50代のダイエットは食事がポイント!しっかり食べて痩せる方法とは?お酒の量は?

スポンサーリンク

belly-2354_1280

50代になると若い時と違って、なかなか体についた脂肪が落ちてくれなくなりますよね。

太ったと気にしていても、若い時のように極端ながんばりすぎのダイエットをやる気力もないですよね。

でも、年を取っていくことを考えると、健康的でいたいという人も多いのでないでしょうか。

そんな50代の人におすすめのダイエット法をお教えします。



スポンサーリンク

50代のダイエット成功の秘訣は”食べること”その方法とは?

apple-15796_1280

50代でダイエットをしようとすると、まず若い時にやりがちな食事抜きのダイエットはストレスが溜まりすぎてNGです。

50代ダイエットの鉄則は、3食きちんと食べることです。

特に、朝食はしっかりとバランスよく食べるように心掛けてください。

むしろ、晩御飯はドカ食いしないように気を付けてください。

食べた後は寝てしまうという場合は、消化されずに、脂肪になってしまいますよ。


さらに、食事の際には炭水化物を食事の後半に食べるようにしてください。

血糖値が急激に上がると、インスリンが大量に分泌されますが、そうやって分解された糖分をエネルギーとして消費できなければ、そのまま脂肪として蓄積してしまうので気を付けましょう。

だからと言って、食事から完全に炭水化物を抜くと、血糖値があがらないため満腹中枢が刺激されず、食べる量が増えてしまう危険がありますよ。

そうなると、腹8分目では抑えられなくなりますよ。



ただし!食生活を見直しは大事!ダイエットに効く食べていいもの、噂のレシピとは?

ダイエット中はしっかりとバランスよく食べることが重要です。

なので、タンパク質、脂質、糖質に加えて、ビタミン、ミネラルもしっかりと摂取することが大切です。

これらがしっかりと得られると少量でも満足感が得られるんですよ。


食べる順番としては、まずたっぷりと食物繊維をとりましょう。

きのこ、葉物野菜などに多く含まれていますね。

次に、肉や魚を食べましょう。

最後にご飯やパンを食べると、とても効果的なダイエットが可能になります。


体脂肪燃焼ダイエットスープの作り方

スポンサーリンク



50代だからこそ実践したい!食事は”逆三角形”を意識する!

salad-374173_1280

50代からは、逆三角形に食事をとる方法がよいでしょう。

どう言う事かというと、しっかりと朝食を食べます。

炭水化物も抜く必要性はないでしょう。

これでその日のエネルギーがチャージされます。

頭もきちんと回転するので、朝食は大切ですよ。


お昼も午後から動くことが多いのであれば、普通に食事して良いでしょう。

しかし、デスクワークなど座ってばかりなら、お昼は8分目で止めておくと良いでしょう。

50代になると、消化機能が低下してくるので、少し少ないくらいがちょうどよいのです。


さらに、夕食の時間は腹7分目くらいの食事量にしておきましょう。

さらに夕食では炭水化物を抜いても良いでしょう。

眠っているだけの人が多い夜はあまりエネルギーを消費できないので、そのまま脂肪として蓄積させてしまいます。

それにお腹が空いて、朝も自然と眼が覚めやすくなり、一石二鳥ですよ。



50代の楽しみは晩酌!ダイエット中のお酒の量は?え、そんなに飲んでいいの?

brandy-402572_1280

まず、お酒を飲みたい人は、何なら飲んでもカロリーが低いか考えましょう。

純粋なアルコールである焼酎、ウィスキー、ブランデー、ウォッカなどの蒸留酒を飲むようにしましょう。

ビール、ワイン、日本酒には糖分やカロリーがあるので、ダイエット中は控えることをおすすめします。


さらに、飲む量ですがカロリーだけなら200kcalまでが限度です。

ビールなら中瓶1本まで、日本酒1合、焼酎は20度なら1合まで、ウィスキーやブランデーならダブルで1杯まで、ワインはグラス2杯までに留めましょう。

ほろ酔い程度がいいってことですよ。


おつまみはなるだけ食べない方がいいですが、食べるなら塩分が低く、低カロリーなものがいいでしょう。

なので、するめとか佃煮、漬物なんかなら良いでしょう。



【最後に】

diet-617756_1280

50代は簡単に痩せられるわけではありませんが、ストレスをためず、ちょっとした食事の工夫できちんと効果的に痩せることが出来ます。

ちょっとした手間で健康的に痩せられるので、ぜひみなさんも実践してみてください。

きちんと続ければ、50代だってちゃんと痩せられますよ。

スポンサーリンク