高校野球の部活で3年間ずっと補欠の息子。親は息子にどんな対応をすればいい?

スポンサーリンク
部活・クラブ活動・習い事
スポンサーリンク

高校野球ではベンチ入りできずに応援だけで終わってしまう人も少なくありません。強豪校であれば尚更、スタンド席で応援している人数の方がはるかに多いかもしれません。

客観的に見れば仕方のないことですが、それが自分の息子の話だったら、どうやって励ましたらいいのかモチベーションをあげるにはどうしたらいいのか考えてしまいますよね。

今回は親として3年間ずっと試合に出ることなく終わってしまった子どもにどう対応すればいいのか一緒に考えていきましょう

スポンサーリンク

3年間高校野球の部活で頑張る息子はずっと補欠・・・ その理由は?

甲子園を目指すという明確な目標がある高校野球で戦力になる子どもが選手に選ばれることは仕方のないことです。周りのお子さんも、スタメン入りを目指して頑張っているのですから、選手に選ばれない事は良くあることだと思います。

息子さんにレギュラークラスかそれ以上の実力があっても、監督の求める戦術に合わなかったり、相手チームによっては技術よりも足の早さが優先されたり理由は様々あると思います。

監督が1人1人の将来を考えて試合を経験させたいと考えているという事もあるでしょう。

決して息子さんが頑張っていないとか、技術がないという単純な理由ではないということです。

ずっと補欠の息子がレギュラーになれないことを抗議するのはアリ?理由を監督に聞くのは?

まず冷静になって考えてみてください。抗議をすることを息子さんは望んでいますか?息子さんがどう感じているのかが一番大切なことです。高校生は「子ども」ではありません。親が抗議に行くことを望むでしょうか?

一緒に頑張っている仲間たちの様子、自分の調子、対戦相手など考えればおのずと答えが出る年齢です。「理由を聞きたい」とお子さんが思っているのであれば、自分で聞きに行くこともできます。

親が子供の前で「あの監督はダメだ!」など監督やコーチの不満や悪口を口にしてしまうのは問題です。うまくいかない理由を他人にすり替えてしまえば、息子さんの成長はそこで止まってしまいます。

むしろ「問題は常に自分にある」「解決できるのは自分自身だ」と知らなければなりません。周りは変えられません。他人のせいにするのではなく、自分自身を変えることにフォーカスすることが大切なのです。

子供が不満を口に出しても、親は決して同調しないことです。辞めたいと言うかもしれません。頑張ると言うかもしれません。子どもが自分で決めたなら「あなたならきっと大丈夫よ」と信じてあげてください。

親は子どもを応援して見守ってあげるだけです。見守りながら、子どもが立ち止まったら笑顔で「大丈夫」と言ってあげてください。

補欠のまま部活引退を迎えた息子に親はなんて声をかける?

スポーツをやっていれば結果がでないことももちろんあります。誰もが通る道です。スポーツだけに限らず何でもそうですよね。

結果をだせなかった時、子供は落ち込んでいるはずです。そんな時に大人まで結果で一喜一憂せずに、3年間野球を続けた事を誉めてあげてください。「厳しい練習をよく続けたね」「お疲れさま!」そんな声を掛けてあげてください。

高校の部活だと親の協力が必要になることも多いと思います。そういった都合で出かける場合以外は「見に行ってもいいか」聞いてあげたほうがいいと思います。高校生にもなると親の応援が恥ずかしい場合もありますもんね!

補欠で出れない試合を見に行かなくても美味しいごはんと笑顔で待っていてください。見守ってあげることも大切です。

高校の部活を引退して大学でレギュラーを目指す息子に親が支援できることは?

大学生ともなればもう成人です。学費を払って大学へ通わせてもらいながら野球ができる事だけでも充分と思います。過度な期待を感じさせるような事をするとプレッシャーにもなります。

プロの試合を観戦に行って一緒に応援してみてはいかがでしょうか。
大学まで続けるくらい野球が好きなのであれば、きっと憧れの選手を見て鼓舞してくれると思います。また、応援がチームのパワーになるんだという事を伝えられると思います。出場している選手だけがチームに貢献しているわけではないですよね。

プロを目指しているのか、社会人野球をするつもりなのか、それとも大学で野球をやめるのか、将来の明確なビジョンがあると思うので、その未来を応援してあげてください

野球だけではなく、社会人に向けての準備期間でもあります。
野球のレギュラーということだけが目標ではなくなるはずですよね。
子どもが進もうとしている道を信じて見守りましょう。

子どもが立ち止まったら見守ることも必要

子どもが何歳になっても落ち込んでいる姿を見たら親は胸を締め付けられる様な気持ちになると思います。でも野球を通して現状を打破する努力をしたり、場合によってはどんなに努力しても報われないことがあったり、そういうことを学んできたはずです。

そして18歳からはもう成人です。お子さんが成長したことを信じて、自分の力で立ち上がる姿を見守る、そんな強さを親は持ちたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました