小豆の賞味期限は30年?正しい保存方法は?茹で豆は冷凍OK?

スポンサーリンク


小豆と言えば、あんこ、お汁粉、赤飯などに欠かせない豆ですよね。日本人なら誰もが親しみのある食べ物ですが、意外と家庭では使うことが少ないですよね。なにせ、生の小豆を茹でるだけでかなりの時間が必要となるからです。


一度に大量に作る人もいるでしょうが、赤飯などでは一袋を使い切るのも難しいでしょう。そんな時に気になるのは、小豆の賞味期限ですよね。乾物ですが、一体どのくらい持つんでしょう?


スポンサーリンク

お汁粉が美味しい季節。「小豆(あずき)」とはどんな植物?

寒くなると、お餅が出回りますね。お餅と言えば、お雑煮ですが、他にも小豆たっぷりのお汁粉もヘルシーで人気がありますよね。


古くから日本で栽培されてきた小豆

そんな小豆は3世紀ごろに中国の東北部から伝わり、8世紀ごろには日本でも栽培されるようになりました。現在では北海道から東北地方にかけて、主に栽培されています。


そんな小豆の赤い色に魔除けの効果があると信じられ、中国では古くから小豆の煮汁には解毒作用があると言われていたことから、お祝いの席でよく料理に使われていました。日本でも江戸時代におめでたいことがあると、赤飯を食べる風習が生まれました。


良質なたんぱく質が魅力

そんな小豆には、良質なたんぱく質が豊富に含まれており、食物繊維やビタミンB1・B2も含まれています


茹でる場合は、渋みを取り除くために、茹でこぼしを行うのが一般的ですが、煮汁に様々な栄養素が溶け出してしまうので、できれば茹でこぼしを行わず、茹でた煮汁ごと食べられるお汁粉がおすすめです。


ぜんざい・おしるこの作り方(レシピ) – How To Make Zenzai(Japan’s Sweet Dessert)




小豆の賞味期限は30年!?


生の小豆の場合は、乾物扱いとなります。なので、基本的には1~2年と言われている賞味期限もきちんとした保存方法で保存されれば、長期保存が可能です。それでも、30年もつというわけではないので、早めに食べきるようにしましょう


古い小豆が食べられるか確認する方法

古い小豆が出てきて、どのくらい前のものか分からない場合もあることでしょう。そういった時には、まずネズミや虫にかじられていないか確認して、白っぽい粉が表面についていないかを確認してから、大丈夫そうであれば、2日間くらい水に漬けておいてください


柔らかくなるようであれば煮てもおいしく食べられます。もしも、柔らかくならないようであれば、硬くて食べられないので、廃棄するほかないでしょう。


また、長期に渡って放っておかれた場合は虫が湧くこともありますが、カビが生えてしまうこともあります。カビが生えている場合は、洗っても安全とは言えません


見えないカビの根っこが小豆の奥にできている可能性が高いので、廃棄するようにしましょう。古いものが出てきた場合は、十分に小豆の状態を確認してから調理してくださいね。


小豆・茹で豆の正しい保存は?冷凍は可能なの?


生の小豆は、湿気を避けて、涼しい場所で風通しの良い容器に入れて、高温を避けて保管するのが一番です。


短い期間の保存方法

寒い季節に短い時間の保存なら、紙袋や布袋などの通気性がよいものに入れて直射日光があたらない涼しい場所で保管するのが一番です。


逆に夏などの暑い時期は、ビニール袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保管すると良いでしょう。


長期保存の方法

長期保存する場合は、チャック付きのビニール袋に乾燥剤と共に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れておくと良いでしょう。


密封できるビニール袋は虫などからは守ってくれますが、カビが生える可能性があるので、湿気を取ってくれる乾燥剤が欠かせません。乾燥剤を入れるのに抵抗がある場合は、乾燥した唐辛子でもOKですよ。


ただし、冷蔵庫で保管する場合は、1年程度で食べきるようにしましょう。長期間になると、でんぷん質が繊維に変わり、硬くなってしまい、ぼそぼそとした食感になります。


また、アクや苦みも増してしまうので、より長い時間の保存を望む場合は、冷凍庫が良いでしょう。冷凍庫で凍らせて保管する場合は、2年くらいはもちます。解凍する際は、水に浸しておくと良いでしょう。


茹でた小豆の保存方法

茹で豆などの場合は、冷蔵保存なら夏場は3日間、冬場は5~6日間ほどもちます。密封できるタッパーがベストでしょう。


より長い期間、保存したい場合は、食べやすいように小分けにしてラップやビニール袋に入れて、冷凍保存すると良いでしょう。冷凍保存の場合は約1か月です。解凍する際は、自然解凍してから鍋やレンジで加熱すると良いでしょう。


ちなみに、古い豆を調理する場合は、豆の風味がなくなっているのでお汁粉などにせずに、潰してあんこにする方が良いでしょう。あんこの状態でも冷凍保存できますよ


こうなったら危険信号!


白っぽいカビや緑や黒などのカビが生えている場合は、表面を水で洗っても豆全体にカビの菌が繁殖していることを意味するので危険です。カビが生えてしまった場合は、残念ですが廃棄するほかないでしょう。


また、水に2日以上浸しておいたにも関わらず、柔らかくならない場合も、茹でても硬いままなので、廃棄するほかないでしょう。


昔なら、古い小豆でお手玉を作っていましたね。そんな古くなりすぎてしまった豆の中では、たんぱく質が繊維に変わってしまっているので、例え茹でられたとしても食感が悪くておいしくありません。


ちなみに、茹でた小豆やあんこは食中毒になりやすい食材なので、冷凍保存する場合も早めに食べるようにしましょう


【最後に】


最近では海外でも、ローカロリーでローファットな和菓子が人気ですよね。小豆は和菓子には欠かせない食べ物で、健康や美容にも良いと言われています。生の小豆から自分で茹でるのが一番良いのですが、時間がかかるので圧力鍋を使って調理するのが良いでしょう。


冷凍しても2年が限度と言われていますが、栄養価を気にするのであれば、購入してすぐに食べるのが一番です。お汁粉なら茹でた小豆に砂糖を加えるだけなのでとってもおすすめですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です