけです。

でも、20℃じゃ低すぎると思う人も多いでしょう、そう言う場合は、消費電力が低い電気毛布やこたつと併用し、さらに厚着したり、加湿器を使うようにしましょう。

こうすることで、体感温度を上げることができますよ。

特に、電気毛布は1時間で30Wの電力しか使いません。

電気代なら1円です。

エコを考えて、電気カーペットやこたつを愛用するといいでしょう。

赤ちゃんや子供・ペットがいる部屋のエアコン暖房設定温度の推奨は?

20℃という設定は、大人でもちょっと寒い温度ですよね。

ましてや、体温調節ができない赤ちゃんにはどのくらいが適温なのか悩みますよね。

赤ちゃんがいる場合

ズバリ言って、冬場の適温は、22~23℃です。

湿度は40~60%が理想です。

ただし、これはあくまでも室内温度で見た場合です。

暖かい空気は天井にたまるものです。

赤ちゃんは低い位置で寝かせることが多いですよね。

なので、赤ちゃんの傍に温度計や湿度計を設置して、快適な温度かどうか見ておく必要があります。

ただし、赤ちゃんは大人よりも汗っかきです。

なので、赤ちゃんが汗ばんでいないかチェックを忘れずにしましょう。

また、こまめな換気を忘れないようにしましょう。

ヒーターなどを使用していると空気が汚れがちなので、気を付けましょう。

エアコンの暖房だと乾燥しがちなので、加湿器の併用を忘れずにしましょう

幼い子供がいる場合

幼い子供の場合室温は18~20℃、湿度は50~60%が適切と言われています。

子供は体温が高めなので、さほど神経質に温度を気にしなくても大丈夫です。

ペットがいる場合

ちなみに、ペットは犬や猫ならば人間と同じで大丈夫です。

犬は寒さに強い子も多いので、さほど心配しなくて大丈夫です。

猫は自分で温かい場所を見つける名人なので、それこそ心配いらないでしょう。

ハムスターなどの小動物には専用のヒーターを寝床に設置してあげた方がいいでしょう。

凍えるハムに愛の暖房器具を買ってあげたら、、、

エアコンの暖房による健康被害の可能性は?乾燥してしまう?

上記でも記述している通り、エアコンの暖房を使用していると、空気が乾燥しがちです。

乾燥した空気中では、菌も繁殖しやすくなります

冬場に気を付けたいのは、インフルエンザですよね。

インフルエンザの予防を考えるのであれば、エアコンの暖房を使う場合は、温度を20℃以上に設定し、加湿器を稼働させて、湿度は50%以上を保つようにしましょう。

そうすることで、インフルエンザウイルスがほとんど活動できない環境を作り上げることができますよ。

また、エアコンに限らず、暖房を付けていると、室外と室内の温度差が生じますよね。

その温度差があまりにも高いと、ヒートショックという現象が起きます。

体に大きな負担がかかり、血圧が急激に上昇し、脈拍が早くなって、高齢者などなら、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こしかねません。

エアコンの暖房は寝る時にはきるべき?1日つけっぱなしにしたら電気料金は?

エアコンの暖房は寝る時には切っておいた方がいいでしょう

省エネや電気代節約にもなりますし、布団の中にいる間は誰でも暖かく感じるものですよね?なので、必要ないと思います。

電気代についてですが、エアコンは高いイメージがありますよね。

1日つけっぱなしにすると、いくらになるのか気になりますね?

ただ、これは地域の電力会社の設定料金や使用するエアコンの消費電力にも大きく左右されますが、消費電力が470Wであり、電力料金が20円/kWhだったとした場合で、朝起きて寝るまでの時間である約16時間を使用時間として想定した場合ですと、大体、1日の電気代は150円程度だと思います。

しかし、これは起動時の消費電力が入っていないので、実際はもう少し高くなると思います。

この150円で、1か月の30日間使用したケースを計算すると、4,512円となります

ちなみに、使用しているエアコンが2016年のものよりも古いと、この倍以上の料金がかかる可能性があります。

まとめ

エアコンの暖房を使用している家庭も多いことでしょう。

一台で冷房も暖房も対応してくれるエアコンはとっても便利なものですが、室内が乾燥しがちですし、電気代が高くつきますね。

さらに、冬の暖房器具としては、ヒーターに比べて、部屋が暖まる速度も遅いと思います。

なので、冬場はヒーターやこたつなどを使用する方が良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました