松茸狩りなら岐阜で決まり!一生分食べたい!おすすめの松茸狩りスポット!

公園・テーマパーク・観光スポット

松茸といえば、高額でなかなか手が出ない秋の味覚ですよね。

松茸狩りも各地で行われていますが、松茸のコース料理をメインにした松茸狩りの疑似体験が多く見られます。

岐阜では体験できるスポットが近年、減少気味でなかなか探すのが難しいのですが、体験してみたい方はぜひ本文をチェックしてくださいね。

知ってた?松茸といえば岐阜県!その理由は?

松茸は、高級食材として知られていますが、その栽培は難しく、採取するのに、技術が必要な食材です。

そんな松茸は比較的、養分の少ない乾燥した場所を好みます。

アカマツなどの針葉樹などの混合林の地上に生えることが多いです。

最適温度は22~25度と言われ、日本でも高緯度の冷涼な地域に発生します。

そのため、適した栽培場所として、長野県、京都府、兵庫県、岐阜県などが挙げられます。

特に、長野県は松本市をはじめ、上田市、諏訪市などの広い地域で、栽培が盛んです。

松茸狩り!

松茸ってどんなきのこ?なぜ希少なの?

松茸は高級食材の一つですが、なぜあんなに高いのでしょうか?

その理由の一つに、マツタケは人工栽培ができないことがあります。

松茸はキノコの中でも、生きた木の根に寄生して共生する「菌根菌」に分類されるものです。

この菌根菌はなかなか人口栽培が難しいため、松茸自体も天然ものしかないのです。

さらに、松茸の希少価値を高めているのが、採取の困難さです。

松茸は直径数メートルの環状のコロニーを作って発生します。

この領域のことを「シロ」と呼びます。

この「シロ」の場所を分かっていない人には、マツタケをみつけることは大変困難です。

通常のキノコのように顔が地表に出てカサが開ききってしまった松茸は、香りも味も落ちます。

そのため、地表からわずか1~2センチ程度の松茸を見つける必要があるのです。

落ち葉がひしめく山林でこの状態の松茸を見つけるのは、たとえシロの場所を知っていても大変困難です。

また、荒れた山を手入れするのは、重労働であるために、行っている人がほとんどいないのが現状です。

そのため、希少となり、さらに高値で取引されるのです。

岐阜県の松茸狩りスポットはここ!

五宝平自然園

五宝平自然園は、岐阜県八百津町にあります。

松茸についての、営業案内です(※五宝平自然園には、松茸コースより1か月早い栗のコースもあります)。

営業日時:10月初旬~11月初旬
基本 土日祝日のみの営業(時間は電話でご確認ください。)
定休日 :不定休
予約  :要予約
持ち込み:可(飲料、バーベキュー食材など)

料金  :大人(中学生以上)10,800円、小学生7,500円、幼児1,000円(松茸ごはん食べ放題・松茸のすき焼き)※大人のみ おみやげあり

五宝平自然園 (新可児/バーベキュー)
★★★☆☆3.06 ■予算(昼):¥4,000~¥4,999

八百津町観光協会 公式ホームページ

五宝平自然園( 松茸・栗ひろい)
川の上流には五宝滝が、下流には五宝平が広がる自然園の味覚狩りは、マツタケと栗ご飯の食べ放題が大人気。栗狩りは、袋1杯分(約1kg)を拾い、お土産として持ち帰ることができ、栗ご飯食べ放題が付く。マツタケ狩りは、マツタケご飯の食べ放題が付き、中学生以上にはマツタケ1本のお土産が付く。ただし、入山時間が10:00と決まってい...
五宝平自然園

公共交通機関:名鉄明智駅からバスで30分、終点下車
車:東海環状道可児御嵩ICから国道22号経由10km20分

八百津町 「五宝平自然園」 ~ 秋の味覚を食べよう!栗拾い~

松茸狩りに行くならこんな服装がおすすめ!松茸狩りの注意点は?

松茸狩りは山に入るので、動きやすくて汚れてもいい服装で行きましょう。

動くので半袖で行きたい人もいるでしょうが、長袖と長ズボン、滑りにくい運動靴で行くのがおすすめです。

滑りやすい場所もあるので、ブーツや底がつるつるとしたスニーカーなどは避けましょう

また、作業しやすい軍手や、とった松茸を入れるためのかごを持っていきましょう。

日焼け対策として帽子も必須です。

雨が降った時のためにレインコート、ナイフやばんそうこうなども用意があるといざという時に便利ですよ。

そのほかあったら便利なのは、新聞紙、ゴミ袋、水分補給のための飲み物などです。

まだまだ、成長過程にある小さな松茸は当然ながら、収穫しないようにしましょう。次の人が採取できるように、残しておきましょう。

また、決められた範囲内で楽しむようにしましょう。

勝手に範囲外に入っていくのもご法度です。

まとめ

松茸狩りは高額ですが、すき焼きや松茸ご飯などを楽しめるセットメニューのコースが多いです。

ただ、松茸狩りは体験できても松茸を持ち帰ることはできず、おみやげで1本もらえることもありますが、ほとんどが時価での買取ができる程度です。

なので、松茸がほしいから松茸狩りをするというよりも、真似事でも子供に体験させたい場合に検討する程度が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました