【2020年版】お雛様を処分するタイミングはいつが最適?処分方法は?神社で供養は必要?

ひな祭り・桃の節句

雛人形は女の子の成長と健康を願うため贈られ、子供の頃から毎年飾ってお祝いしますが、やがてその役目を終える時が来ます。

その時、雛人形はどのように処分や供養をすればよいのでしょうか。

思いの詰まった雛人形に感謝の願いを込めて送り出したいですよね。

今回は廃棄する時期や、神社で供養して処分する方法、寄付の方法などをご紹介していきます。

お雛様を処分したい!いつがベストタイミング?処分する時期は?

下記のようなタイミングで雛人形を供養して処分する方が多いようです。

・娘が結婚したとき
・子どもが成長し、成人になったとき
・保管するスペースがなくなったとき
・飾らなくなった時

できるだけ長く飾っておくことが理想ですが、そうできなくなってしまった時が「時期」ということが言えます。

押入れの中で何年も日の目をみないお人形も可哀想ですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました