春巻きの保存方法は?揚げる前の保存方法は?挙げたあとは冷凍保存ができる?


春巻きは夕飯のおかずとしてはもちろん、お弁当に入れても美味しいので、作りおきしておきたいおかずのひとつですよね!中の具材を変えれば、いろいろなアレンジができるのも楽しいです。

春巻きを作ったら、どのように保存しておけばよいのでしょうか。揚げる前と揚げた後、どちらが適している?保存期間はどのくらい?など、意外と知らない春巻きの保存方法を調べてみました。

スポンサーリンク

春巻きを揚げる前の正しい保存方法は?常温?冷凍保存は可能?


春巻きを冷凍保存する際には、揚げた後ではなく、揚げる前の状態で保存するのが適しています。具材をしっかりと巻いた春巻きを冷凍保存すれば、油で揚げた際にもパリッと仕上がります。食べる直前に皮で包むより、時短にもなります。

春巻きを冷凍保存した場合には、1ヶ月を目安に食べましょう。

冷凍保存のコツ

①包む具材に火を通し、味付けをしてから春巻きの皮で包む
※具は粗熱をとってから包みます。
冷ました後に包むことによって、皮が水分を吸いづらくなります。

②具は少なめに包んでおく、また隙間がないように包む
※具を多く包み過ぎると冷凍している間に膨張します。
さらに隙間があると皮が破れてしまうことがあります。

②春巻き同士がくっつかないように1本ずつラップで包む。

③フリーザーバックに入れ、冷凍庫で保存する。

揚げる前の春巻きを冷蔵庫で保存すると、中身の具材から水分が出て皮がベチャベチャになってしまいます。パリパリの春巻きを食べるためにも包んでからの冷蔵保存は避けましょう


冷凍保存をした揚げる前の春巻き、冷凍のまま揚げることはできる?


冷凍保存していた春巻きは調理直前に解凍をせず、そのまま油で揚げるのが適した方法です。 解凍すると具材から水分が出てしまうので、パリッと揚がりません。冷凍した春巻きをそのまま揚げましょう。

中心部分が凍っているので、温度の高い油に投入すると外側だけ焦げることがあります。揚げる際には180℃の油ではなく、160度くらいから揚げはじめるのがベストです。

また霜がついている場合は、霜は取り除きましょう。霜がついたまま油に投入すると、水分となり油がはねて危険です。



小麦粉が賞味期限切れ!いつまでだったら安全?未開封でもすぐ捨てるべき?



油の量を減らし春巻きが半分程度浸かる程度の油の量にして、春巻きの半分がきつね色になったらひっくり返し、もう半分を揚げると使用する油の量が少なくて済み経済的です。

大量に揚げた春巻きの保存方法は?賞味期限は?


揚げた後の春巻きも冷凍保存することはできますが、作りたての春巻きを冷凍する方が、パリパリとした春巻きの食感が楽しめます。

それでも春巻きが余ってしまったとか、揚げる手間を省きたいから全部揚げて保存しておきたい!なんてこともありますよね。

そんな揚げた後の春巻きを冷凍保存する方法を紹介します!

揚げた春巻きを冷凍保存する方法

①充分に粗熱をとる。

②使用する予定の個数を一緒にしてラップで包む。

③金属製のトレイに重ならないように並べ冷凍庫へ。

④冷凍できたら密封容器に入れ替え、再び冷凍庫に入れて保存。

食べる前日に冷蔵庫に移し替え、自然解凍しておきましょう。
自然解凍した春巻きを、電子レンジで加熱すれば完成です。

しかし揚げたての食感は出せません。揚げたての食感を少しでも出すためには、電子レンジで加熱した春巻きをもう一度油で揚げます。

保存期間は1カ月ありますが、やっぱり美味しく食べるなら揚げる前に冷凍する方がおススメではあります。

大量に揚げた春巻きを有効活用!アレンジレシピは?


春巻きの具のアレンジは多くありますが、春巻きを揚げてからのリメイクはなかなか難しいですよね。同じ春巻きでも、見た目が変わると新しいおかずになります。簡単なのでぜひお試しください。

春巻きキャベツ巻き

春巻きをキャベツで包みサラダ感覚でどうぞ!


簡単おかず☆まるごと春巻の玉子焼き☆

春巻きを卵でくるんで彩りをプラス!

簡単おかず☆まるごと春巻の玉子焼き☆ by ☆めー☆
春巻を 一本ぐるっと巻いちゃいました!簡単でボリュームアップ!簡単ひと手間なお惣菜アレンジです。

春巻きは揚げる前に冷凍保存がいちばん!


春巻きは揚げる前に冷凍保存するのが、いちばん美味しくできる保存方法です。1ヶ月は保存する事ができるのでお弁当にも便利です。
中身をいろいろ工夫すれば色々な味が楽しめる春巻き。ぜひお試しくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です