大型台風が接近!学校が休みになる基準や判断は?沖縄はどうしてる?

スポンサーリンク


夏が過ぎると台風がよく接近する季節になり、天気予報や台風情報が気になるようになりますね。
最近は大型の台風が接近し大きな被害になることも多く、安全面なども本当に警戒しなければならない季節でもあります。


そうなると気になるのが、「台風が来た場合の出勤はどうすれば良いの?」「自宅待機の基準はあるの?」といった、自分の生活に直結する部分ですよね。
学校で基準がある場合もありますが、やっぱりどういった判断の仕方をしているかも気になるところです。


大型台風が近づいてきたときなどは学校に行くべきかどうか、自宅待機するべきなのかの基準や判断について、チェックしておきましょう!


スポンサーリンク

【9月といえば台風の季節!学校が休みになる基準は?】


台風がいつ接近するのかと言うと、もちろん季節外れの台風も記憶にある方もいらっしゃいますが、大体は「9月頃」になりますよね。
でも実は台風の発生はもっと幅が広く、「台風の季節」と見るならば、この期間はもっと長いです。


しかし春や秋の台風は緯度が低い赤道のほうで発生することが多く、発生場所の東風に乗ってフィリピンやベトナム、中国南部のほうに移動することが多くなります。
そして夏から秋にかけての季節は太平洋高気圧が強まり、台風が日本の方に引き寄せられてしまっているんですね。


ですから台風が多い季節は7~10月、特に「9月頃」という印象が強くなるのです。


ちなみに通学停止や自宅待機の明確な基準があるかという疑問なのですが……実は、ありません。
気象警報が出ている場合に法令上で「学校に越させてはならない」というルールはなく、出勤停止や自宅待機といった判断はほとんどの場合、各地の教育委員会が事前に作ったマニュアルを元にしています。



【沖縄・九州と東京の学校だと休みになる基準が違う?】

台風はどうしても影響が大きい地域と小さい地域がありますし、先程もお話した通り、法的なルールはありませんので台風の基準に関しては各地の教育委員会のマニュアルによります。


そうなると影響の大きい地域、例えば沖縄や九州地方などと、影響が小さい地域でそれぞれ基準が違うということももちろんあります。
また私立の学校の場合は判断が校長先生次第という場合もありますので、休みの基準については「地域や学校次第」というのが正解なんですね。
特に私立の場合は判断を早めて前日に休校が決まることもあり、学校の基準を把握しておくことが大切です。


台風上陸直撃!風速80キロの威力


【もし休校となった場合、どうやって過ごす?】

学校が台風で臨時休校となった場合、もちろんですが休みになった理由を踏まえて「自宅で過ごす」ことが基本になります。
「臨時休校になったのに友達から電話で遊ぼうって誘われた」なども聞きますが、休校となった日は自宅で過ごすことを考えましょう。


ゆっくりDVDなどを見て過ごす、本を読む、また日頃見られていない勉強を一緒にする……など、過ごし方はたくさんあると思います。
とはいえ一日は長いですので、警報が解除された場合は授業時間が終われば外出もありだと思いますし、危険のないように注意して状況を見ていきましょう!


【両親が共働き、子供が休校になった場合はどうしたらいい?】


両親ともに働いている場合、突然学校が休校になったら対応にもまた悩むことになります。
子どもがお留守番出来るような年齢であればとも思いますが、一日中一人で過ごせる年齢となると大分限られてしまいますよね。


また基本的に、学童は学校に準じているため閉所する場合が多くなります。
学童によっては働いている親のために開放してもらえるところもありますが、それでも基本的に「天候を踏まえて、早めのお迎えをお願いします」という状態です。


状況を考えて他に預けられる場所がない場合、言い出しにくくはありますが、会社を休むのも仕方のないことと判断するしかありません。
この場合に有給が使えるかどうかなどは会社次第ですので、台風の可能性が高くなる時期が来たら一度相談しておく、休校になった場合は休まなければならない可能性があることなども伝えておくと、周囲も突然のことと驚かずに済むと思いますよ!


【まとめ】

子どもの頃台風などの臨時休校で喜んだ経験は、おそらくどなたにもあると思います。
しかし中学校までの場合はそれでも良いのですが、高校の場合だと抜けてしまった授業は必ずどこかで受けることになります。


冬休みなどが減る、放課後にもう1時間授業がある……など、こう考えると詰め込まれる臨時休校は、そこまで喜べるものでもないですよね。


とはいえ臨時休校となるのは、もちろんそれだけ危険だから、通学が不可能だからという理由です。
学校の基準やルールを知らないままですと、そんな危険な状態で頑張って行ってしまった……なんてことにもなりかねません。
学校から基準が書かれたプリントなどは配布されると思いますので、無くさないようにしっかり保管し、すぐに確認出来るようにしておくと安心です!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です