足利フラワーパークの藤の見頃2017!混雑回避ワザ・見どころ総まとめ!

スポンサーリンク

001

栃木県足利市にある「足利フラワーパーク」では毎年、藤の花が見頃になる4月中旬から5月中旬に「ふじのはな物語」という藤まつりが開催され、夜間はライトアップされた藤の花が観賞でき、観光客でに賑わいます!


そこで今回は足利フラワーパークの藤の見頃、開花状況情報などを探している方へ、混雑回避情報を含めてまとめてみました。


スポンサーリンク

【世界が認めた足利フラワーパークの「藤」何がすごい?】

足利フラワーパークは1968年に栃木県足利市堀込町に「早川農園」として開園し、1997年に元々湿地帯だった現在の足利市迫間町(はさまちょう)に移設され、足利フラワーパークとしてオープンしました。


足利フラワーパークの藤の花はCMにも使われ、 樹齢約150年の600畳の4本の大藤は栃木県指定の天然記念物になっています。当時日本に移植の前例がなく日本初の成功例になり、足利フラワーパークの藤の花は日本一!と各地から観光客でにぎわうスポットとなったのです!


とにかく広さ600畳の4本の大藤棚を始めとした、合計350本以上の足利フラワーパークの藤は圧巻です!また、アメリカCNNで「世界の夢の旅行先9ヶ所」に、足利フラワーパークが日本で唯一選出されたのです!これは日本人なら一度は絶対に足を運んでみる価値はありますよね?


動画「足利フラワーパークの大藤 見ごろ」

002

【足利フラワーパークに咲く藤、いつが見頃?例年の開花状況は?】

藤の花の見頃は、全体的に4月中旬~5月中旬ですが、色ごとに、うす紅藤、むらさき藤、白藤、きばな藤の順に開花していきます。大藤(野田九尺藤) と八重藤(八重黒龍藤)はメインの大藤ですが、他にも国内では珍しい白藤やきばな藤なども見ることができるので、飽きません。


■藤の開花予測

4月中旬~4月下旬頃 「うす紅藤」が見頃
4月下旬~5月上旬頃 「大藤」が見頃 「白藤」は八分咲き 「きばな藤」は4分咲き 
5月上旬以降     「白藤」見頃
5月上旬~5月中旬 「きばな藤」が見頃


また、足利フラワーパークの公式サイト「スタッフ日記」で開花状況を確認できますので、ちょうど良い時期を見計らってお出かけくださいね!
<所 在 地> 栃木県足利市迫間町607
<電話番号> 0284-91-4939

【足利フラワーパークに行く前に知っておきたい「藤」の知識!】

「藤」の花は、日本最古の歴史書「古事記」の時代から鑑賞されている歴史のある花です。日本の藤は「ノダフジ」と「ヤマフジ」の2種類で、花房の長さとつるの巻き方が違います。一般的に日本で藤の花と呼ばれているのは「ノダフジ」という品種です。


ノダフジは、花房の長さが長く、つるは右巻き
種類:「九尺藤」「白野田藤」「曙藤」「八重黒龍藤」
ヤマフジは、花房の長さが短く、つるは左巻き
種類:「紫花美短藤」「白花美短藤」などです。名前に「短」が入っているのがヤマフジなのでしょうか?ひとつひとつ確認して見て回るのも楽しそうですね?


花の色は青紫、紫、ピンク、白があり、足利フラワーパークでも見られますよ?また、藤の花はよく公園で藤棚として見られますが、自宅でもちゃんと管理すれば育てることができます。自宅に藤棚も夢ではないです!(参考 藤の育て方)
ちなみに藤の花言葉は「優しさ」「決して離れない」「恋に酔う」の3つで、「4月5日」と「5月31日」の誕生花のようです。素敵ですね?


■足利フラワーパーク以外の藤の名所5選

①牛島の藤花園

[埼玉県春日部市牛島786]TEL048-752-2012 藤花園
江戸時代から粕壁のフジと呼ばれ、弘法大師が植えたといわれる推定樹齢1200年の老樹が見られます。
・東武野田線「藤の牛島駅」より徒歩10分 東北自動車道岩槻ICより約10分
・常磐自動車道柏ICより約20km(約30分)

②亀戸天神

[東京都江東区亀戸3丁目6番1号 TEL03-3681-0010]
東京都内の藤の名所です。新宿から約20分で行ける都心とは思えないほど落ち着いた空間です。東京スカイツリーと 藤のコラボレーションが見られます!
・総武線亀戸駅下車 北口より徒歩15分 総武線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅下車北口より徒歩15分 都バス亀戸天神前停留所下車すぐ

③白井大町藤公園

[兵庫県朝来市和田山町白井1008 TEL079-670-1636]
大町藤公園は、山陰随一の藤の名所と言われていて、藤棚の総延長が500mあります。しだれ桜で有名ですが、藤の夜間ライトアップが圧巻です。お仕事帰りでも見られますね?
・和田山ICより約10km ドライブインやくのより3.5㎞ 和田山ICより鯨峠経由約10㎞。

④白毫寺

[兵庫県丹波市市島町白毫寺709 TEL0795-85-0259]
花穂の長い藤で「白毫寺の九尺藤」が有名です。下まで咲くと、これまで最も長いもので180cmまで伸びます。ライトアップもあります。
・JR福知山線市島駅下車。タクシーで8分 舞鶴自動車道春日ICより福知山方面へ車10分。

⑤河内藤園

[福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48 TEL 093-652-0334]
海外で「世界の絶景TOP10」として紹介され、世界各国から多くの外国人のも大人気の観光スポットです。宣伝をしていないため、穴場です。
・北九州都市高速道路大谷ICから約20分 山路ICから約20分

003

【春は足利フラワーパークに行こう!ライトアップもおすすめ!】

■足利フラワーパークの春のお楽しみ♪

春は毎年恒例の「ふじのはな物語」が開催されます。大藤棚がとても美しく、夜はライトアップされて、また違う藤の花の世界を楽しめますよ?


「ふじのはな物語」情報
開催期間:4月中旬~5月中旬
営業時間:7:00~18:00(ライトアップ時は21:00まで)
入園料:大人900円~1,700円 / 小人500円~800円
ライトアップ 開催期間:4月22日(土)~5月14日(日)
営業時間:17:30~21:00
入園料:大人600円~1,400円 小人300円~700円
※入園料・ライトアップの期間は開花状況によって変動し、夜の部は入れ替え制ではありませんので、ゆっくり楽しめます!


■渋滞を避けたい方へおすすめ情報

「ふじのはな物語」開催中のGW中や土日などは、特に道路も大渋滞しますので、出来るだけ平日の早朝か少し遅い夕方近くの時間の来園がおすすめです。また、出来るだけ電車での来園の方が時間も読めてオススメなのですが、高齢者同伴などでどうしても車で行きたい場合は、下記の渋滞を避ける方法(ネットの口コミ)を参考にして下さい。


〈車での渋滞を避ける方法〉

フラワーパーク公式HPでのアクセス方法では、東北自動車道の「佐野藤岡IC」から足利方面へ18分となっています。特に土日になると「佐野藤岡IC」は近くにある佐野プレミアムアウトレットへ向かう車の渋滞に巻き込まれますので、「館林IC」を使いましょう。また、なるべく足利フラワーパーク南側の道を通らないようにするのが渋滞回避のコツのようです!!


足利フラワーパーク公式HP アクセス情報
交通・アクセス | あしかがフラワーパーク
花の芸術村 あしかがフラワーパーク。8つの花の季節をテーマに季節感あふれる庭園をつくりこみました。それぞれのテーマに合わせ数百種の花木が季節をいろどります。是非一度、ご来園ください。


①東北道「館林IC」からは、混雑が予想される国道128号線は使わずに、国道67号線を使います。国道67号線(※)にある栗田美術館は混雑時には臨時駐車場になる場合がありますし、近隣の畑が臨時駐車場として開放しています。
②関越道・北関東道からは、渋滞ポイントの川崎橋付近は避けて下さい!地図を確認してちょっと遠回りでも、福猿橋や福寿大橋などを通って国道67号線(※)に進んで下さい。


※2016年は4月29日(金)から5月8日(日)の朝8時~17時までは交通規制のため、67号線からフラワーパークに入る道は通行止めになりました。GWに行かれる方は確認してからお出かけ下さいね?


〈車渋滞を避けて電車を使う〉

池袋から湘南新宿ライン宇都宮線直通で「小山」駅、そこから両毛線「富田」駅までで約1時間50分。JR両毛線「富田」駅から徒歩13分(シャトルバスはありません)
浅草または北千住から東武伊勢崎線特急りょうもうで「足利市」駅まで約70分。「足利市」駅からシャトルバスで30分(敷地内駐車場着 有料200円)
GW中はJRが臨時列車「快速・足利藤まつり号」を上野駅から運行しています!


〈ツアーバスを利用〉

GWは旅行会社でバスツアーを組んでいるようです。ただし、バスの駐車場がフラワーパークからかなり離れた国道沿いになってしまう場合もありますので、注意して下さいね?

004

【最後に】

足利フラワーパークの総まとめはいかがでしたか?毎年桜の時期があっという間に過ぎた後に、藤の花の見頃がやってきます!期間限定の藤の花を見に、ぜひ藤の名所中の名所「足利フラワーパーク」へ足を運んでみて下さいね!お見逃しなく!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です