牛乳が賞味期限切れ!いつまでだったら安全?危険?長期保存方法は?

スポンサーリンク

01

牛乳は切らさないようにしているという家庭は多いのではないでしょうか?筆者もカフェオレにしたり、料理に使うために冷蔵庫に常備するようにしています。安くなっていると家に残っているのに、つい買ってしまって賞味期限が切れそうになっていることも多いです。


賞味期限切れになってしまった牛乳、一体いつまで飲めるのか気になりますよね。今回は牛乳について、賞味期限切れのものは飲めるのか、いつまでなら大丈夫なのか、賞味期限が切れてしまった時の使い道などをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

【知っておきたい「賞味期限」と「消費期限」の違いとは?】

◆賞味期限と消費期限の違い

まずは賞味期限消費期限の違いについて確認しましょう。


賞味期限は「定められた方法に従って保存した場合に、その食品に期待される全ての品質を十分保っていると認められる期限」
つまり、見た目、ニオイ、味など全てにおいて美味しく食べられる期限です。


一方、消費期限は「定められた方法で保存した場合に、品質が劣化しやすく速やかに消費すべき食品」
つまり、期限までならば安全に食べられるという保証期限です。


賞味期限は過ぎても食べられますが、消費期限の過ぎたものは食中毒などの危険もありますので、なるべく食べない方が良いでしょう。


◆牛乳には賞味期限と消費期限どちらの表示もある!?

実は牛乳には、殺菌方法によって賞味期限と消費期限の表示されているものがあります。


・消費期限が表示されている牛乳

低温長時間殺菌法、63℃で30分加熱した牛乳で、菌が残っている可能性があるので、短い消費期限が設定されています。


・賞味期限が表示されている牛乳

超高温殺菌法で120~130℃で2~3秒加熱した牛乳で、高温で菌が死滅しているので、品質が長持ちするので賞味期限が設定されています。長いものだと、製造後90日もつ製品もあります。


【牛乳は一般的に賞味期限・消費期限はどれぐらい?】

◆牛乳の賞味期限・消費期限

スーパーなどで販売されている一般的な牛乳の期限は先ほどもお話した通り、殺菌方法で決まります。
低温殺菌の場合は製造後1週間以内に消費期限が設定され、高温殺菌の場合は製造後約2週間程の賞味期限が設定されます。
130℃以上の超高温で殺菌され、容器も特殊な製品だと60~90日の賞味期限が設定される製品もあります。


◆牧場の絞りたて牛乳

02

牧場で牛乳の手搾り体験や知人などが牧場を経営している場合、絞りたての牛乳が手に入ることがあるかもしれません。その場合の賞味期限についてご紹介します。


基本的には、牧場で売っている「絞りたて!」と書いてある牛乳でも、販売されるものは必ず加熱殺菌されています。販売されているものには基本的に期限が表記されているので、表記通りの日付までに飲みきれば問題ありません。


もらい物の牛乳の場合は、まず頂いた人に加熱したものか確認しましょう。牛乳は加熱処理していないものが人間が飲むと高確率でお腹を壊します。もし加熱していないものだったら、1度沸騰させて殺菌してから飲みましょう。自宅で加熱処理したものは3日以内には飲みきるようにしましょう。


【開封前・開封後の賞味期限切れ、いつまで安全に飲めるの?】

消費期限が表示されている牛乳は、その日が過ぎると急激に品質が悪化しますので、もったいないですが、捨てましょう。

スポンサーリンク

一方、賞味期限は美味しく飲める期限なので、味は落ちますが、飲むことはできます。しかし、気になるのはいつまで飲めるのかですよね。


未開封の場合は、賞味期限が過ぎたものでも3日位だったら飲んでも問題ありません。


また開封後は、開けた瞬間から空気中の菌に触れることになりますので、期限は関係なく開封後3日以内に飲みきるようにしましょう。


◆長期保存には凍らせる

牛乳が未開封で、消費期限までに飲みきれない時は、思い切って冷凍してみましょう!凍らせた牛乳は解凍してそのままは成分が分離していて美味しく飲めませんが、シチューやポタージュなどの加熱する料理には問題なく使えます。


おすすめは氷を作るトレーで小分けして冷凍し、凍ったらジップ付きの袋に入れておく方法です。小分けすることで、必要な分だけ取り出すことができるので、便利ですよ。


そのまま牛乳として飲むのはおすすめできませんが、アイスコーヒーに入れてカフェオレにすると氷で薄まらず最後まで美味しく飲めるのでぜひ試してみてください。


【捨てないで!賞味期限切れの牛乳使いみち3選!】

賞味期限切れの牛乳、飲めることは分かっても、小さいお子さんやお腹が弱い人などはそのまま飲むのは不安ですよね。そんな時は、下記の3つの方法で消費してみてください。


・ホワイトソース

03

ホワイトソースにすれば、グラタンやシチューなどに活用できるので、作っておくと、時短になって便利ですよ。冷凍保存もできます。


出典:作り置き☆簡単ホワイトソース


①玉ねぎとベーコンを薄切りにする。
②フライパンを熱しバターで玉ねぎとベーコンを炒める
③小麦粉を入れ透き通るまで炒める
④牛乳を4回に分けて入れ、湧いてきたらコンソメと塩コショウで調味
⑤好みの硬さにとろみになったら完成。


・コンデスミルク

イチゴなどにかけるコンデスミルク(練乳)が自分で作れちゃいます。牛乳と砂糖をただひたすら煮詰めるだけ。かさも減るので、冷蔵庫に長期保管しても邪魔にならないのでおすすめです。


出典:牛乳大量消費☆お鍋でコンデンスミルク☆


①牛乳と砂糖を鍋に入れ沸騰するまでは中火で加熱する
②沸騰したら弱火にして、半量くらいになるまで30分ほど煮詰める
③冷やして清潔な容器に入れたら完成


・フローリングのワックス代わり

04

牛乳に含まれる脂肪分でフローリングにツヤを与えてくれます。水と牛乳、雑巾があればできるので、どうしても使い切れない時には、床掃除に使ってみてください。


<やり方>
水1リットルに対して100mlの牛乳を薄める。雑巾を濡らしてかたく絞ったものでフローリングを拭く。乾いた雑巾で乾拭きして完成。


※フローリングによっては変色することもあるので、やる前に隅の目立たないところで試してからやりましょう。


【さいごに】

牛乳には殺菌方法によって賞味期限と消費期限が表示されているものがある


消費期限切れのものは飲まない
賞味期限切れのものは未開封に限り3日以内なら飲める
開封したものは3日以内に飲み切る


賞味期限切れの牛乳は、ホワイトソース、コンデスミルクなどで大量に消費でき、どうしても使い切れない時は、フローリングの掃除にも使える


賞味期限切れのものでも飲めるとお伝えしましたが、保管方法などによっては劣化が早い時もあります。開けてみて、明らかにニオイ・味・がおかしい時は飲まないようにしましょう。

スポンサーリンク