お雛様を処分するタイミングはいつが最適?処分方法は?神社で供養は必要?

ひな祭り・桃の節句

お雛様を処分したい!いつがベストタイミング?処分する時期は?

下記のようなタイミングで雛人形を供養して処分する方が多いようです。

・娘が結婚したとき
・子どもが成長し、成人になったとき
・保管するスペースがなくなったとき
・飾らなくなった時

できるだけ長く飾っておくことが理想ですが、そうできなくなってしまった時が「時期」ということが言えます。

押入れの中で何年も日の目をみないお人形も可哀想ですよね。

お雛様を処分する前に神社やお寺で供養は必要?

お雛様を処分することを決めたときは、感謝の気持ちを込めて供養すれば心残りがないと思います。

長年、成長を見守ってくれた大切な雛人形ですから、納得する方法でお別れしたいですよね。

供養を依頼する方法

雛人形の供養を行う神社やお寺は、インターネットで検索すると全国に多くあります。

お住まいの近くに見当たらない場合は、郵送で受け付けているところを利用すると便利です。

申し込むときの手順や、お布施の目安の確認はホームページを参照する直接問い合わせると間違いがありません。

人形の供養を公開しているところもあり、その場に立ち会って最後のお別れをすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました