黒目に白い点ができて痛い!ゴロゴロする!原因は?治し方は?

スポンサーリンク

目が赤くなることはちょっとした乾燥などでもありますが、そのようないつもと違う状態を見るとやっぱり心配になりますよね。
目に痛みを感じて鏡を覗くと「黒目に何だか白い点がある!?」
こんな状態になっていることがあって、驚くことがあります。


目はやっぱり大切ですし、「万が一大きな病気で失明の可能性……?」などと考えると、出来るだけ早く対応したいものです。
黒目に白い点がある症状の場合、いくつかの病気の可能性が考えられます。


「コンタクトレンズをつけている場合」など特定の状態で起こりやすいものもありますので、ご自分の状況にあわせて考えてみてくださいね。


スポンサーリンク

【黒目に白い点が!そもそも黒目と白目の役割は?】

001

まず最初に、目について基本的なことを知っておきましょう。


眼球は骨のくぼみの中にありますが、そこから視神経が通って脳と繋がり、見ているものを認識しています。
眼球は成人で24mmほどの大きさですが、外側から見える部分以外にも様々な組織が集まっているのです。


その中でも白目と呼ばれている部分は「強膜」と言い、白い不透明な固い膜で出来ています。
この一部、前方部分だけが透明になっていて、そこが「角膜」と呼ばれる黒目の部分です。
強膜は目の内側の圧力(眼圧)を支え、眼球を保護するための組織です。


角膜はよく言われているのでご存知かもしれませんが、レンズのような役割を果たしています。
光を集めて屈折させ、目の中にその光を送っているのです。


黒目はレンズ、白目はその周りを保護しているカメラだと思えば分かりやすいかもしれませんね。
黒目(角膜)で光を屈折させて目の中に情報を取り込んで網膜に送られ、そこで光の情報を電気信号に変えて脳に情報を伝えているのです。


つまり、黒目は目の中に情報(光)を取り込むための大切な組織です。
その部分に違和感がある場合、出来るだけ早く対策しておくことが大切ですね。
次から黒目に白い点が出来る原因について3つほどお話していきますので、思い当たる部分がないか振り返りながら確認してください。


眼の構造


【黒目に白い点!考えられる原因1:コンタクトレンズ装着者に多い!細菌性角膜感染症】

002

「細菌性」との通り、細菌が原因で起こる病気です。
コンタクトレンズ装着者に多く、出来るだけ早く対応したい症状になります。


最近はカラーコンタクトレンズも手軽に使えるようになりましたが、同時に不適切な使い方や手入れの不十分さが原因で細菌が目に入ったというパターンが増え、この症状を訴える人も増えてきました。


症状としては目の痛みはもちろん、目やに、そして「黒目に白い点」です。
白目部分が充血してくることもありますが、黒目に影響が出ているのはすでに病状が進行している証拠です。
出来るだけ早く眼科を受診することをオススメします。


治すための方法としては点眼薬が主になりますが、症状が悪化している場合は抗菌薬の服用、または点滴などを行う場合もあります。
いずれにしても医者の言うことをよく聞いて、しっかり服用するようにしてください。
コンタクトレンズの着用は医者から許可が出るまではしないほうが良いと思いますが、基本的には医者と相談の上、言われたことは必ず守るようにしましょう。


細菌性角膜感染症は、症状が進むと失明の可能性もある怖い病気です。
コンタクトを装着している方、扱いが雑だった方、カラーコンタクトレンズなど普段と違うものを着けたあとにこのような症状になっている方は特に、急いで病院に向かってくださいね。

スポンサーリンク

【黒目に白い点!考えられる原因2:遺伝性の疾患・アベリーノ角膜変性症】

3

アベリーノ角膜変性症は遺伝性の病気で、アベリーノ遺伝子を持っている人が紫外線の影響、また角膜が傷つくことにより発症、進行して症状が現れてきます。
黒目に出来た白い点はそのまま視界を遮ってしまうので、そこまで進行する前に抑えておきたい病気なのです。


本来は徐々に進行するものなのですが、最近はレーシック手術により一気に悪化させてしまう方が増えています。
すでに発症していた場合は術前の診察で分かりますが、発症していない場合は見た目に変化がなく、診察だけでは判断が出来ません。


対策として、レーシック手術を受ける前にアベリーノDNA検査を受けることをオススメします。
この検査は任意となってしまうため負担も重くなりますが、万が一のことを考えると決して高い出費ではないでしょう。


残念ながらアベリーノ角膜変性症には現在治療法が存在せず、対策としては白くなってしまった場所をレーザーで取り除くだけになってしまいます。
しかしこれも完全な対策とはいえず、一度そこまで進行してしまうと3ヶ月程度で再発してしまう可能性が高いです。


根本的な治療方法は確立されていませんし、そもそもアベリーノ遺伝子を持っていることが分かった場合は、万が一にも角膜を傷つける可能性のあるコンタクトレンズの装着は二度としないことを強くオススメします。


【黒目に白い点!考えられる原因3:原因不明?角膜フリクテン】

4

最後に黒目に白い点が現れる病気として、「角膜フリクテン」があります。
この病気は角膜と強膜の境目……つまり、白目と黒目の境目に水泡状の斑点が出来るもので、原因がはっきりと分かっていない病気でもあります。


細菌性角膜感染症との違いは「目やにが出るかどうか」で判断することが出来ます。
角膜フリクテンの場合は目やには出ませんし、白い点も境目付近に出来ることが多いので判断は付けやすいと思います。


他に起こる症状としては目の痛み、異物感、光がまぶしく感じる、などがあります。
白目と黒目の境目に斑点が出来ることが多いですが他の部分に出来ることもあり、充血を伴うのも分かりやすい特徴です。


原因についてはしっかり解明はされていませんが、結核菌やアクネ菌、ブドウ球菌などへのアレルギー反応で起こることは分かっています。
しかしアレルギー検査をしてもこれといった原因を特定出来ない場合が多く、この症状の方は何度も繰り返し発症することが多いです。


乳児や幼児、女性に多く、原因は特定出来ないものの偏食の方に多く発症する病気だということも判明しています。
角膜フリクテンを治すには食生活から見直す必要がありますね。


治療法としては抗生物質やステロイド剤の点眼、目の軟膏などがありますが、軽度の場合は自然治癒も可能です。
しかし何度も繰り返して軽度・重度の区別がついている場合はともかく、判断がつかない場合や初めて症状が現れた場合は受診しておいたほうが安心ですね。
コンタクトレンズを着用して良いかどうかも、そのときに医者に確認してください。


【まとめ】

目のしくみと黒目に白い点が出来る主な症状についてお話してきましたが、いずれにしても無理をしないことが大切です。
目の病気は悪化させると一生響く可能性もありますので、どの症状に当てはまったとしてもまずは必ず眼科を受診するようにしてくださいね。


コンタクトレンズの着用はお手軽に出来るようになりましたが、目に直接触れているものなので扱いには注意が必要です。
身近にも長時間着用したり洗浄を適当に済ませていた人もいましたが、本当に危険なので注意してくださいね。


一生使う大切な目なので、大事にしながら労りながら、違和感があった場合は出来るだけ早く眼科を受診するようにしていきましょう!

スポンサーリンク