看護師さんが体験した病院での心霊体験や幽霊、不思議な体験4選!

スポンサーリンク

お化け屋敷に廃墟病院が使われたり、病院が舞台となっているホラー映画なども多数ありますよね!

長年病院で勤務していても、特になにも心霊体験や不思議な体験をしたことがない人もいれば、よく心霊体験を経験する人もいるのではないでしょうか


私は全く霊感がなく、幽霊などもみたことありませんが、病院勤務中に不思議な体験をしたことが何度かあります
また先輩や後輩、同期の心霊体験をした話も聞いたことがあります。

その中で今回は4つのお話を紹介させていただきますね!


スポンサーリンク

看護師が経験した病院の心霊など不思議体験4選!その1:患者さんのいない病室のテレビが勝手につく

これは夜勤をしていたときの話です。

当時勤務していた病院の消灯時間は22時で、個室以外のテレビは消していました。
0時を過ぎ、看護師全員が巡回が終わって病室に戻ってきた頃、遠くの方から「ザーーーーー」という砂嵐の音が聞こえてきたのです


看護師が確認しにいくと患者さんのいない二人部屋の一つのテレビがついていたのです。

隣の部屋のリモコンに反応してテレビがつくということは今までなかったのですが、怖くなった私たち看護師は、隣の部屋のリモコンに反応したということにして、勤務を続けました。

しかし、当時の状況を今思い出しても、少し鳥肌が立ちます。



看護師が経験した病院の心霊など不思議体験4選!その2:高齢の女性から夜中にナースコールあり、「赤い服を着た女の子が立っていたけど迷子かい?」…

これは整形外科病棟で働く友人に聞いた話です。


整形外科病棟では骨折などにより、トイレ介助などが多く夜間でもナースコールはよくなります。

二人部屋に入院していた高齢女性からも夜間にナースコールがあり、訪室すると「トイレの前に赤い服を着た女の子が立っていたけど迷子かい?」との一言…。

その女性の意識はしっかりとしており、そのような発言をしたのは初めてでした。


二人部屋ですが、もう一つのベッドは空きベッドでした。
もちろんその当時、赤い服を着た人や子供は一人も入院していませんし、友人には何も見えませんでした。



その話を聞いた友人は、その女性が寝ぼけていたと自分に言い聞かせたみたいです。


看護師が経験した病院の心霊など不思議体験4選!その3:霊感の強い看護副部長さんがやってきて一言、「今日もあの男の子来てるんだね~」…

これは私が勤めていた病棟での話です。
当時の看護副部長さんはとても霊感が強く、昼夜問わず幽霊が見える人でした。


時々病棟の様子を見るために巡回しており、その時に角の病室の方向を向いて言った一言でした。

その後話を聞くと、看護副部長さんが看護師10年目頃の時に病気で亡くなった男の子だそうです


看護師が経験した病院の心霊など不思議体験4選!その4:誰もいない病室からナースコールが…

これは、看護師が経験したことのある不思議体験としてよくあるのではないでしょうか。

昼夜問わずに、誰もいない病室からナースコールが鳴るのです。


誰もいないとわかっていても一応訪室しますが、もちろん患者さんはいません
ナースコールの誤作動などほとんどないと思いますが、一度ではなく、何回か経験したことのある先輩は、「また鳴ってるね」と特に考えることなく対応していました。


まとめ

私も働く前は、このような不思議な体験をすると思ってもいませんでした。

しかし、亡くなる人がいる場所ですので、病院で勤めている限り、少なくとも一度は心霊などの不思議な体験をするかもしれません。


今回は4つ紹介しましたが、まだまだあります(笑)。


病院で働くことが怖いと思う方もいると思います。

ですが、大丈夫です!!慣れますし、幽霊よりも生きている患者さんが血まみれになっている方が怖いです!(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です