お盆・お彼岸・お墓参り

お盆・お彼岸・お墓参り

日向薬師の彼岸花の開花状況・見頃2018!彼岸花ウォークとは?

神奈川県伊勢原市の北端部に、彼岸花の群生地として有名な、「日向(ひなた)」と呼ばれる地域があります。そこで今回は「日向薬師の彼岸花」の見頃を調べている人へ、情報をまとめてみました。
2019.06.14
お盆・お彼岸・お墓参り

半田市矢勝川の彼岸花の開花状況・見頃2018!ごんの秋まつりのみどころは?

愛知県の知多半島を流れる矢勝川(やかちがわ)は、彼岸花の名所として広く知られています。矢勝川堤沿いの2キロの散歩道では、例年、彼岸花の見頃の時期に「ごんの秋まつり」が開催されます。今回は「半田市矢勝川の彼岸花」の見頃を調べている人へ、情報をまとめてみました。
2019.06.14
8月のお祭り

沖縄うるま市エイサーまつり2019の魅力総まとめ!みどころは?道じゅねーとは?

「エイサー」とは沖縄県と鹿児島県の奄美群島で行われる伝統芸能の踊りのことです。 なかでも人気があるのがうるま市の「エイサー」です。 なぜ人気なのかというと、うるま市は2005年に市町村合併により、具志川市、石川市、中頭郡勝連町・与那城町が新設合併して出来た新しい市ということで、エイサーが元々盛んだったこの地域が統合して、一度に4つの「エイサーまつり」が見られるようになったからのようです。 よって、うるま市にはたくさんの青年会、子ども会、エイサー保存会が集結し、いろいろな踊りを見ることが出来るということで、観光客はもちろん、エイサー好きの沖縄県人たちからも注目されているのが「うるま市エイサーまつり」です。 今年2019年度の開催日も、8月30日(金)~9月1日(日) ※30日は前夜祭と決まりました。 詳細はまだ公表されていませんが、例年どおり見どころ・魅力を紹介しようと思います。 今年は少し遅めの夏休暇を沖縄旅行にあてようと考えている人は、海や観光地巡りの他に、「うるま市エイサーまつり」に参加することを、プラスしてみませんか? きっと本来の沖縄の姿を、存分に味わえる旅行になること、間違いなしです! 「うるま市エイサーまつり2019」の魅力と、沖縄独特の言い回し「道じゅねー」とは一体何なのか、詳しく紹介していきますね。 具志堅用高さんの「そっちゅねー」とは関係ありません^^ "ちゅねー"じゃなくて"じゅねー"ですから! 笑 青い空、透きとおる海、そして躍動感あふれるエイサー祭り! 人よ
2019.06.06
イルミネーション

京都のお盆の風習「おしょらいさん」とは?京都お盆の行事完全ガイド!

お盆の時期の京都と言えば、大文字の「五山送り火」ではないでしょうか? しかし、他にもさまざまな習慣があります。 京都ではお盆の時期にだけ帰ってくるとされるご先祖の霊を親しみを込めて「お精霊さん(おしょらいさん)」と呼びます。 ぜひ、お精霊さんが帰ってくるお盆の時期に京都に行かれる予定の方は、事前に知識を得てから遊びに行ってください。 京都のお盆の風習「おしょらいさん」とは?京都ならではの風習とは? 京都ではお盆の時期にだけ帰ってくるとされるご先祖の霊を親しみを込めて「お精霊さん(おしょらいさん)」と呼びます。 毎年8月7日から10日にわたって六道珍皇寺(京都府京都市東山区小松町 大和大路通四条下る四丁目小松町595)では「六道まいり」が行われ、迎え鐘が鳴り響きます。 京都で
2019.06.03
8月のお祭り

台湾のお盆!?「鬼月」とは?日本のお盆との違いは?鬼月ガイド!

台湾の「鬼月」という期間を知っていますか? 簡単に言えば、日本のお盆のような期間なのですが、日本よりもずっと長く、その期間に気を付けないといけないルールも多くあるんです。 この時期に台湾に遊びに行く人はぜひ気を付けてほしい内容なので、ぜひ本文をチェックしてくださいね。 台湾のお盆!?鬼月とはどんな行事なの? 台湾のお盆のような鬼月(おにづき・グィユエ)ですが、日本の場合はお盆にはご先祖の霊があの世から帰ってくるから遺影に手を合わせたり、墓参りに行くのが一般的ですよね。 ですが、台湾の鬼月では、ハロウィンのようにあの世からご先祖の霊といっしょに、悪い霊も一緒に戻ってきます。 そのため、悪い霊に憑りつかれない様にいくつものタブーが設けられているんです。 しかし、現在では若者を中心にこのタブーを無視して、過ごす人が増えているようです。 日
2019.06.03
お盆・お彼岸・お墓参り

病院のお盆休み2019!お盆休みに急病・怪我になったらどうする?

まず、お盆は8月13日迎え火に始まり8月16日の送り火で終わります。 この8月13日から8月16日の4日間のことを一般的にお盆と呼んでいます。 2019年のお盆休みですが、一般的な企業では、効率が悪いですが土曜日を出勤にして8月11日から8月16日までの6日間、または多くの大企業などは、例年通り8月10日~8月18日の9日間になるでしょう。 市役所や郵便局などの行政機関は、お盆休みはなく土・日・祝日しか休みがありませんが、病院はそれぞれの経営形態で事情が違います。 ゴールデンウィークを過ぎ、待ちに待ったお盆休みは楽しみですね。 でも、お盆休みにうっかり病気や怪我をしてしまう場合もあります。 すぐにでも治療して貰いたいですが、お盆休みに病院はあいているのでしょうか。 そこで今回は、 病院のお盆休み2019! お盆休みに病院があいているのか?
2019.06.02
8月のお祭り

おわら風の盆2019見どころ総まとめ!前夜祭・本祭はどちらがおすすめ?

〝日本の祭り″といえば神輿(みこし)や山車(だし)といったような『動』のイメージを抱く人も多いと思いますが、「おわら風の盆」はそれとは正反対の『静』が似合う、しなやかで、優雅な祭りです。 富山県と岐阜県の県境に位置する、越中八尾(やつお)で行われている「おわら風の盆」は300年以上も前から、ここ八尾に住む人たちに大切にされ、受け継がれてきた行事です。 風の強いこの地域で、風を鎮め五穀豊穣を祈願するための唄と踊りの「おわら風の盆」 決して観光目的ではなく、土地に住む人たちのためのお祭りが、見た人の心に残り伝えられ、今や人口約5,000人の町に、例年25万人程度が訪れるという、大きな祭りとなりました。 「おわら風の盆」は前夜祭と本祭にわかれて行われていますが、それぞれがどんなお祭りなのか、人々を魅了してやまないこのお祭りを、初めて楽しむためにはどうすればいいのか、今年の詳しい概要とこの祭りの魅力を兼ねてご紹介していきますね。 北陸の風物詩!おわら風の盆2019とその歴史
2019.06.02
8月のお祭り

日比谷公園盆踊り2019!盆踊り参加初心者ガイド!屋台も楽しみ!

東京の夏の風物詩のひとつとなった日比谷公園での盆踊り、(正式名称は「日比谷公園丸の内音頭大盆踊り大会」)が8月に開催されます。 都内最大の盆踊り大会といわれ、毎年4万人もの人で賑わう盆踊り大会です。 この盆踊り大会は日比谷という都内有数のビジネス街で開催され、観光地でもある場所なので、会社員や外国人観光客が多く参加し、いろんな人が集まるお祭りです。 そこで今回は「日比谷公園盆踊り」に初めて参加をしようと思っている人へ、情報をまとめてみました。
2019.06.02
7月のお祭り

恵比寿盆踊り2019!屋台も楽しみ!盆踊り参加初心者ガイド!

東京・恵比寿駅前で7月に、毎年恒例の大規模な盆踊りが開催されます。 参加者は年々増加傾向で、例年2日間で約6万人以上の人たちがこのお祭りに集まります。 お祭り当日は、周囲は完全に通行止めになり、恵比寿駅前のロータリーにやぐらが立てられ、多数の露店や屋台が出店し活気が溢れるお祭りです。 そこで今回は「恵比寿盆踊り」に初めて参加をしようと思っている人へ、情報をまとめてみました。
2019.06.02
お盆・お彼岸・お墓参り

神道の実家で初盆を迎えることに!祭壇は?お供えは?のしは御仏前でいいの?

実家が神道なのは良くても、初盆を迎えて、一体どうやって執り行えばいいのかさっぱりだという人も多いことでしょう。お盆の作法は意外と複雑でちゃんとやるには事前の情報収集が欠かせませんよね。今回は神道の初盆の迎え方をご紹介いたしましょう。
2019.05.16
タイトルとURLをコピーしました