妊婦の夏バテ!食欲がわかない時にオススメ食材と夏バテ時の対処法!

7月のお祭り

妊婦の夏バテ、食欲がわかない時の対処法とは?夏バテ時の赤ちゃんの影響は?

2

なぜ夏になると夏バテになる?

夏になると夏バテを引き起こしてしまうのは何故でしょうか?

一般的にはこのようなものが原因といわれています。

夏は誰しもが夏バテをひきおこす可能性があるのです。

・クーラーの効いた部屋と外との気温差

・暑さによる睡眠不足

・ミネラルの不足

・胃腸が正常に働かない

妊婦は夏バテになりやすいって本当?

妊娠中の妊婦さんは、いつもより体が疲れやすく、新陳代謝の活発化により、妊娠していない時よりも汗をよくかきます

汗は体のミネラルを一緒に排出してしまうので、ミネラル不足に陥りやすいのです。

そこに建物内と外の気温差が加わると、より体は疲れ、脱水し、最も夏バテになりやすい状態になってしまうのです。

このため、妊婦さんは食欲もわかない状態になってしまうんですね。

食べないとお腹の赤ちゃんの影響は?

妊娠中のつわりや夏バテで、食べられない期間がある妊婦さんは大勢います。

大体3ヶ月頃までは、赤ちゃんは母体から栄養を吸収して育っていくので、食べられなくても大丈夫ですが、それ以降は食べられないことで、成長を妨げてしまうことがあるようです。

しっかりと栄養をとるためにも、夏バテにならないよう、対策をとっておくことが大切ですね。

妊婦の夏バテ解消にはこの食材が効果あり!

3

では、どうしたら夏バテを予防・解消できるでしょうか?

実は「夏バテに効く!」と言われている食材があるのです!

それは…夏野菜!!

トマト

夏野菜の代表的な存在ですが、トマトは夏バテにピッタリ!

食欲を回復させてくれる効果や、疲労を回復させてくれる効果があります。

ゴーヤ

苦味のあるゴーヤですが、この苦味成分モモルデシンは、胃腸を保護し、食欲を回復させてくれる効果があります。

さらに、妊娠中に欠かせない葉酸も含まれているのでピッタリですね。

オクラ

整腸効果のあるペクチン、胃の消化を助けるムチンが含まれているので、胃腸を整える効果バツグンです!

さらに葉酸も入っているので、3つも嬉しい働きをしてくれます。

生のままの野菜は、体を冷やしてしまいますが、クーラーを使っていないなら、冷たいトマトを丸かじり!して、食欲・疲労を回復させてあげちゃいましょう!

やっぱり旬のものは、その時期にピッタリな効果を表してくれるんですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました