たけのこ堀りに必要な道具は?子どもに必要なものは?たけのこ堀りのコツまとめ!

スポンサーリンク
たけのこ狩り
スポンサーリンク

たけのこ掘りは、なかなか体験できない収穫体験ですよね。竹林があるような地域では盛んにおこなわれているかもしれませんが、ない場所であればとてもめずらしい体験でしょう。

どんな服装が適しており、どんな道具が必要なのか、たけのこ堀りの情報を集めたので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

たけのこ堀りに行こう!必要な道具はコレ!

たけのこ堀りには必要な道具があります。
結構、重労働な作業なので、道具はきちんとそろえておく必要があります

まず必要なのが、軍手ですね。斜面をよじ登ったり、木や竹に手が触れたりするので、軍手は必需品です。軍手は布製ではなく、ゴム製のものがあった方が滑らずに使えるのでおすすめですよ。

もたけのこ堀りには欠かせません。鍬を探す際には、鍬はたけのこ堀り専用の先端が細いものを選んだ方が掘りやすいです。

のこぎりは、手入れされている山であれば不要ですが、少し鬱蒼とした場所であれば、たけのこを探す前に竹の枝を切り落とすために、あるととても便利です。

運搬には、一輪車があると便利です。ただ、傾斜がひどい場所や竹が鬱蒼としている場所であれば、一輪車も入りにくいですが、たけのこはたくさんあると重いので、山の麓に置いておくだけでも便利ですよ。

【タケノコ掘り】 たけのこ堀り名人!?

【タケノコ掘り】 たけのこ堀り名人!?

たけのこ堀りに子どもも一緒に!子どもに必要な道具は?

子供といっしょにたけのこ堀りをする場合は、たけのこを掘り返す際に子供が手伝えるようにスコップを用意しておくと便利でしょう。後はタケノコが入りそうな大きさのバケツもあるといいですね。

子供には特に長袖、長ズボンを履かせるようにしましょう。また、帽子もあるといいですね。手が汚れやすいので、ウェットティッシュやハンドタオルが必需品です。さらに、汗をかきやすいので、タオルや水分補給のためのお茶や水があるといいですね。

足元は滑りにくい靴や長靴がおすすめです。
子供用の軍手や手袋も忘れずに用意しましょう。

やっぱ自然はいいね!たけのこ狩りって来ました(^^)

やっぱ自然はいいね!たけのこ狩りって来ました(^^)

たけのこをザクザク掘るコツ!道具の正しい使い方は?

たけのこ堀りはやったことがないといきなりやることができないものですよね。
鍬を上手に使わないとたけのこを掘ることはできません。

たけのこ掘る際には、ちょっと頭が出ている場所を見つけて、根っこが見えるまで周辺の土を掘って、根っこの下に鍬を入れて、たけのこが途中で折れないように注意しながら、鍬の持ち手の端を持って、てこの原理で引き上げます

 

たけのこ狩りは千葉で!2019年無料で掘れる場所などオススメたけのこ狩り3選!

 

何度か鍬を突き刺すと、たけのこがグラグラして取り出すことができます。たけのこを掘り出した後は、しっかりと土を戻すことが大切です。土を戻しておくことで、来年またたけのこを掘り出すことができます。

竹の子堀り(狩り) コツ????

竹の子堀り(狩り) コツ????

たけのこ堀りに行こう!ベストシーズンやたけのこ堀りのメッカといえば!?

 

たけのこ狩りのシーズンは、大体、3月の上旬です。たけのこは3月~4月頃が旬なので、3月の上旬ぐらいであれば、たけのこは柔らかくてえぐみの少ないおいしいたけのこが採取できます。

名水の里「久留里」

たけのこ堀りとバーベキューが楽しめる場所です。千葉県君津市にある「久留里」は、体験農園であり、旬の野菜や果物の収穫体験が開催されます。

たけのこ堀りは4月中旬~5月上旬に行われます。

きのこ苑 お山のたいしょう

神奈川県小田原市にある農家レストランです。
東京方面からでも日帰りで味覚狩りを楽しめる人気スポットです。

4月下旬から5月上旬までがたけのこ狩りのシーズンになっており、時価での量り売りになっています。狭い範囲なので、本数制限が設けられているので、体験がしたい程度の人におすすめです。

やまむろ農園

神奈川県小田原市にある農園です。
春だけじゃなくて、夏や秋にもたけのこ狩りが可能な珍しい場所です。

安定供給のために研究を重ねたために、国産たけのこが長期間収穫できる場所なんです。甘みがあってえぐみが少なく、歯ごたえもやわからいおいしいたけのこが収穫体験できますよ。

【最後に/まとめ】

地域によって、また開催している場所によってたけのこ堀りができる時期にはバラつきがありますね。お住まいの地域周辺で収穫体験をやっていないか調べてみるといいでしょう。

収穫をする際は、斜面に長時間いますし、足場は滑りやすいこともあるので、気を付けて行ってくださいね。

よく読まれている記事
たけのこ狩り
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました