初盆の服装女性向け正解ガイド!ストッキングは履く?平服でいいよ、の意味は?

スポンサーリンク


旦那さんのご家族や祖父母の初盆などに招かれた際に、どんな服装で行けばいいか迷ってしまいませんか?服は喪服を選んだとしても、メイクやストッキングの色髪型はどの程度のものがいいのかよく分かりませんよね。


はがきに平服で良いなんて記載されていることもあります。平服とは何か迷うのではないでしょうか?そんな初盆の女性の服装の疑問にお答えします。


スポンサーリンク

初盆を迎える女性向け服装ガイド!これが正解!ストッキングは?


まず、初盆ともなれば夏ですよね!地域によってまちまちですが、7月13日~16日もしくは8月13日~16日に設定されるものです。夏なので喪服の半袖のワンピースがベストだと思います。


ワンピースだとゆったりとしているので、長時間の正座も苦になりませんからね。クーラーの効いた部屋に行くこともあるので、ジャケットも持参すると良いでしょう。


スーツの場合は、白いシャツと黒いスカート姿(パンツも可)でも大丈夫でしょう。ただし、ジャケットは周りに合わせて着られるように持参しましょう。


露出度は抑えて!授乳中や妊娠中は?

夏向けの喪服がベストですが、普通の服を選ぶ場合は、なるだけ胸元が開いていない、露出度の少ないものをチョイスしましょう。スパンコールや派手な装飾もNGなので、気を付けてください。


ただし、授乳中や妊娠中の場合は、紺や黒で、キラキラしておらず、シンプルなデザインであれば手持ちの服でもOKとされる場合が多いので、相手側の家族に事前に相談しておくと良いでしょう。


靴はもちろん、黒いパンプスにしましょう。つま先が開いており、肌が見えているものはNGです。また、光沢があるデザインもNGですよ。ストッキングは、黒の飾りのないものを選びましょう。



初盆を迎える女性向け正解メイクは?

女性の場合は、メイクも難しい問題ですよね。派手にしてはいけないのは何となく分かると思います。


アイメイクや口紅はどうする?

派手になりがちなアイメイクですが、キラキラのラメ入りのアイシャドウが多いですが、明るい色ではなく、ヌーディーなものにしましょう。ラメも小さめのものがよいでしょう。持っていない場合は、つけない方が良いでしょう。

口紅も真っ赤なものや明るいピンクではなく、落ち着いたベージュ系のものをチョイスしてください。


気を付けたいNGメイク

つけまつげとカラコンはNG、濃いアイライナーやマスカラも控えましょう。

最低限のメイクで行く、を目安にすると濃くならないと思います。また、成人女性がノーメイクで行くのは失礼なので、きちんとメイクはして行くようにしましょう。


マナーカフェ Lesson hair & make 4



初盆を迎える女性向け正解の髪型は?

髪型は、巻き髪や盛り髪、おろした状態で行くのはNGです。
ハーフアップやもしくは後ろでまとめておくのがベストです。


初盆ともなると、親戚が集まって食事会になりますよね。その際に、お手伝いをすることも多いでしょう。長い髪の方は邪魔にならないように、後ろで束ねているのが良いと思います。装飾ナシなら、まとめ髪でもOKですよ。


ヘアーアクセサリーは黒いもののみを使用しましょう。もちろん、キラキラした装飾のないシンプルなものにしてくださいね。


↓ロングまとめ髪

5分あればできる簡単で上品なまとめ髪



↓ミディアムまとめ髪

着物に合うまとめ髪 ギブソンタック SALONTube サロンチューブ 美容師 渡邊義明



↓ショートにおすすめ

ショートヘアのワックスのつけ方



平服でいいわよ?と言われた!その意味は?


よく初盆の案内はがきで見かける「平服」ですが、どんな意味があるんでしょうか?平服とは、正装を略したものということです。つまり、喪服を簡略化したものを着てきてほしいということです。なので、普段着とは少し違います。絶対に、ジーパンや短パンで出かけてはいけません。


無難なのは、紺や黒、グレーなどの落ち着いた色のワンピースです。真珠系の装飾ならギリギリOKですが、スパンコールのようなキラキラしたものはNGです。


ワンピースが不安な場合は、暗い色のスーツで行くとハズレがありませんよ。中に着るシャツは白をチョイスしましょう。胸元が開いてしまうようなものは選ばないようにしてくださいね。さらに、素足はNGなので、肌色のストッキングをはいていくようにしましょう。


靴も黒いパンプスがベストでしょう。ただし、光沢のないものを選ぶようにしてください。さらに、夏場に探すと多いのが、つま先が開いているものですが、これは肌の露出を高くしてしまうのでNGです。


【最後に】


初盆ともなると、夏場でも基本は喪服です!メイクや髪型も地味なものが良いとされているので、しっかりとポイントをおさえておきましょう。

また、初盆ともなると、食事会が家の中で行われるのが通例です。女性は台所の手伝いが必須なので、冠婚葬祭用の白いエプロンを一枚用意しておき、当日は持参しておくと良いでしょう。ぜひ、満点のファッションで初盆に挑んでくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です