目黒大鳥神社酉の市2018!初心者向け粋な歩き方・熊手の買い方完全ガイド!


目黒 大鳥神社で無病息災、商売繁盛、火難除けの御利益ゲット!
関東の年末の風物詩である酉の市。


商売繁盛に御利益のある熊手を購入できる酉の市ですが、実は目黒の大鳥神社は商売繁盛以外にも御利益のある神社です。特に飲食店を営む人にはぜひ行って頂きたい神社です。


酉の市はそもそもどんなイベントなのか、いつやっているか
目黒の酉の市がおすすめの理由
熊手の相場や買い方・飾り方
目黒以外の都内の酉の市のおすすめ

などを予習して、あなたも2018年 酉の市デビューしちゃいましょう!


スポンサーリンク

11月の風物詩:酉の市ってどんなイベント?由来は?

酉の市のはじまり

酉の市は、現在の足立区花畑にある大鷲神社の近くに住んでいる農民が、収穫祭として始めたのが起源です。大鷲神社の御神体である日本武尊の命日である11月の酉の日にちなんで行ったのだそうです。


関東を中心に日本武尊や、鳥を御神体としてまつる神社で広く酉の市が行われていますが、現在では、愛知や大阪などでも開催されるようになりました。


飾り熊手の由来

酉の市で売られているものといえば「熊手」。
どうして熊手が縁起物として売られるようになったのでしょうか。


元は農民の収穫祭だった酉の市です。農具である、鍬(くわ)や熊手なども農作物と一緒に売られていました。そのうち、お祭りっぽさを出すために、縁起物である小判や七福神などをおまけでつけるようになりました。


熊手だけが現代に残った理由。それは形と使い方
ワシの爪のような形をしているので、運をわしつかみできる。
落ち葉などを掻き集める様子から、幸運や集客に御利益があるというふうになりました。


商売人や経営者が多く酉の市に来る人気の理由はここにあります。



目黒大鳥神社の酉の市、みどころ・歩き方!


各地で11月に開催されている酉の市。
目黒が特に商売人に人気の理由はどこにあるのでしょう。
また、目黒の酉の市のみどころおすすめの歩き方についても触れていきます。


人気の理由

・神社の名前と御利益

大鳥神社の名前が「大取」→大きく取り込むに通じるため、人や福をたくさん招くことができるとして、商売繁盛の神様とされています。


また、火難除けの御利益がある神社のため、11月に3回酉の日があるのを「三の酉」といい、その年は大火事が起こるとされたため、火難除けの御利益がある目黒に人が多く訪れるようになりました。


・歴史ある神社

目黒区の中で最も古く、江戸時代にはあったとされ、特に地元の人に愛される由緒正しい神社なのです。


・アクセスの良さ

ビジネス街が多い山手線の目黒駅から徒歩7分の立地です。
駅を出てすぐの目黒通りを下り、山手通りとの大きい交差点にある大鳥神社。
酉の市が開催されている日は、駅から案内が出ているので、迷うことはありません。


みどころや歩き方

目黒大鳥神社の酉の市は浅草や新宿と比べると、規模はだいぶ小さいです。
しかし、古くから地元民に愛される大鳥神社です。
酉の市開催中は、神楽などの舞も奉納されますので、ぜひこの神楽も見て頂きたいです。


神楽は時間が決まっていますので、夕方頃に目黒に着くように行き、
露店で屋台メシを買ったり、遊んだりして境内でお祭り気分を十分に味わいます。


19時頃~神楽がはじまります。見終わったら、熊手を買いましょう。


今年の開催日程

2018年の目黒大鳥神社の酉の市開催日程


一の酉 11月 1日朝から夜まで
・社殿で太々神楽、熊手の舞が奉納されます。(7:00PM~)


二の酉 11月13日朝から夜まで
・江戸消防記念会の木遣りが奉納されます。(11:00AM)
・社殿で太々神楽、熊手の舞が奉納されます。(7:00PM~)


三の酉 11月25日朝から夜まで
・社殿で太々神楽、熊手の舞が奉納されます。(7:00PM~)


御朱印は初穂料:300円で 授与所にていただけます。
例大祭や酉の市のみ開催中に書き置きのものを頂けるので是非ゲットしてください。


一昨年の様子
目黒の大鳥神社酉の市



はじめてでも大丈夫!目黒酉の市で熊手の買い方!選び方!

御利益いっぱい、アクセスもしやすいといわれても、現代っ子の人は露店でモノを買うのには慣れていませんよね。(私もビビりなので、気持ちは分かります)


それに、身の丈に合っていないものや作法を間違えたら・・・と思うとなかなか買いづらいそんなアナタでも安心して熊手を購入できるように、相場、買い方、飾り方を徹底解説します。


初めは安いものから買いましょう

熊手の売れ筋は10,000~50,000円程。
でも初めて買う方は、できるだけ安く小さいものを買いましょう
最初は1万円以内のものがいいでしょう。


熊手は少しずつ大きく値段の高いものにするのがいいとされています。
最初から数万円もするものを買ってしまうと、あとが大変になってしまうかも?
でも、大丈夫です!昨年とおなじ大きさのものを購入するのはありだそうです。


熊手の粋な買い方

熊手は「粋な買い方」があります。
お金持ち気分を味わえる貴重な機会です。ぜひやってみてください。


1 予算を決める

2 好きなデザインの熊手の目星を付ける

3 お店の人に価格を聞く

4 値切る

5 また値切る

6 いい感じに値切れたら、価格交渉終わり
値切った価格で支払うのは、ちょっと待ったーー!

7 最初の価格分の金額を支払います 

8 お釣りはもらいません  ←ここが重要

これが、酉の市での熊手の粋な買い方です。


熊手の飾り方

買ってきた熊手は、玄関の上か入り口に向けて飾ると、より多くの福を招くといわれています。家や会社の玄関や神棚、仏壇などに飾るといいです。


また、神棚や仏壇のある家は、そこに供えてもいいでしょう。
間違っても、北向きに飾ったり、天井に張り付けたりしないでくださいね。


東京都内のおすすめ酉の市3選!新宿花園神社もおすすめ!

関東全土で30か所以上で行われる酉の市。
都内で行われる酉の市の中で目黒以外でのおすすめを3つ紹介します。


新宿 花園神社


新宿三丁目駅のE2出口を出てすぐのところにあります。
境内に3つの神社があり、芸能の神様、食べ物の神様、縁結びなどたくさんの御利益がある神社です。
日本で最後の見世物小屋も見られるので人気です。


浅草 鷲神社

800もの屋台、150もの熊手屋が軒を連ねます。
浅草の老舗の味も、露店で出店します。
関東の酉の市の中では一番混雑します。


練馬 大鳥神社

神楽や投餅もあります。
都内の酉の市の中では、そこまでの人出ではないので、
比較的ゆっくり見れるので、家族連れにはおすすめです。


忙しくて酉の市に行けないよ・・という方はネットで!

・いつも縁起物で買っている熊手、
今年は酉の市開催の曜日に予定がギッシリで行けない。

・今年こそは酉の市で熊手を買うぞ!と意気込んで神社に行ったけど
あまりの人手の多さを寒さで心が折れた・・・・

・熊手は買いたいけど、荷物になるから持って帰るのが億劫・・・

・なるべくカードで支払いたい、ポイントをためたい!

という方は、楽天市場でも販売していますのでネットから購入をしてみるのもいいですね


色々なサイズが揃ってますし、ふるさと納税の返礼品として熊手があるようなので
今年のふるさと納税に間に合わせたい人にも使えますよね!










私は忙しくて行けなかったので小さいサイズをネットで買いました!
ご利益に期待♪


【まとめ】

目黒 大鳥神社は、商売繁盛、火難除けに御利益がある歴史ある神社
目黒では「お不動さん」と並んで、「お酉さま」の名で愛され、古くから目黒の人々、さらには江戸庶民より信仰を集めてきた由緒ある神社です。


2018年の酉の市は
一の酉 11月 1日朝から夜まで
二の酉 11月13日朝から夜まで
三の酉 11月25日朝から夜まで


目黒大鳥神社には駐車場はありますが、お祓いを受ける人のみ使用できるので、酉の市に行く場合は、電車&徒歩で行きましょう。


商売をする上で、火事は大敵ですよね。
今年は商売繁盛しつつ、火難除けもできる目黒大鳥神社の酉の市に行ってみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です