唐津くんち2017見どころパーフェクトガイド!混雑予想は?アクセスは?

スポンサーリンク

秋になると九州では各地で「くんち」と呼ばれるイベントが開催されるのですが、その中でも「3大くんち」としてよく知られているひとつ、「唐津くんち」をご存知でしょうか。


唐津くんちは毎年11月のはじめに開催される行事で、知らないと名前だけではどのようなお祭りなのか分からないですよね。
ここでは唐津くんちがどのようなお祭りなのか、開催日程はもちろん、その魅力やアクセス方法まで幅広く紹介していきます。
唐津くんちがどのようなお祭りなのかを知って、ぜひ今年の秋は唐津くんちへ遊びに行ってみませんか?


スポンサーリンク

【佐賀の秋の風物詩「唐津くんち」とはどんなお祭り?】



九州各地で開催される「くんち」ですが、これは北九州の方言で「秋祭り」のことなんですね。
「唐津くんち」はつまり「唐津の秋祭り」、そして唐津とは唐津神社のことを言います。
全国的に分かりやすく表現すると「唐津神社の秋季例大祭」となり、こう読み取っていくとどういったお祭りなのかも分かりやすくなりますね!


「くんち」「供日」とも書き、「収穫への感謝を神社に奉納する=神様にお供えをする=供日」となったという説が有力です。


そんな唐津くんちは毎年11月2.3.4日に開催され、山車を唐津の城下町で「えんやえんや」「よいさよいさ」と引き回す、独特の雰囲気があります。
3日間で50万人もの方が訪れる大きな行事で、県内や国内だけではなく海外からの観光客も訪れる九州地方の中でも人気のイベントなんですよ!


そんな唐津くんちの今年の日程や詳細は以下になりますので、忘れないようにチェックしておきましょう!


日程:2017年11月2日(木)から4日(土)


2日…宵山(19時半から22時)
3日…お旅所神幸(9時半から16時半)
4日…翌日祭(10時から17時半)


場所:唐津市市街(唐津神社)




【唐津くんちといえば「曳山」!大迫力の曳山トリビア】



先程お話した通り唐津くんちのメインイベントといえば「曳山」なのですが、唐津くんちの山車は他の地方とかなり違います。


一般的な山車の装飾部分は提灯の絵や人形、布の幕などですが、唐津くんちの場合は粘土で土台を作り、その上から200枚もの和紙を重ねます。
こうやって中の粘度をはずしてから下地を7.8回塗り、漆を塗って、その上から色付けや金箔による装飾を施すんです。


この手順を聞くだけでもものすごい手間がかかってそうと想像できますがそれもそのはず、唐津くんちの曳山は最初から作るとなると1~2億は下らないほどかかってしまうんです。
ちなみに一般的な山車は2~500万円、これを聞くと唐津くんちの山車が特別というのも本当に分かりますね……!


実物がどのようなものかについては文字よりも動画でご覧いただくことをおすすめしますので、次の動画もぜひ参考にしてみてください。


唐津くんち 2016 曳山



このように特別な曳山ですが唐津くんちではそれぞれ町ごとに作っていますので、合計14基存在しています。
それぞれ赤獅子や青獅子、飛竜、鯛などのお祭り的なデザインはもちろん、浦島太郎や武田信玄の兜をモデルにしたものなど、個性も際立っていますよ!


【曳山以外の唐津くんちの魅力とは?】



曳山は毎日それぞれ見どころがありどれもおすすめなのですが、せっかくの唐津くんち、それ以外の魅力も見てみたいですよね!
唐津くんちの曳山以外の見どころについてもいくつかご紹介しますので、せっかくの機会、ぜひ様々な唐津を見てみてください。


◎見どころ1:くんち料理

くんち料理とはそれぞれの家庭でお祭り期間中に用意される料理のことで、たくさんの方が訪れても良いようになんと300人分の料理を用意する家もあると言われています。


エビやカニ、かまぼこなどを使った色とりどりの料理を大量に用意し、さらにそれを大きなお皿(1m程もあるものもあるとか!)に何皿も用意したりします。
くんち料理はくんちの期間、3日分だけで3ヶ月の給料を使い果たすというほどの逸話もあり、唐津くんちへの意気込みを感じますね!


◎見どころ2:アルピノ

アルピノというのは唐津駅から1分ほどの場所にある物産展のことで、唐津焼などのお土産や御食事処などがあり、お祭り期間中の休憩場所やお土産を探す場所としておすすめです!


◎見どころ3:曳山展示場

ちょっとお祭り期間中の見どころとしては逸れるのですが、どうしても唐津くんちへ行けなかった方へおすすめしたいのがこちらです。
場所は唐津神社の隣になり、14台の曳山が格納されている場所ですので、「見逃してしまったけれどちょっとだけでも見てみたい」という方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね!


【唐津くんちの混雑予想!会場までのアクセスは?駐車場は?】



次に、唐津くんちへ遊びに行くためのアクセス方法や駐車場、そしてどの程度混雑するのかの予想などをお伝えしていきたいと思います!


◎アクセス方法

電車の場合
「福岡空港」「JR博多駅」から福岡市営地下鉄空港線「西唐津」行き→JR唐津駅にて下車


バスの場合
博多バスターミナルまたは西鉄天神バスセンターから昭和バス「からつ号」に乗車(唐津くんち期間中特別停留所となりますのでご注意ください)


車の場合
九州自動車道「福岡インターチェンジ」から福岡都市高速 福重ジャンクションから西九州自動車道→二丈浜玉道路経由→唐津市街地


◎駐車場

唐津神社周辺(徒歩で2分から20分程度)のところに合計7ヶ所駐車場があり停めることが出来ます。
……が、唐津くんちは50万人もの来場者、さらには曳山巡航による交通規制などがありますので、基本的に車でお越しになるのはあまりおすすめしません。


唐津くんちの期間中はいつでもどこでも混雑しますので、正直なところイベント期間中混雑していないということはほぼありえないと思っておいたほうが良いです。
スケジュールは余裕を持って考え、見たいイベントを見逃してしまうことがないように調整しておきましょう!


【まとめ】

唐津くんちの規模は非常に大きく、基本的には車ではなくバスや電車を使って遊びに行くことをおすすめします。
本当にびっくりするほどたくさんの方で溢れかえっていますが、それに見合うだけの楽しさやおいしいくんち料理などもあります。
ぜひ今年の秋は唐津くんちへ遊びに行ってみて、その魅力や味をたくさん見て、楽しんできてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です