ひな祭りのゲームレク【保育園・幼稚園の先生向け】アイデア4選!

スポンサーリンク

3月になるとすぐにやってくる行事として、ひな祭りがありますね。
保育園や幼稚園でも毎年ひな人形を飾ったり、おやつにひなあられを出したりと楽しめる行事です。


もちろんそれだけではなく、ひな祭りならではのレクリエーションも考えたいところです。
どんなレクリエーションなら子どもが喜んでくれるのか、また準備にかかる時間や材料費なども事前に考えて調整していかなければならなく、毎年頭を悩ませるところだと思います。


今回はそんな保育園や幼稚園の先生向けに、ひな祭りならではのゲームレクリエーションをいくつかご紹介したいと思います!
ここからヒントを得てアレンジなど手を加えるのもありですし、園児の年齢などで合わせていただければ幸いです。


スポンサーリンク

【ひな祭りのゲームアイデア4選! その1 ひなわなげ】

001

ペットボトルなどで作ったおひな様を使って「輪投げ」はいかがでしょうか。
輪投げは小さな子どもでも遊び方を知っていることも多いですし、覚えるのも簡単です。
動画もありますので、ぜひこちらもご確認いただければと思います!


【★UFレク】#27 輪投げで ひな祭りレク 『ひなわなげ』 ~子供から高齢者まで楽しめるレクリエーションを作ろう~


必要な材料はひな人形を描いて貼り付けたペットボトルと輪っか、大きなシート(得点制にする場合は得点が分かるように書く)、くらいです!
輪っかも新聞紙を丸めて両端をテープで巻いたもののほうが安全ですし、ほとんどあるものだけで準備することが可能です。
ひな人形の絵は子どもに描いてもらって貼り付けるのも良いですし、時間が無い場合はフリー素材を印刷しても良いですね!


どこまであるもので代用するか、自分で作るかでかかる時間は大分変わりますが、絵やシートがある場合はさっと済ませられる程度なので、急いで準備したいときも助かりますね。


最初にお話した通り、子どもにとっても輪投げルール自体はとても簡単です。
ひな人形を貼り付けたペットボトルを並べ、少し離れたところから輪っかを投げて輪が通ればそのひな人形を手に入れることが出来ます。
単純な行動でありながらなかなか上手に入らないことも多く、頭と身体を使って子どもも楽しむことが出来るおすすめゲームなのです!


輪投げで手に入れたひな人形はシートから出してダンボールなどで簡単に作っていったひな壇に飾っていけば、「ひな人形を飾る」という楽しみ方もできます。
チーム戦にして「どちらが先にひな壇を完成させるか」というゲームも出来るので、年齢に合わせた楽しみ方をしていただければと思います!


【ひな祭りのゲームアイデア4選! その2 福笑い(ひな祭りバージョン)】

002

名前の通り、福笑いのひな祭りバージョンです。
おだいり様やおひな様の顔を分解出来るように用意して上手に顔を作れるかを楽しむゲームで、こちらも年齢を問わず楽しむことが出来ます。
もし目隠しが怖い場合は、目を閉じることにしておけば安心ですね!


こちらの場合はフリー素材などからおだいり様とおひな様の絵を用意して、顔の部分を切り取ったあと肌色の紙を貼っておけば準備も終わりです。
多少の手間はかかりますが、そこまで大きく時間が取られるものではないと思います。
子どもがパーツをぐちゃぐちゃにしてしまいそうな場合は、切り取った顔のパーツは厚紙を貼るなど補強しておきましょう!


子どもは福笑いでくずれた顔を見ると、びっくりするほど喜びます。
年長組さんなどは「ちょっと物足りない」と感じる子もいるかもしれませんが、幅広い年代に楽しんでもらえる遊びとして外さないと思いますよ!


【ひな祭りのゲームアイデア4選! その3 てあそびゲーム】

003

ひな祭りに合わせた歌、それを使った手遊びゲームもおすすめです。
多少年齢が上がったクラス、年長組さんなどの子はゲーム的な緊張感も楽しみつつ盛り上がれるのではないでしょうか!


手遊びなので材料は特に入りませんが、先生方がまず覚えるための練習時間が必要になると思います。
「園児もできる手遊び」が前提なので、簡単ですよ!


手遊びについては動画を参照していただくのが一番分かりやすいので、こちらの動画を御覧くださいね。


さんがつみっか もちつきは


こちらは大分難易度が高いので、年長組さん辺りが良いと思います!


小さい年頃のクラスの場合は、次の動画はいかがでしょうか。


おおきくなったかな(3月のあそび歌・手遊び②)


こちらなら一緒の行動をするだけで大丈夫なので、小さい子どもも楽しめると思いますよ!


【ひな祭りのゲームアイデア4選! 紙コップリレー】

004

運動会などでよくある「バケツリレー」の変化版です。
ピンポン玉などを紙コップに入れ、紙コップを一人一人持って運びます。
ピンポン玉を色とりどりの色紙で手作りして「ひなあられ」に見立て、どんどんひな壇の前に集めていってひなあられを用意していく形にするのも素敵ですね!


必要な材料は人数分の紙コップとピンポン玉もしくは手作りの紙コップに入るサイズのボールをいくつかだけなので、すぐに作れると思います。
紙コップは事前に子どもに絵を描いてもらうなどすれば、お絵かきの楽しみも増えますね!


大きめのボールを用意すれば紙コップのリレーでも案外落としてしまうもの、特に子どもは走ることや早く渡すことに夢中になってしまい、思ったより落とすことも多くなります。
チーム戦にすれば大きく盛り上がること間違いなしですね!


【まとめ】

子どもは遊びの天才で、どんな遊びも楽しめる才能の持ち主です。
「みんなで一緒に楽しく」という基本さえ守っていれば、どんどん盛り上がって楽しんでくれます!


紹介しきれませんでしたが、ひな祭りや生活のクイズ、またビンゴなどでも盛り上がりますね。
またゲーム形式ではなく、ひな祭りの歌を歌ったり踊ったりも楽しめると思います。


1年に一度の桃の節句、子どもも先生も場合によっては保護者も一緒に行事を楽しむことも多いと思います。
楽しい一日を過ごせるよう、早いうちから準備を整えておきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です