お盆の御仏前相場は3,000円~5,000円!お金でなくお菓子でもOK!御仏前ガイド

お盆・お彼岸・お墓参り

はじめて迎えるお盆

お仏壇に供える御仏前を用意しなければなりません。

御仏前にはどのくらいの金額を包むのが一般的なのでしょうか。

実は、御仏前はお金ではなく、お菓子でも良いんです!

今回は、お盆の御仏前に包む相場金額と、お菓子について調べてみました。

お盆の御仏前金額相場は3,000円~5,000円!もっと多くなくていいの?

2

はじめて迎えるお盆は、心配なことばかりですね。

御仏前に包む金額は、いくら位が妥当なのでしょうか。

実は、御仏前に包む金額の相場は、3,000円~5,000円。

意外にも少ない金額でOKなんです。

お供え物として包むときは、3,000円~5,000円を目安に、地域やその家のしきたりなどに合わせるようにしましょう。

そもそもお盆の御仏前は、金額が決められている訳ではありません。

もし、その地域や家のしきたりがわからないようであれば、5,000を包んでおけば失礼がないでしょう。

御仏前ののし袋は?表書きは?新札の必要ある?

お盆の御仏前を用意する時には、のし袋の書き方も必要ですね。

用意するのし袋、書き方、用意するお札などをご紹介していきます。

用意するのし袋は白黒・黄白の水引。結び切りを選びましょう。

のし袋の表書きは「御仏前」「御供物」

用意するお札は新札・旧札どちらでもOK!

あらかじめ分かっている法事の時は、新札を用意する時間があるので新札OKです。

のし袋を用意する時、「御霊前」と「御仏前」で迷ったことはありませんか?

この2つは、同じように売り場に並んでいることがほとんどです。

御霊前…故人のみたま(御霊)に供えること

御仏前…故人が成仏した仏様に供えること(正式:御沸前)

御霊前と御仏前の違いもハッキリとした明確な理由があるんですね。

御仏前はお金じゃなくてお菓子や果物でもいいの?相場は?

4

さて、お盆の御仏前を用意するには、なにも現金だけではありません。

現金ではなく、品物を用意する家庭も多いのではないでしょうか。

用意する金額は、現金の相場と同じ3,000円~5,000円ほどでOK!

毎年の負担にならないよう、無理のない金額で用意することがポイントです。

お盆の御仏前に最適な品物

お菓子

個包装のお菓子が最適!

賞味期限が長いものが喜ばれます。

 

果物

果物なら詰め合わせ!

但し、お菓子に比べ賞味期限が気になるところ。

よって、果物のぜりーの詰め合わせのようなものが良いでしょう。

御仏前をいただいた場合のお返しは何を返したらいい?いつまでに返す?

5

もし御仏前を頂いた側だった場合、御仏前のお返しを考えなければなりません。

お盆の前に考えておけるとスマートに対応できますが、お盆を過ぎてからお返しすれば問題ありません。

御仏前のお返しのルール

・金額は頂いた金額の1/3~半額程度。

のし書きは「志」が多く、他にも「初盆志」「御初盆志」など。

・品物は、お菓子、調味料、洗剤など

御仏前のお返しは、遅くてもその月の月末まで!

また、新盆の法要を行う場合は事前に用意しておくことが必要です。

参列者に御仏前を頂いたら、当日お渡しできるお返しの品物を用意しておきましょう。

まとめ

6

御仏前のマナー

御仏前に包む金額の相場は、3,000円~5,000円

品物の場合も4,000円前後でOK!

・のし袋「白黒」「黄白」の水引、結び切り。

・表書き「御仏前」「御供物」

・新札・旧札どちらでも可

品物の場合

・お菓子

・果物

御仏前のお返しのルール

・お返しは、頂いた金額の1/3~半額程度。

・のし書き「志」「初盆志」「御初盆志」

・お菓子、調味料、洗剤など。

初めて迎えるお盆

用意する御仏前は、その家のルールや地域によって差があります

もし誰にも聞けないようであれば、初めは基本的なルールでOK!

マナーを知って、無理のない御仏前を用意しましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました