義父の葬儀で長男の嫁としての立ち振舞・関わり方の正解は?参列者への対応は?

スポンサーリンク

嫁いだ先の家の人間になると、その家族の一員として冠婚葬祭も努めなければいけませんね。例えば義父が亡くなった葬儀の場などでは、嫁としてはどのようなことが求められるのでしょうか。


長男の嫁という立場で考えてみましょう。長男の嫁じゃなく次男でも三男でも嫁ぎ先で葬儀がある場合には、知っておいた方が良いことがあると思いますので、まとめてみました。


スポンサーリンク

【義父の葬儀で長男の嫁であるあなたの役目はコレ!】



義父が亡くなってしまった場合、同居していたかどうかにかかわらず、喪主を長男が務めることもあります。義母が喪主をする場合もありますが、長男が喪主になるケースが多いので、長男の嫁は喪主になる夫のサポートをすることになります。


喪主は、葬儀を取り仕切る立場になりますので、長男の嫁であるなしにかかわらず、喪主の妻となればやらなくてはいけないことが山ほどあります。


といっても、「葬儀のマナーは地域性で違いもあります」し、嫁ぎ先の宗教によって知らないことが多いかも知れません。


結婚して何年も経っているのなら、少しはマナーを勉強する時間もあるでしょうが、急な不幸だったりすると知らなくても仕方ありません。


しかし、今のご時世では、葬儀社などが宗派や地域性に合わせて考えてくれます。葬儀に慣れている人なんて滅多にいませんから、わからないことは臆せずに質問してその通りにすれば良いのです。


【義父の葬儀で長男一家の金銭的負担はどこまでするの?】



義父の葬儀にかかる費用について、自分たちはどこまで負担するべきなのかよくわからないという方は、事前に義父が自分自身の葬儀費用についてどのような準備をしていて、どのくらいに葬儀を希望していたのか全く聞いていないからでしょう。


高齢で自分の終末を家族に伝えている場合は除き、葬儀にかかる費用負担については事前に相談していることは少ないと思います。


費用の負担については、相談して決めるしかありません。義父が葬儀費用のために保険や積立をしていたかどうか確認してみましょう。


葬儀にかかわる費用の負担が難しくて、金銭的にできるだけ負担を少なくしたい場合は、家族だけで送る葬儀もありますので、長男だからといって借金してまで盛大な葬儀を行うことはないのではないでしょうか。


兄弟や姉妹、義母がいる場合はそれぞれの意見を聞きながら相談してみましょう。


【義父の葬儀、長男の嫁として香典は必要?】



嫁という立場では香典を別に用意することはありません。長男は別居していても当家の人間になるので、香典は必要ないケースもある一方で、親の葬儀でも香典を用意することもあります。


親の香典には10万円、御花代に3万円~5万円くらいを相場としている地域が多いので、参考にしてください。


夫婦別々で香典を包むことはないので、長男の嫁という個人での香典は必要ないと思います。


同居していても香典を包むこともあるし、別居していても香典はないこともあるので、その家の風習に合わせれば良いです。


【義父の葬儀で、長男の嫁として義母にかける言葉は?】



義父や義母と別居していると、葬儀も参列者のように思ってしまうかも知れませんが、義理の間柄とはいえ義父は親です。


義母には参列者のような形式的な挨拶だけではなく、家族としての言葉をかけてあげましょう。


何と伝えれば良いのか言葉が見つからない場合は、無理にうまい言葉を探すのではなく、自分にできることをすれば十分です。


お義母さんの手を握ってあげるだけでも、気持ちが伝わることもあります。


「私に何かできることはありますか?」とか「私ができることがあれば言ってください」と伝えれば、それ以上の言葉を無理に探さなくても良いのではないでしょうか。


取って付けたような言葉よりも、それだけで十分だと感じます。


【まとめ】


長男の嫁になったら、いつかは義父や義母の葬儀を喪主の妻として務める日が来ると思って準備しておけば困ることはないでしょう。


しかし、実際にはそんなことは難しいと思います。とくに葬儀については全国共通のマナーではないので、自分の常識が通用しないことも多々ありますから、知っている人に教えてもらいながら務めれば良いのです。


葬儀の基本的なマナーさえわかっていれば問題はないでしょう。葬儀に参列した経験が一度もない場合は、最低限のマナーだけ勉強しておけば良いと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です