10連休中に保育園へ子供を預けることはできる?10連休を乗り切るには?

ゴールデンウィーク

連休中に遅れを挽回するぞ!という中小企業やサービス業など休みが取れない業種の方もいらっしゃるかとは思いますが、2019年のゴールデンウィークは、「10連休」になります!

長い休みがあっても、仕事が休みではないママが気になるのが、子どもの預け先をどうしようかという問題ですよね。

保育園が休みだとしたら、どこに預ければいいんだろう
そんなサービスはあるのかな
今から知っておいて損はありません。

そこで今回は2019年のゴールデンウィーク10連休に保育園が休みなのか子どもの託児をどうしたらいいのか調べてみました!

平成が終わる・・・2019年の10連休はいつからいつまで?

なぜ10連休になった?誰が決めた?

11月13日、皇太子さまが天皇に即位される「2019年5月1日」を祝日とする法案が、閣議決定されました。

5月1日が休みになると、どうして10連休になるのでしょうか?それは「祝日法」という法律で「前日と翌日が祝日である日は休日とする」と決まっているからなのです。

ということで2019年のカレンダーを確認してみましょう。
①4月29日「昭和の日」と5月1日「即位の日」に挟まれた4月30日が休日になる。
②5月1日「即位の日」と5月3日「憲法記念日」に挟まれた5月2日が休日になる。
ということなのです。

10連休はいつからいつまで?

10連休は4月27日から5月6日までの10日間です。

もう一度カレンダーを確認してみましょう。
4月27日(土曜日)
4月28日(日曜日)
4月29日(昭和の日)
4月30日(祝日法に基づき休み
5月1日(即位の日)
5月2日(祝日法に基づき休み
5月3日(憲法記念日)
5月4日(土曜日)
5月5日(日曜日)
5月6日(振替休日)

平成から新年号に変わる歴史的な行事があるからこそ、この日程が可能になったのかもしれませんね。

10連休は過去にあった?

9連休はありましたが10連休は過去最大になります。

 

10連休中に病後児保育・病児保育園へ子供を預けることはできる?休めない仕事をどうする?

 

10連休で困る仕事の人は?

サービス業やインフラ関連の人は書き入れ時で景気が良いイメージがありますが、会社が増収になっても、働いている人たちは数倍忙しくなるし、浮かれて羽目を外すお客さんに頭を抱えてしまう事も。

時給、日給で働いてる人には死活問題ですよね。休めば給料が入らないわけですし、どこに行くにも特別料金、混雑でゆっくり観光は難しい。非正規社員でなくてもお財布事情に悩む人は日本中にたくさんいるのではないでしょうか。

医療関係者も、休日夜間診療所や、救急病院は大変ですね。また手術や診察は休めても、入院している患者さんがいれば、当然通常業務になります。

子どもを持つ親とすれば、親が仕事ならどこに預ければいいの?という問題に直面します。

そして、忘れてはいけないカレンダーを作っている会社からしたら、11月の発表の時にはもう印刷が終わっている訳ですから、苦労が水の泡といった気持ちでしょう。

こうやって見ると、10連休なんていいことない!と思ってしまいそうです。
土日休みの企業などに勤めていて、10連休はきっちり休めて、お財布が潤っている人は、きっと楽しいですよね。羨ましい!

10連休中はもちろん仕事・・・・ 保育園は開いている?

保育所・幼稚園・学校等は原則として全てお休みです。
4月27日(土)は開所するところもあると思いますが、残りの9日間は全て休日扱いとなります。

私立の保育園や無認可保育園などは前もって日程や営業時間を確認しておきましょう。

10連休ははっきり言って迷惑!10連休中の育児を乗り切るコツとは?

一番ありがたい預け先が実家の両親ですよね。実家が近いと仕事の日に子どもを預けやすいですし、パパやママの精神的にも安心です。

遠方などで実家に預けられないときは、ベビーシッターファミリーサポートの活用を検討してみましょう!

ベビーシッターは、保育のプロの方がやっているので子どもを安心して預けられます。でも料金は短時間でも高額です。

ファミリーサポートはお手頃価格でお願いできますが、条件が合う方がいないと頼むことができません。

どちらにせよ登録だけでもしておくと安心です。

ファミサポ

ファミサポは、働く人々の仕事と子育て、介護の両立を支援する目的から、当時の労働省が構想し、設立が始まりました。各市町村で運営しています。

地域において子育ての手助けを「受けたい人」と「行いたい人」が会員となり、子育てについて助け合う会員組織です。

料金体系(例)※各市町村にお問い合わせください。

①月曜日から金曜日の午前7時から午後7時まで
1時間あたり1人目:700円 2人目以降:400円

②月曜日から金曜日の上記以外の時間帯
1時間あたり1人目:900円 2人目以降:500円

③土曜日・日曜日、国民の祝日、年末年始
1時間あたり1人目:900円 2人目以降:500円

ファミサポHP

一般財団法人 女性労働協会
働く女性が妊娠、出産後も仕事を続ける制度や自宅近くに子供を預けられるサポートセンター等を女性労働協会がご紹介。

アズママ

アズママの子育てシェアは、アプリで信頼できる知人・友人とだけつながって送迎・託児を頼りあう仕組みです。登録料・手数料は無料で、友だち同士でも気兼ねしないですむためにお礼ルールを設定(500円~)

安心・安全のために安全認証機能と保険を完備しています。

アズママHP

子育てシェア

ベビーシッター

パートナーや身近な人にみてもらうことができないとき、お子さんが熱をだして預けることができないときなどママたちの助けになってくれるのが、ベビーシッターというサービスです。

子供もママも気持ちよくサービスを受けるために、事前にしっかり面談をするなど、信頼できるベビーシッターサービスを探して利用してくださいね。

今回は安心、安全な人気のベビーシッターを2つ紹介します。

①キッズライン

1時間1,000円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターサービスです。通常のベビーシッターサービスの約3分の1!

子どもの対象年齢は0歳から15歳までと幅広く、事前に全シッターの詳細なプロフィールを見る事ができます。

そのほかにも、口コミ評価や、Facebookで繋がる友人の利用シッターがわかるなど、安心して手配する事ができます。

キッズラインHP

キッズラインとは- キッズライン
通常のベビーシッターサービスの3分の1の値段で時間1,000円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターサービスです。子どもの対象年齢は0歳~15歳で産前産後の母親ケアも含みます。事前に全シッターの詳細なプロフィールが見られるばかりではなく、利用者全員の口コミ評価や、Facebookで繋がる友人の利用シッターがわかるな...

②ハニークローバー

通常保育のほか「病児保育」「短時間送迎」など様々なシッターサービスがあります。

1日だけ預かるベビーシッターから、曜日を固定した利用や送り迎えだけのお願いなど幅広く対応してくれます。

病気のときにも預かってくれるので、普段は保育園に通っているお子さんでも病児保育のような使い方をすることもできます。

ハニークローバーHP

ベビーシッター派遣・育児代行のハニークローバー
ベビーシッター派遣のハニークローバー。東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、愛知(名古屋)、岐阜、京都、大阪、兵庫、福岡、沖縄に対応し、病児保育もお受けします。当日予約やベビーシッターの指名もでき、保育士資格者も多数おります。会員登録なしでも利用可能。全国保育サービス協会に加入し、安全安心です。

10連休中の子育てや、保育について相談先は?

子ども・子育て支援新制度(各市町村)

地域子育て支援拠点や行政窓口その他の場所で、利用者支援専門員が子育てに関する悩みや困りごとを解決するためのお手伝いをします。

子育て家庭や妊産婦の困りごと等に合わせて、幼稚園・保育所などの施設や、地域の子育て支援事業などから必要な支援を選択して利用できるように、情報の提供や支援の紹介などを行います。

お住まいの自治体のホームページや広報誌などで確認してみましょう。

子育てホットライン 「ママさん110番」

日本保育協会が運営する、子育てや育児に関する無料の電話相談室。乳幼児の子育てに関する悩み全般の質問や悩みに答えてくれます。

TEL:03-3486-4416
相談時間:月曜~金曜(AM10:00~PM4:00)

mamariQ(ママリQ)

無料アプリである「ママリQ」。匿名で登録、質問ができます。またほかのママたちの質問も閲覧・回答ができ、どういったことで悩んでいる人がいるのか知ることができます。

ママ向けQ&A月間利用者数第1位!
お悩みへの回答率98.5%
自分と同じ悩みを抱えるママがいると分かるだけでも安心できるかもしれませんね。

ママリQは、検索機能をなくして同じ質問でも、質問しやすくすることで気軽に、誰かに質問できて、不安を解消するという事に、特化したサービスです。迷わず質問してみましょう!

10連休はサービス活用で乗り切ろう!

10連休についてまとめてみますと
①祝日法で「前日と翌日が祝日である日は休日」と決まっている。
②10連休は4月27日から5月6日までの10日間。
③保育園は4月28日から9連休が濃厚。

そして10連休、子どもを預けるための対策をまとめますと
①実家の両親に預ける。
②共働きであれば、半分ずつこどもの面倒をみる。
③ベビーシッターやファミリーサポートの活用を検討
④自治体などの子育て支援に相談

いずれにしても例年のゴールデンウイークより手間がかかることになりそうですね。早めに動いておいて間違いありません!

長期休業が国民生活に支障を来すことがないかどうか、国もその辺をクリアにしてから、10連休を決定してほしかったなぁと思いますね。

ひとりで抱え込まずいろいろな人の力を借りて10連休を乗り越えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました