子供が毎日使っているリュックが臭い!臭い理由は?ファブリーズ以外で臭いを取る方法は?


リュックは両手があくので、一日中遊んで回るときも邪魔にならずに使いやすいですね。でも大活躍だからこそ、いつのまにか汚れてしまったり、匂いがついてしまったりします。

そんな気になる匂いをスッキリしたいきれいな状態に保ちたい
そんな悩みを解決する方法を調べてみました。

スポンサーリンク

子供が毎日使っているリュックが臭い!どこから臭ってくる?なぜ臭いの?


子どものリュックはなぜ汚れたり、匂いがしたりするのでしょうか?
その原因を考えてみましょう。

①ほこり

カバンから物を開けて出し入れすると埃も入ってしまいますね。
このホコリが原因でカバンの中が臭うこともあります。

③汗

子どもは汗っかきです。汗がリュックに染みて匂いの元になります。

③飲食物

リュックの中で飲み物がこぼれたり、開封したお菓子を入れたりして臭いや汚れが染み付いてしまうことがあります。

④湿気

雨や水に濡れてしまって、湿気を帯びてしまうと雑菌が繁殖します。

⑤泥汚れ、砂ぼこり

地面に直接置いてしまったりするので、汚れが付いてしまいます。

子どもは、全力で遊びに集中しているので、わざと汚しているのではなく、気が付いたら汚してしまうものです。集中して遊ぶことも大事ですよね。

汚れていても匂っていても叱らずに、元気な証拠だ!と思って汚れを綺麗にしてあげたいですね。


臭っている箇所にひとまずファブリーズはしているけど・・・


コマーシャルでよく耳にするので、真っ先に頭に浮かぶのがファブリーズ

ファブリーズは匂いが付着している布製品が対象。少し湿り気が付く程度に数回スプレーさせて自然乾燥することで消臭と除菌ができる優れものです。臭いがするバッグの中にスプレーをして風に当て乾かすだけでOKです。

ファブリーズ以外に匂いを取る方法を紹介します。

①天日干しをする方法

こまめにお手入れが可能であれば天日干しも、バッグから臭いを消す方法としては有効です。でも、しつこい匂いがついてしまってからでは、完全に消臭することは難しいです。

表側が日に焼けないように必ずひっくり返してから干します。表側を向けて干すときは、風通しが良い場所での陰干しがおすすめです。

特に夏場は紫外線が強いので注意が必要です。
併用してファブリーズを吹きかけてから干すのもアリですね。

②炭を利用する方法

炭には脱臭作用があります。キッチンペーパーで包み3日間中に入れておくことで、嫌な臭いを消す効果が期待できます。

臭う成分によって炭の種類を使い分けるのがポイントです。
臭いを取り除く場合は逆の成分を持つ炭を使わなければなりません。

汗や皮脂などの酸性の臭いには備長炭などの「アルカリ性の白炭」を、焼肉などのアルカリ性の臭いには切炭などの「酸性の黒炭」を使うようにしましょう。色々な臭い成分が混ざっている場合は、両方の炭を入れるのがおススメです。

③重曹を利用する方法

長期間使用しないでいると嫌な臭いがすることもあると思います。その様な場合は重曹を使って臭いを取り除きましょう。

(1)バッグの中の底が見えなくなる位に重曹を入れる。
(2)ビニール袋にバッグを入れてその上から重曹を振りかける。
(3)ビニールの口をしっかり結び密封して、よく振り数日おく。


匂いの取れ方は、その匂いの強さにもよりますが3日から1週間程度かかります。匂いを嗅いでとれたと思ったら終了です。

④お酢を利用する方法

お酢の匂いが苦手と言う人にはオススメできませんが、お酢もバッグの臭い取りには効果的です。

お酢を約5倍の水で薄めてタオルにつけて絞り、臭いが気になる個所を少し湿らす感じで拭きます。拭き終わったら風に当てて乾かせばOKです。

臭いの強さによっては、多少の臭いが残る場合もあります。
生地や染料によっては色落ちの危険性もありますから、目立たない箇所で試してからにしましょう。

④お茶の葉を利用する方法

お茶の葉にも消臭効果があります。出がらしの葉でもOKです。

お茶の葉をフライパンで炒め、バッグの中に入れて数日寝かせます。バッグ本体の臭いには、重曹の場合と同じ要領で、ビニール袋に入れたバッグにお茶っ葉を振りかけて密封状態にします。

匂いの取れ方は、その匂いの強さにもよりますが3日から1週間程度かかります。匂いを嗅いでとれたと思ったら終了です。

⑤コーヒーを利用する方法

コーヒーを入れたあとのカスも消臭効果があります。
使い方は、お茶の葉と同じです。

⑥クリーニング

何をやっても匂いや汚れが取れない!そんな時にはクリーニングに出してみるのもありです。
お金は掛かりますが、プロに任せるという安心感があります。
確実にきれいになりますし、プロがダメならもう諦めもつきます。

リュックの臭いをとるために洗濯はできる?型崩れさせない方法は?


ナイロンなど水洗いできる素材のものなら、お風呂の温度程度のお湯に酸素系漂白剤をしみ抜き(浸け置き)の分量目安だけ溶かして、1、2時間ほど浸け置きすれば大抵の臭いは消臭できます。

酸素系漂白剤は、色柄物用の漂白剤です。普通は目立つほど色落ちするようなことはありませんが、気になるのであれば洗濯の前に色落ちするかどうかを確かめておきましょう。

ぜったい失敗したくない!漂白剤はちょっと、という方は手順に添って洗濯してみましょう。

洗濯機で洗う場合

(1)洗濯絵表示を確認
水洗いできるマークがあれば洗濯できます。
(2)取り外せる部品を全て外す
(3)汚れが気になる部分は、部分洗いをしておく。
(4)裏返して洗濯ネットに入れる(型崩れ防止のため)
(5)「手洗い」コースで洗濯機を回す
洗剤は中性洗剤を使います。
(6)「脱水」はせず、取り出してタオルで水気を切る
(7)干す
風通しのよい日陰で乾燥させましょう。
内部に水が溜まらないよう逆さにして干します

手洗いで洗う方法

(1)洗濯絵表示を確認
水洗いできるマークがあれば洗濯できます。
(2)取り外せる部品を全て外す。
(3)汚れが気になる部分は、部分洗いをしておく。
(4)容器に水をためる。

水よりぬるま湯を使った方が綺麗になります。
(5)中性洗剤を加え、リュックを浸ける。
(6)リュックを押し洗いする。
(7)水を替え、すすぐ。

汚れた水が出なくなるまで繰り返します。
(8)水気を切る
(7)干す

風通しのよい日陰で乾燥させましょう。
内部に水が溜まらないよう逆さにして干します

洗濯出来れば、いつも清潔に使うことができます。ぜひお試しください。

リュックをいつまでもキレイに使うコツとは?


リュックをいつまでも綺麗な状態で使うには、洗濯できる素材の物を選ぶことが大切です。また撥水効果が高いナイロン素材のものを選べば汚れが付きにくいので安心です。

型崩れなどを防ぐのに大切なのは「荷物を詰めすぎない」こと。
容量たっぷりのリュックにはついつい荷物を入れ過ぎてしまいますが、知らず知らずのうちに負担がかかっている部分があります。荷物の詰め過ぎを防ぐためには、用途に見合った容量のリュックを選ぶことが重要になります。

負担を分散させるためにエコバックなど、たためるコンパクトなバッグをリュックに入れておくと急な荷物にも対応できます。また小物をポーチなどで分けておき必要がないものは持って行かないようにするといいですね。

ファスナーや紐といった開け閉めの部位も力がかかりやすい部分。あまりに強く引っ張ってしまうと破損の原因となるので、紐をつけたりしてあげると楽に引っ張れるようになります。

帰ってきたら自分でバックの中身をカゴ等に移して、バックを空にしてから入れなおすようにしておくとゴミなどを入れたままにならずにすみます。次の日に必要なものを前準備することも大切なので習慣になるように仕向けてあげるといいですね。

子どものリュックはいつも清潔にできる!


どんなものでも言える事ですが、汚れや匂いは溜まってしまうほどお手入れが大変になります。汚しやすい子どものリュックは素材から洗えるものにしておけば、いつも清潔に使うことができます。是非、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です