原鉄道模型博物館に子供と行こう!混雑予想は?割引は?初心者向け見どころガイド!

スポンサーリンク
乗り物
スポンサーリンク

東京駅から25分、横浜駅から徒歩5分の場所にある「原鉄模型博物館」は、世界の鉄道を楽しむことが出来る大人気お出かけスポットです!

2012年に開館したこの博物館は、鉄道好きにはたまらない数々の模型やジオラマを楽しむことができます。

今回はそんな原鉄道模型博物館をご紹介していきます!

スポンサーリンク

模型がたくさん!原鉄道模型博物館ってどんなところ?

鉄道模型製作・収集家の原信太郎のコレクションを展示している原鉄道博物館

日本に限らず、アメリカやヨーロッパなど世界中の車両を再現している模型は、日本ではここでしか見ることができません。

展示している数はなんと1000両!

これでもコレクションの一部と言うから驚きですよね。

原鉄道博物館の概要

入館料:大人 ¥1,000、中学・高校生 ¥700、小人(4歳以上)¥500

開館時間:10:00~17:00(最終入館16:30)

定休日:毎週火曜日(祝日の場合は翌営業日に振替)

場所:〒220-0011横浜市西区高島一丁目1番2号 横浜三井ビルディング2階

アクセス情報

原鉄道博物館

公共交通機関:JR横浜駅 徒歩5分。みなとみらい線新高島駅 徒歩2分。

駐車場:専用駐車場無し

原鉄道博物館 公式ホームページ

原鉄道模型博物館
世界一とも言われる原信太郎氏が製作・所蔵した膨大な鉄道模型と鉄道関係コレクション。とりわけ、日本のみならず、ヨーロッパ、アメリカなど世界中の車両を忠実に再現した大型模型は、本物かと見まちがうほどの「走り」を見せます。

2

電車とバスの博物館といえばコレ!見どころ3選とチケット情報!

いちばんテツモクパーク

世界各国の車両の模型を見ることができます!

巨大な車輪と模型のレイアウトは、世界最大級の大きさだそう!

まるで時代を超えて本物を目にしているような気分になれますよ。

原鉄道模型博物館レイアウト3(いちばんてつもパーク:1番ゲージ)

動鉄実習

ジオラマの電車を運転することができる体験型アトラクション

模型の鉄道についている車載カメラで運転している様子を見ることができます。

臨場感がある映像で、本当の車掌さん気分が味わえること間違いありません!

1日3回、各回先着10名なので、参加希望の方は入館時に博物館のスタッフの方へ申し出てくださいね。

ちなみに時間は10時30分、12時30分、15時です。

原鉄道模型博物館「動鉄UGOTETSU」

横浜ジオラマ

かつての横浜駅周辺を再現した巨大ジオラマは必見!

中華街をはじめ、横浜の街並みをリアルに再現しています。

自分が知っている建物を見つけるのも楽しそうですね。

5分ほどで始発から終電までを再現しているので、どれだけ見ていても飽きることがなさそうです。

原鉄道模型博物館 横浜ジオラマ

チケット情報

入館料が割引される割引制度があるので、まとめてみます。

ぜひ有効に使って、お得に楽しんでくださいね。

JR東日本 大人の休日倶楽部・・・入館料 10%割引
ベネフィットステーション・・・入館料 10%割引
JAFカード・・・入館料 10%割引

この他にも、観光案内所に置いてあるパンフレットに割引券がついていることもあるようなので、立ち寄った際はチェックしてみましょう!

赤ちゃん連れでも大丈夫?

駅から近くてアクセスの良い原鉄道模型博物館は、赤ちゃん連れでも安心して楽しむことができます!

ベビーカーの入館可で、おむつ替えの台やキッズスペースも完備しています。

無料のコインロッカーもあるので、荷物が多くても安心です!

同じビル内にカフェや食事ができるお店があるので、天気が悪くても外に出ないで楽しむことができますよ。

3

原鉄道模型博物館の混雑予想!土日は?春夏冬休みは?

平日は空いていますが、土日は混雑必至です!

動鉄実習を体験したい方は朝1番に行かなければ体験できないかもしれません。

混雑を避けるなら、お昼過ぎの14時以降に行くのがおすすめです。

春夏冬休みでも平日は比較的空いていて穴場なので、狙って行ってみてもいいかもしれません!

4

まとめ

・原信太郎の1000両もの鉄道コレクションが展示してある博物館

・見どころは「いちばんテツモクパーク」「動鉄実習」「横浜ジオラマ」

・キッズスペース、無料コインロッカー完備で子供連れでも安心!

・平日は空いているけれど土日は混雑必至!

館内にある多目的スペースでは季節ごとにイベントを行っています。

子供向けのワークショップや展示もあるようなので、事前にホームページをチェックしてみましょう!

アクセスも良く、雨が降っても楽しめるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました