プール熱は大人にもうつる!会社への出勤は控えた方が無難です!その理由とは!?

スポンサーリンク
健康・美容・ファッション
スポンサーリンク

6月から増え始めるプール熱!

プールなんて可愛い名前ですが、子供~大人にも発症し、毎年7月~8月に本格的に流行します。

夏になるとプール熱に戦々恐々としているご家庭も多いのではないでしょうか。

今回は、夏のプール熱

その症状や完治期間、人にうつるか、会社へ出勤しても良いのか調査していきます!

スポンサーリンク

プール熱は大人にもうつる!プール熱とは?感染経路は?

2

プール熱を子供だけの病気と侮ってはいけません!

大人もプール熱にうつる可能性があるんです!

プール熱とは一体何者なのでしょうか。

プール熱とは

夏に流行するアデノウイルスによる感染症です。

主にプールで遊ぶ子供達の感染が多いことから、このような名前がつきました。

本来は咽頭結膜熱という病名です。

感染経路

飛沫感染(咳、くしゃみなど)

接触感染(手指、タオルの共用)

大人のプール熱の症状

発熱(38℃~40℃の高熱)

咽頭炎(喉の赤み、痛み、咳)

結膜炎(目の充血、目ヤニ、痛み)

プール熱に感染したら会社への出勤は控えた方がいいワケ

3

大人でも抵抗力が落ちたとき、アデノウイルスを体内へ取り込んでしまうと、一気にプール熱に感染してしまいます。

主に子供から大人へうつることが多いのですが、アデノウイルスは非常に感染力が強いウイルスです。

そのため、子供が感染すると「第二種伝染病」であることから、登園禁止になるほどなんです。

子供は症状が消えた後、2日後から登園できるようになります。

大人の出勤停止は?

ところが、大人には出勤停止というものがありません。

医師からプール熱と診断されたのなら、症状が治まるまではなるべく休み、体力回復を心がけましょう。

どうしても休めない状況なら、マスクの着用・手洗いうがい・タオルの共用をしないことを徹底しましょう。

プール熱に大人が感染した場合、潜伏期間から発症、完治まではどれぐらい?

4

さて、このプール熱に大人が感染したら、アデノウイルスはどんな動きをしていくのでしょうか。

潜伏期間、完治までの日数はこのようになっています。

潜伏期間

個人差にもよるが5日程度。

発症から完治

早い人なら数日、大抵1週間以内で症状は治まります。

会社を休む目安

特に取り決めはありませんが、症状が治まってからが無難です。

厄介なことに、アデノウイルスは症状が治まっても体内に存在します

一般的に2週間程度は便からウイルスが排出されるので、家族にうつることのないよう、こまめにトイレ掃除をする、手洗いをするなど気をつけた方が良いでしょう。

プール熱に妊婦が感染した!胎児にうつる?影響は?

5

もし妊娠中のママがいる家庭なら、プール熱にうつることのないよう気をつけたいところです。

抵抗力が落ちている妊婦さんは、こういったウイルスに感染しやすくなっています。

でも、プール熱にかかってしまっても心配しすぎなくて大丈夫ですよ!

実は、プール熱は妊婦さんがかかっても、赤ちゃんへの影響はありません!

色々と気をつけなければいけない時期、胎児へ影響なしと聞くとホッとしますよね。

しかし、薬の飲めない妊婦さんは、高熱や咽頭炎で苦しむことになるので、やっぱりうつらないのが一番です。

念のため、産婦人科を受診しておけば、飲める薬を出してくれる場合もあります。

症状が辛い場合は、妊婦さんでも飲める薬に頼っても良いでしょう。

妊婦さんのプール熱感染予防は、周りの大人が気をつけてあげることも大切ですね。

まとめ

6

プール熱とは

原因のアデノウイルスは、飛沫感染、接触感染でうつります。

プール熱の症状

発熱(38℃~40℃の高熱)

咽頭炎(喉の赤み、痛み、咳)

結膜炎(目の充血、目ヤニ、痛み)

会社への出勤は?

・強制的な出勤停止義務はなし

・感染力が強いため、症状が治まるまでは休むようにしましょう

子供も大人もうつるプール熱、他の夏風邪と同じように気をつけたいですね。

しかし暑い真夏の時期に、毎日予防マスクをするのは大変です

日頃から体力をつけ、毎日のうがい手洗いも欠かさず行って、ウイルスに対する抵抗力をつけていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました