病気平癒のお守り・御利益が有名な大分のお寺・神社3選!お参り・ご祈祷のお作法は?

スポンサーリンク
お寺・神社・教会
スポンサーリンク

自分や大切な人が病気になった時に、「病気が治りますように」と願いを込めてお守りを手に取る、または御祈祷を受けるということは多いと思います。

病気平癒」という言葉をお守りで見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

健康祈願のお守りもありますが、病気平癒と何か違いはあるのでしょうか?

そこで大分で病気平癒の御利益があるお寺神社を探している方に、病気平癒の意味、お参りの仕方をはじめ、病気平癒で有名な大分のお寺や神社を3カ所(宇佐神宮、大分県護国神社、八幡朝見神社)ご紹介します!

スポンサーリンク

病気平癒ってそもそもどんな意味?お参りの作法は?

病気平癒(へいゆ)とは?

病気平癒とは、治療中の病気が完治して回復すること事をいいます。

神様にただ「治して下さい!」と丸投げするのではなく、ご本人が神様から背中を押していただき、良い状況を引きつけやすくしてくれるのです。

とても心強いですね?

また、病気平癒はどんな病気に対しても回復することを願います。

病気平癒以外にも健康祈願など色々な種類のお守りがありますが、迷ってしまう時は、あなたの希望で選ぶといいですよ?

今の病気がとにかく治って欲しい!という強い思いなら、病気平癒を選びましょう!

002

お参りの作法

神社へ祈祷しに行くことはあまりありませんので、正式な作法を知らないという方は多いと思います。

お願いごとをするのに、神様に無礼があってはいけませんよね?

お参りの仕方をまとめてみました。覚えておくと良いですよ?

神社編

一礼してから鳥居をくぐり、左右どちらかに寄って進みます(参道の中央は神様の通り道なので)。

手水舎で手水をとりお清めをして、本殿で拝礼をします。
※参拝者が手水でお清めをする施設を手水舎(ちょうずや、てみずや)と言います。

≪手水のしかた≫
1.ひしゃくを右手で持って、水をくみ左手にかけます。
2.ひしゃくを持ちかえて、右手に水をかけます。
3.再びひしゃくを右手に持ちかえ、左の手のひらに水をため、その水で口をすすぎ、左手に水を流します。(この時にひしゃくに直接口をつけない様にして下さいね。
4.最後にひしゃくを立て、自分がさわった柄の部分に水をかけて洗い流し、元の位置に戻します。

≪拝礼の仕方≫
おさいせん箱の前に立ち会釈をして、おさいせんを入れ、二礼二拍手一礼で拝礼します。

≪二礼二拍手一礼の仕方≫
1.深いお辞儀を(二回)繰り返す。
2.両手を胸の高さで合わせ、右手を少し下にずらし、拍手を(2回)する。
3.両手をずらさず合わせてお祈りする。
4.両手をおろし、最後にもう一度深いお辞儀をする。

お寺編

1.門の前で浅いお辞儀をする。
2.神社と同じように手水をする。
3.お線香をあげる。
4.浅いお辞儀をし、おさいせんを入れて鈴を鳴らす。
5.胸の前で手を合わせお祈りする。(拍手は打たないで下さいね。
6.最後に浅いお辞儀をする。

手水の作法

ご祈祷の作法

服装は特に決まりはありませんが、肌の露出の多い服はちょっと神様に対して失礼ですよね?

スーツ等のフォーマルな服装が無難ですよ?

祈祷を受ける前は必ず手水をします。

ご祈祷料は一般のお祝い用のちょうちょ結びののし袋を使い、表には「御初穂料」、「御玉串料」、「御礼」などと記入します。

お守りは持ち歩きましょう!

お守りはあれもこれもではパワーが分散してしまうそうなので、今の自分に本当に必要なものだけを持つようにしましょう。

たくさんのお守りを一緒に持つと神様がケンカをすると聞いたことがありますが、それは大丈夫です!でも神様は喧嘩は怖そうですよね?

お守りはかばんや財布など、いつも持ち歩くものにつけるのが一番効果的です。

家に置く場合はしまい込まず、なるべく高く目につく場所に置きます。

また、お守りの御利益は1年です。

古いものは頂いた神社などにお返ししましょう。

また、お守りは人からもらった物の方が、その人の願いが込められている分、効果がアップするので、人が買ったお守りも効果はあります!

お守りをネットで買うことに、迷う方もいますよね?でも安心してください!

行かないからといってお守りの効果が薄くなるということはないです。

お守りに願いをこめる気持ちは一緒なのですから!

今回は病気平癒で有名な大分のお寺神社を3カ所(宇佐神宮、大分県護国神社、八幡朝見神社)ご紹介します。

全国から病気平癒に訪れる方がいる神社もあります。

是非参考にしてみて下さいね!

病気平癒で有名な大分のお寺・神社3選:その1.宇佐神宮

宇佐神宮(うさじんぐう)は、日本三大八幡宮の1つで、全国に4万社以上ある八幡宮の総本社です。

国宝や重要文化財などの建造物が数多く、初詣時期だけでも40万人以上、年間で約150万人が訪れます。

宇佐神宮の本殿は国宝で、朱塗りが美しく荘厳な雰囲気が漂います。

一之御殿には八幡大神、二之御殿には比売大神、三之御殿には神功皇后が祀られています。

本殿前にある樹齢約800年といわれる御神木の周りを1周して木に触れながらご利益を願うと御神徳がいただけると言われています。

宇佐神宮のご利益は、一之御殿で仕事運や金運、二之御殿と三之御殿では縁結び、安産、子育のご利益があると言われています。

祈祷時間:午前9時から午後4時 ※祈祷殿受付(上宮ご神木奥)にて受付

祈祷料:5千円以上 ※初穂料15,000円以上お納めの方は、昇殿参拝へとご案内致します。

■大分県宇佐市大字南宇佐2859

宇佐神宮

公共交通機関:宇佐駅から四日市方面バスに乗車、「宇佐八幡バス停」下車(約10分)
車:宇佐ICから国道10号線(別府方面)へ6キロ(約15分)

駐車場:宇佐神宮表参道駐車場(普通車130台)12時間以内400円
外苑駐車場(普通車150台)12時間以内300円

八幡宮総本宮 宇佐神宮 公式ホームページ

八幡総本宮 宇佐神宮
宇佐神宮公式ホームページ。宇佐神宮は全国に4万社あまりある八幡様の総本宮です。八幡大神(応神天皇)・比売大神・神功皇后をご祭神にお祀りし、神亀2年に創建されました。

病気平癒で有名な大分のお寺・神社3選:その2.大分県護国神社

大分県護国神社(おおいたごこくじんじゃ)は、明治8年に大分県の初代県令(県知事にあたる役職)が、佐賀の乱の戦没者を慰霊鎮魂するために「招魂社」を創建したのが始まりで戦争などで戦没した4万4000余柱が祀られています。

年末から3月末には、縦3m、横5mの九州最大級の大絵馬と、いずれも日本一の高さを誇る大破魔矢(18.8m)と、大熊手(12m)といった巨大縁起物や願い事叶い矢なども設置されます。

大分護国神社は、病気平癒、健康祈願、交通安全、商売繁盛、厄災清祓などのご利益があると言われ参拝者が絶えず訪れています。

祈祷時間:午前9時~午後4時(予約不要)社務所にて申込

祈祷料:五千円以上

■大分県大分市大字牧1371

大分護国神社

公共交通機関:JR日豊本線、高城駅からタクシーで約5分
車:大分自動車道米良ICより約20分

駐車場:無料駐車場あり

大分縣護國神社 公式ホームページ

大分縣護國神社
大分縣護國神社のホームページです

病気平癒で有名な大分のお寺・神社3選:その3.八幡朝見神社

八幡朝見神社(はちまんあさみじんじゃ)は、豊前・豊後守護職の大友能直公により創建された神社です。

初詣は別府市で一番人気で、元旦は賽銭を投げ入れることも難しいほど参拝者が多い神社です。

表参道の御幸橋を渡り鳥居をくぐると、敷石の参道があります。

敷石の中に盃の形をした石とひょうたんの形をした石があり、この盃石とひょうたん石を踏むと無病息災、縁起がよいと言われています。

また「不治の病の父親が、親孝行な萬太郎が汲んできた朝見の清水を飲むとすぐに全快した」という伝説がある「萬太郎清水」があり、地元の方も親しむこの清水は、とてもおいしいと評判です。

この清水は、持ち帰ることも可能ですよ!

八幡朝見神社は、病気平癒・身上安全・心願成就などのご利益があると言われています。

祈祷時間:受付時間 午前9時~午後4時
※神社御祈願受付所か電話で問い合わせ(TEL:0977-23-1408)

祈祷料:6千円から

■大分県別府市朝見2-15-19

八幡朝見神社

公共交通機関:JR別府駅より車で5分

駐車場:あり。※神社の山側にある駐車場をご利用ください。また、お体の不自由な方や車椅子でのご参拝も山側駐車場より段差なく境内までご利用できます。

八幡朝見神社|大分県別府市 公式ホームページ

八幡朝見神社 | 大分県別府市
別府市。別府温泉の総鎮守。由緒、年中行事、神社の風景の紹介

〈参考〉ご本尊さまが、薬師如来様の神社は昔から病気平癒のご利益があると言われています。

薬に関係していることが名前からわかりますよね?

病気平癒ガン封じ祈祷と水子供養のお寺「せんき薬師」

まとめ

病気平癒とは、治療中の病気が完治して回復すること事を言い、癌だけではなく、どんな病気に対しても回復することを願います。

お参りの作法は、手水で身を清めてから、二礼二拍手一礼で拝礼します。

お守りはネットで購入したものや人に買ってもらったものでも効果があり、いつも身につけていた方がご利益があります。

大分で有名な病気平癒のお寺や神社は、宇佐神宮、大分護国神社、八幡朝見神社です。

病気平癒の祈願をすることは、神様が病気を治してくださるのではなく、その病気を治すための大きな後押しと導きがいただけるものです。

みなさまがご自身、大切な人が病気と闘うために力を授かり、先の未来に光が差しますように祈っています。

よく読まれている記事
お寺・神社・教会
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました