未開封のドッグフードが賞味期限切れだけど食べさせても大丈夫?ドッグフードの賞味期限は?




お得用のドッグフードなどを買って食べさせきれず賞味期限が過ぎてしまった、うっかり買っておいたドッグフードを忘れて賞味期限が過ぎてしまった……

賞味期限が切れてしまうとやっぱりそのドッグフードを食べさせるのは心配ですし、安全かどうかも気になりますよね。

とはいえせっかく買ったドッグフードを全部諦めてしまうのはあまりにもったいなく、どのくらい日持ちするのか、またドッグフードの賞味期限についても気になるところです。

今回は未開封のドッグフードが賞味期限切れしてしまった場合食べさせても大丈夫かどうか、ドッグフードの賞味期限のあれこれについて調べていきましょう!

スポンサーリンク

【未開封のドッグフードが賞味期限切れだけど、与えても大丈夫?】



まず最初に、そもそも賞味期限が切れてしまったドッグフードを与えても大丈夫かどうかという重要ポイントについてチェックしていきましょう。

ドライフードの場合は、製造からおよそ1年~1年半程度の賞味期限が設定されていることが多いです。

ドライフードは温度差に耐えられるように空気穴が空いていることが多く、正直賞味期限が過ぎてしまったドッグフードは与えないほうが安心です。

空気穴があるためどうしても風味が落ちる、酸化している可能性があり、また見た目に食べられるかどうかの判断がしにくいのもあります。

真空パックの場合は通常包装のドライフードよりは安心して食べさせることはできるものの、やはり賞味期限を超えないうちにあげるようにしていきたいですね。

セミモイストタイプのドッグフードの場合の賞味期限は大体2年程度と比較的長く、未開封であれば防腐剤や湿潤剤なども効果が持続しているので多少は過ぎても大丈夫です。

賞味期限が過ぎたとしても3ヶ月から半年ほどは食べられますが、開封した際にカビや虫がないか、異臭がしないかなどは必ずチェックしておきましょう。

缶詰などのウェットタイプのドッグフードの場合は賞味期限が更に長く、3年程度と設定されているタイプも多いです。



猫用クリスマスケーキ3選!手作りでは材料に注意!



開封済みの場合はすぐに食べなければなりませんが未開封の場合は酸化の心配もなくあげられるので、半年から1年程度は賞味期限が過ぎていても問題ありません。

とはいえ長期保存の缶詰は安い缶を使っていると缶の成分が溶け出すことがあり、ドッグフードに混ざってしまう可能性もあります。

見た目に違和感がある、異臭がする、犬がよりつかないなどなど、ちょっとでもおかしいと思ったら与えるのは避けたほうが安心ですね。


【ドッグフードの一般的な賞味期限は?】


ドッグフードの賞味期限はタイプによって違いがあるものの1年、缶詰など長期保存に向いているタイプの場合は3年程度になっていることが多いです。

いずれの場合も開封してしまったら基本的にすぐに食べたほうがよく、ドライフードのように日持ちするようなタイプでも一ヶ月以内には食べるようにしておきましょう。

どのタイプのドッグフードも酸化する可能性があり、見た目に変化や異臭があれば賞味期限内であってもあげないほうが安心です。

またドッグフードは穀物が使われているので穀物につく虫がつきやすく、日頃から高温多湿を避け早めに食べる習慣はつけておきましょう。

いずれにしてもいつもあげているドッグフード、見た目に違和感を感じたり異臭を感じたりすればそれは状態が変化していると言えるので、未開封の場合であってもあげないほうが安心です。

【ドッグフードや犬のおやつの保存方法は?冷凍や冷蔵保存は可能なの?】


ドッグフードや犬のおやつの保存方法の基本は、やはり直射日光を避ける、高温多湿にならないようにすることです。

またできるだけ空気に触れないように空気をしっかり抜いてから口を閉じて保存し、美味しく食べられる状態を維持できるようにしておきましょう。

理想を言えば最初に開封した際に1食分ずつ小分けにし、保存できる袋に入れて空気を抜いておく方法が理想です。

こうしておけば空気に触れる回数も非常に少なくあげるときは楽にもなるので、ぜひ余裕があれば小分けに保存しておきましょう!

楽天市場などでは次のように乾燥剤が不要のアルミ保存袋などが販売されているので、ぜひ活用してくださいね。

商品サイト:


また袋などを使わない場合も酸化しにくいフードストッカーを上手に利用していく方法もあり、袋のまま放っておくよりもはるかに安心できるのでおすすめです!

商品サイト:

【賞味期限切れや腐ったドッグフードの処分方法は?】


残念ながら賞味期限が過ぎてしまったドッグフードを処分する場合は、基本的にそれぞれの自治体の分別に従って区分けし、処分するようにしてください。

最も注意が必要なのは缶詰のドッグフードで、ほとんどの自治体では缶詰に食品などが入っているものはそのまま捨てることができません。

缶はもちろん燃えないゴミなどそれぞれの自治体の分類で、中身はきちんと取り出して燃えるゴミなどで捨てる必要があります。

缶についてはスチール缶・アルミ缶などは資源回収に分別する場合、鉄缶などの場合などやはり自治体によってルールがあるので、必ず確認して分類するようにしてくださいね。

【まとめ】

ドッグフードは決して安くないものでついお徳用などをまとめ買いしてしまいたくなりますが、やはり保存方法などは注意しなければなりません。

また賞味期限についてもやはり安心・安全に食べられる期限として設定されているので基本的には守り、過ぎてしまったものを与える際は違和感がないか必ず確認するようにしてくださいね。

保存方法についても高温多湿や直射日光を避けるなど基本的な保存方法を守り、大事なペットに美味しいドッグフードをいつでもあげられるようにしておきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です