制服のスカートを切る派?折る派?切るなら何センチが正解?綺麗な切り方は?


大抵、制服のスカートの長さって長いですよね。もちろん、中学生なら、まだまだ身長も伸びる可能性があるので長めでも大丈夫かなって思いますが、高校生になると、女子は成長が止まる人の方が多いでしょう。


なので、制服のスカート丈は大問題です。長すぎるとかなりダサいですし、短すぎると先輩に目を付けられます。なので、スカート丈を自分で調節する子は多いですが、どんな方法で行うのがベストなんでしょう?


スポンサーリンク

制服のスカートを切る派?折る派?それぞれのメリット・デメリットは?


まず、制服のスカートは上のシャツのように何枚も用意する人はいないですよね。ずっと毎日着ることになると思います。


ただ、購入した時点ではかなり長く、そのまま着ると長すぎて友達に笑われてしまったり、からかわれたりと、いじめの対象になりかねません。ダサいと、スクールカーストの最下層に入れられるのは目に見えています。


スカートを切るメリット・デメリット

ただ、それでもスカートの裾を自分で切ると、短いと先輩や教師に目を付けられることになります。その場合、切ってしまっているので、戻すことができず新しいスカートを購入させられることになります。冬の寒い時期にちょっと長めにすることもできません。


さらに、切ってしまっていることがバレたら、教師に不良のレッテルを貼られるケースもあり得ます。切っていると、毎日の身支度はとても楽ですが、これではデメリットの方が多いですよね。


スカートを折るメリット・デメリット

その点、折る方法をとると、いつでも長さが調節可能ですので、周りに短いと批判されてもすぐに長さを変えることができます。切っているわけじゃないので、教師や先輩の眼もさほど厳しくありません


後々のトラブルを考慮すると、スカートを折って調整するのが一番だと思います。



それでもやっぱり制服を切ることにした!自分で?お店だといくら?


それでも、元々、お下がりなどで自分の体に合っていないスカートだと、ウエストに合わせて、スカート丈も長い場合があるでしょう。そんな場合は膝小僧が隠れるぐらいの長さで調節するといいでしょう。その程度の長さであれば、切って直すのもありです。


ただ、自分で直すのはとっても難しいんです。なぜなら、制服のスカートはプリーツというヒダがあります。なので、普通に縫ってもきれいなヒダに仕上がらない可能性が高いです。


通常、プリーツがあるので、ウエストの方から外して切って縫い直します。ただ、これをすると、ポケットの位置もずれてしまうので、ポケットも直しが必要になります


そのため、一番いいのはお店で直してもらう方法です。普通の服とは違い、ほとんど毎日3年間着ていくものなので、失敗がないようにきちんとお店に頼むことを強くおすすめします。


通常、1500円から3000円程度で直してもらえます。もちろん、これはお店によるので、制服を購入したお店で相談してみるといいでしょう。


スカートを自分で切る場合のポイントは?何センチ切るのが正解?

ポイントを順番に解説!

どうしても、自分で直したい場合は、きちんと切りたい長さで生地の裏に印をぐるりとつけます。この時に、折り返して縫うことも考えます。なので、切る場合もさほど長さは必要ないかもしれません。


こまめに測り直してチャコペンでしっかりと印をつけておくと、切る際に失敗しないと思います。



切った布の端を縫う際は、ミシンでジグザグ縫い、もしくはロック縫いにします。縫い終わったら厚紙をはさんでアイロンでしっかりと折り返し部分の癖をつけるのが重要です。これをすることできれいな仕上がりになります。



折り返しで縫う場合は、ずれないように仮縫いすると安心です。仮縫いした状態で、祭り縫いして行けば完成です。スカートの両端は元々のスカートと同じように三角に折りこんでロック縫いで縫うときれいに仕上がります


最後にヒダの一本一本にきれいにアイロンをかけます。
アイロンは当て布をしてスチームアイロンでやさしくかけましょう。



女子高生必見!? スカートの丈を短くしてみようw



ヤバイ!大失敗!制服スカートをきり過ぎたらどうする?


切りすぎる失敗を犯さないように、折り返しで長さを調整できる程度に切るのが一番いいでしょう。


切りすぎてしまった場合は、折り返しの幅を小さくすれば大丈夫だと思います。切った際に斜めになっていても、この折り返しで調節ができると思います。


まぁ、どうしても直しが効かない場合は、新しいスカートを購入する他ないでしょう。大体、冬物のスカートは1万5千円、夏物のスカートも1万5千円程度です。買い直すのは痛い価格ですよね?


なので、直しをする際に自分で手を入れる場合は十分に注意して作業してくださいね。


【最後に】


制服のスカート丈はどんな事態もシビアな問題ですよね。長すぎても短すぎてもいけないものなので、発注する際にきちんと気にかけておくといいと思います。


ただ、校則は入ってみないと実際のことは分からないものなので、やはり直す場合は自分であっても店であっても慎重に行うべきでしょう。トラブルを避けたいなら、ウエストで折って着るのが一番だと思います。着る本人はさほど、面倒なことではないですからね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です