小麦粉が賞味期限切れ!いつまでだったら安全?未開封でもすぐ捨てるべき?

賞味期限・消費期限

小麦粉って、家庭によって使い方や使う量が大きく変わりますよね。

あまり使わない家庭だと、必要なときに買った小麦粉がずっと残っていたりします。

そしていつのまにか賞味期限が切れてしまい、ほとんど消費していない小麦粉の前で
「まだ大丈夫かな?」など考え込むこと……今までにもあったと思うんです!

小麦粉はパラパラの粉だし、見た目にも変化はないし……「どうせ加熱するから食べても大丈夫なんじゃないかな」と思わせてくれますよね。

実際のところ、賞味期限が過ぎた小麦粉は食べても大丈夫なのでしょうか?

今回は小麦粉の賞味期限切れについて、詳しくお話していこうと思います!

知っておきたい「賞味期限」と「消費期限」の違いとは?

01

そもそも「賞味期限」、そして「消費期限」とはどうやって設定されているのかご存知でしょうか。

実はどちらも農林水産省のガイドラインを元に、メーカーが設定しています。

「賞味期限」は「適切に保管している場合に美味しく食べられる期限」であり、消費期限は「適切に保管している場合に安心して食べられる期限」という設定になっています。
「消費期限」がついている加工食品は、お弁当やお惣菜、そして生物と「劣化しやすいもの」が大半なので、これは分かりやすいですね。

一方「賞味期限」は少しやんわりした雰囲気で、設定の通り「美味しく食べられる期限」ですから、賞味期限が切れたからと言って食べられないわけではありません。

しかしほとんどの食品の場合、賞味期限には「未開封時」と付け加えられています。

開封するとその期限内ではなく「出来るだけ早く」や「冷蔵庫に保管」などが加えられ、必ずしもその期限まで美味しく食べられるとも限らなくなっているのです。

小麦粉の場合は特にこの部分が重要です。

次で詳しく説明していきますので、ゆっくり読み進めてくださいね。

一般的に小麦粉の賞味期限・消費期限はどれぐらい?

02

スーパーなどで入手できる一般的な小麦粉の場合、

・強力粉…製造後6ヶ月
・薄力粉、中力粉…製造後1年

基本的にはこのように賞味期限が設定されています。

どちらも「未開封時」のものなので、もちろん開封後はできるだけ早くという前提も変わりません。

そして小麦粉の場合、実際に小麦粉が傷んでいる危険ももちろんあるのですが、何よりも恐いのが実は虫の害……ダニなどが入り込むことなのです。

小麦粉、特にホットケーキミックスなど甘味成分などが含まれている小麦粉は、ダニの格好の餌場になります。

ダニは非常に小さいので、「開封後に口をしっかり閉じていたとしても入り込んでしまう可能性を防ぎきれない」と思っておいたほうが良いのです。

「だったら未開封で残っていたものは問題ないのでは?」と思われるかもしれませんが、ダニは場合によってはビニール袋くらいは食い破ってしまいます。

実際に「賞味期限が切れた未開封の小麦粉を開けたら虫がいた!」なんてことも起こっているので、未開封だからといって油断はできないんですね。

そしてダニに気づかず食べてしまった場合、アレルギー症状を発症する可能性があります。

アレルギーは人によって影響が変わりますが、かゆみやじんましんや腹痛といった一般的な症状、そして場合によっては「アナフィラキシーショック」を起こすこともあるのです。

小麦粉に混じっていたダニの影響でアナフィラキシーショックを起こしたという例は数え切れないほどあります。

アナフィラキシーショックはニュースに取り上げられることもあるので身近にアレルギーを持っていない方もご存知かもしれませんが、呼吸困難や意識の低下などの様々なショック症状、そして命にも関わる、危険な恐ろしい症状です。

「仮にダニがいる場合も、例えばホットケーキなら加熱してあるから大丈夫なんじゃ?」と言う方もいらっしゃいますが、例えダニは死滅させられたとしてもその死骸は残っています。

そこからも十分発症の危険はあり、開封済みの小麦粉は気をつけなければならないんですね。

ですから対策としては、「小麦粉にダニを寄せ付けない」ことが一番です。

とはいえ……

・暗い場所、狭い場所を好む
・25~30℃の温度環境、60~80%の湿度環境を好む
・もちろん餌が多いほうが好き

常温保存の小麦粉は、この条件全てをクリアしているといっても過言ではありません。

ですからパッケージを見ると「常温保存出来る」となっていますが、これはさっぱり忘れて冷蔵庫に保存するようにしましょう。

もちろん他の食材の湿気や匂いなどがうつらないよう、密封できるタッパーなどに移し替えておいてくださいね!

賞味期限切れ小麦粉はいつまで安全?食べても大丈夫?

03

賞味期限が切れた小麦粉は、常温保存していた場合はダニも怖いのですっぱり諦めましょう。

見た目で確認しただけでは、小さなダニまで確実に見つけきれるとは限りません。

冷蔵保存していた場合は、とりあえず虫害の可能性は大きく減っているので小麦粉自体が大丈夫かどうかを確認してみましょう。

小麦粉は湿気を吸い込んだまま放置すると、カビが発生する可能性があります。

また水分のおかげで腐ってくることもありますので、まず見た目や触った感覚、色やにおいなどをしっかり確かめてみましょう。

カビたり腐ったりすると匂いも酸っぱくなりますし、見た目も変わっているので分かりやすいと思います。

またあまりに賞味期限を過ぎた小麦粉は、もう最初から諦めておいたほうが安心ですね。

保存状態が悪い、例えば直射日光が当たる場所に放置していた小麦粉などは、やっぱり変質している可能性が高いので止めておいたほうが良いです。

保存状況が適切であれば小麦粉自体はそう簡単に腐らないので虫などの被害がない場合はそれなりに時間が経っていても食べることは可能ですが、最終的な判断は自分の責任です。

無理をして食べるより、諦めることが大切な場合もありますよ!

賞味期限切れの小麦粉の使い道はある?料理に使える?

04

ここまでお話してきたチェックポイントをクリアしているのでしたら、料理に使っても大丈夫だと思います。

そうでない場合は、やはり食べるのは諦めた方が良いかもしれませんね。

しかし小麦粉の場合は、「食べる」以外にもたくさん活用方法があるのです!

例えばこういったお掃除などにも小麦粉は活躍してくれます。

小麦粉とお酢!?台所のシンクの掃除

他にも換気扇の油汚れに有効という意見もあります。

小麦粉は細かい粉なので、細かく汚れに付着し一緒に拭き取ることが可能なのですね。

また有名な使い道として、「土鍋を買った後は、まず水で小麦粉を溶いて煮立たせる」といったものがあります。

最初にこうすることにより土鍋を割れにくく、長持ちさせることが出来るのです。

他にも、ねんどを作って子どもと一緒に楽しむ使い方もあります。

小麦粉でねんどを作ってみよう – How to Make Playdough with kids《チビクラ!》

ねんどを作るときから子どもと一緒に楽しむことも出来ますし、小さな子どもはねんど遊びが大好きなので喜んでもらえます。

食べられなくなった小麦粉を使うなら経済的ですね!

まとめ

「小麦粉は常温保存も出来るって書いてあるし、粉はそう簡単に傷む雰囲気でもないし……」と、以前は深く考えずに使ってしまっていました。

ダニの可能性なんて考えたこともなく、今までにももしかして……と怖い想像をしてしまったりしている状態です。

小麦粉自体の状態はもちろん、ダニなど虫から守ることも考えていかなければなりませんね。

小麦粉の活用方法は幅広く、食べられなくなったからといって捨てずに済む方法もたくさんありました。

もちろん賞味期限内に食べきるのが一番ですが、こういった手段も上手に使っていくようにしておきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました