運動会のお弁当詰め方のコツまとめ!重箱2段3段は?サンドイッチの場合は??

スポンサーリンク

1

お母さんの運動会の大仕事は、お弁当作り!家族みんなで運動会へ行くなら、大人数のお弁当を一度に作らなくてはいけないですよね。大きな重箱に美味しいごはんを詰めて、応援しながら楽しく食べたいものです。


でも、重箱に詰めるとき、気がついたら全体が茶色ばっかりのお弁当になっていませんか?


そこで今回は、運動会のお弁当の詰め方をご紹介!見た目が美しくなるコツを伝授いたします!


スポンサーリンク

運動会のお弁当の詰め方のコツと配色の黄金ルールとは?

運動会のお弁当は、どこの家族もちょっぴり豪華。元気な子供達は仲の良い子や隣の家のお弁当を覗いてきたりしますよね。でも、普段よりも大人数分のお弁当を作るのに、中身を豪華にするのって大変ですよね。


いつもと変わらない中身でも、実はある黄金ルールを知っておけば、普段よりも豪華に見た目が美しいお弁当になるんですよ!


お弁当の詰め方のコツ

隙間をつくらない!

→隙間ができてしまう時は、カラフルなシリコンカップなどを活用!


配色の黄金ルールを守る!


配色の黄金ルールとは?

赤・緑・黄色の3色を入れること!
食欲をそそる赤に、反対色の緑、挿し色の黄色を投入すれば、一気に豪華になりますよ。




家族4人なら6~8品程度、ご両親や下の子を含んで家族6人程度なら、10品程度あれば豪華に感じます。運動会に出場する子供は、昼休憩も長くはないことが多いので、大人がどのくらい食べれるかも考えておくと良いでしょう。



運動会のお弁当【段数別】重箱への詰め方のコツは?

さて、運動会のお弁当を重箱へ詰めるとき、困るのが「どう詰めていくか」ですよね。2段重や3段重など、使うものは人によって様々。重箱は、1番上の1段目から、どう詰めていくのが良いのでしょうか。


重箱への詰め方

①2段の構成
1段目…おかず
2段目…主食


②3段の構成
1段目…デザート
2段目…おかず
3段目…主食


基本的には重いものほど下に、軽いものほど上にすると良いでしょう!2段重の方は、デザートをおかずと入れるか、別添えにして持っていくのも良いですね。



こちらの詰め方も参考になりますよ♪隙間にレタスやサラダ菜を使うのも良いですね!

スポンサーリンク

サンドイッチの場合の詰め方のコツは?

では、サンドイッチを入れたい場合はどうでしょうか。


子供が大好きなサンドイッチは、運動会で手軽に食べられるので入れておきたい一品でもありますよね。でも普通のサンドイッチは詰め方が大変…。


そこでおすすめのサンドイッチは…、


①ロールサンド



②ラップサンドイッチ



どちらもくるくるんっと巻いた可愛いサンドイッチですが、ロールサンド切ってそのまま重箱に入れてもOKラップサンドイッチはラップをしてあるので、横のまま寝かせて入れてもOKなんです!キティちゃんの顔は女の子に喜ばれそうですね♪


義父・義母が運動会に参加!お弁当のおかずには何をいれるべき?

2

さて、最後にご紹介するのは、義父・義母が運動会に参加する場合のお弁当について!一緒に食べるお弁当を持っていくなら、義父・義母も好んで食べられる中身を用意しなければなりません。そんな中身は一体どんなものでしょうか。


義父・義母向けのお弁当の中身

・煮物
・酢の物
・いなり寿司


義父・義母のご年齢や元気さにもよりますが、意外にもしっかりお肉を食べている人も多いんです。煮物や酢の物を入れておけば、あとは普通の中身でも大丈夫です。


ご紹介したサンドイッチも、中身をたまごやツナなど噛み切りやすいものにすれば良さそうですね♪


【結論!】

3

お弁当の詰め方の黄金ルール
・隙間を作らない
・赤・緑・黄色の3色を入れる

お弁当の詰め方のコツ
・重いものは下
・軽いものは上

子供向けお手軽おかず
・ラップサンドイッチ
・ロールサンドイッチ

義父・義母向けおかず
・煮物
・酢の物
・いなり寿司


いかがでしたでしょうか。運動会のお弁当は、ママの大仕事のひとつですね。いつも茶色いお弁当になってしまっているなら、運動会を頑張る子供に、パッと豪華に見えるお弁当を作ってあげたいですね!


ちょっとした工夫をするだけで豪華に見えるので、ぜひ普段のお弁当にも取り入れてみて下さいね。


こちらもどうぞ!運動会・体育祭特集!

かけっこのコツ、騎馬戦の組み方、運動会のスローガンなど運動会特集!

スポンサーリンク