ひな祭りのゲームレク【高齢者施設職員向け】アイデア4選!

スポンサーリンク

3月3日の桃の節句の「ひな祭り」、この日は高齢者施設でも各所でレクリエーションを考えているところが多いと思います。
どんなレクリエーションをすれば高齢者の方々に喜んでもらえるのか、悩むところですね。


歌やひな人形はともかく、ゲームなども用意して楽しんでもらいたいところです。
せっかくのひな祭り、「楽しんでもらえるゲームをしたいけれど、どんなゲームにすれば……」とお悩みの方へ、高齢者施設向けのゲームレクリエーションをいくつかご紹介していきます!


そのまま使っていただいても嬉しいですし、施設の方に合わせて調整していただいても良いと思います。
ぜひ参考にしていただき、楽しいひな祭りの準備を進めていきましょう!

 
スポンサーリンク

【ひな祭りのゲームアイデア4選! その1 はまぐりあわせ】

001

「はまぐりあわせ?」と疑問に思われたかもしれませんが、これは神経衰弱のはまぐり版です。
はまぐりはひな祭りの日に食べることが多く、その貝殻を使って同じはまぐりを合わせていこうというゲームになります。


貝に絵を描く「貝合わせ」は、ひな祭りの飾りとしても喜ばれています。
こちらはゲームの動画ではありませんが、貝の内側に絵という参考になると思います。


貝合わせ 合わせ貝 雛飾り お雛様 雛人形 雛祭り


実際に貝を使うのは難しいので、ダンボールを貝の形に合わせて切り、その裏側に同じ絵を2枚ずつ貼り付けて用意します。
貼り付けるものもひな祭りに沿ったものを選んで、ひな祭りならではのレクリエーションにしていきましょう!


神経衰弱は有名で遊び方を知らない方もほとんどいませんし、もし知らなくても「ひっくり返した貝を2枚選び、同じ絵を合わせて取っていくだけ」というシンプルなルールです。
麻痺がある方も参加出来るよう、指し棒などを用意すると良いですね。
貝の大きさもひっくり返しやすく取りやすいよう、多少大きめに作りましょう。


「ひっくり返して遊ぶ」という単純なゲームですが、知っているルールということと、頭と手を使って遊ぶので、皆様楽しんでひっくり返してもらえます。


ダンボールと絵を用意して貝の形に合わせてから絵を貼り付けるだけなので、準備時間もほとんどかからないと思います。
人数が多いところでは複数のグループで遊べるよう、最初に調整しておくと良いですね。


【ひな祭りのゲームアイデア4選! ひし餅積み】

002

こちらも単純なゲームで、ダンボールで作ったひし餅をどんどん積み上げていくものになります。


サイズもいくつか作ったほうが面白いですが、高齢者に合わせて基本的に大きめに用意しましょう。
見た目のカラフルさやきれいさを考えると、100均でプラスチックの板を買ってくるのもありだと思います。
プラスチックだと軽くなりますので、そういった意味でも高齢者の方にとって遊びやすくなりますね。


大きさをいくつか用意すると、単純でありながら頭を使ったりバランスよく積み上げていくことが必要になったりと、ゲーム的な楽しさも増えます。
大人数では自分の順番がなかなか回ってこず楽しめないので、テーブルごとに用意出来ると一番です。


ダンボールを使うか100均で板を用意するか、また参加人数で費用も多少変わりますが、よほど大人数でない限りはそこまで費用もかけずに準備することができます。
ひし餅の形に用意するときは、用意したひし餅が歪んで積み上げられないなんてことがないように出来るだけまっすぐ作りましょう!


【ひな祭りのゲームアイデア4選! その3 おひな祭りゲーム】

003

こちらはサイコロを使ってひな壇を飾りつけていくゲームになります。
2チームに分かれてサイコロを振り、出た数に合わせてひな壇の絵にひな人形の絵を貼り付けていきます。
先にひな壇が完成したチームが勝つという、分かりやすいゲームです。


ひな壇・ひな人形の絵、それを貼り付けられる準備と、多少準備に時間がかかります。
少し早い時期から準備を進められると良いですね。


ゲーム自体は簡単なものですし、「ひな壇を飾りつける」という楽しさも高齢者の方に喜ばれます。
何度も繰り返して遊べるのも嬉しいポイントなので、ぜひこちらも考えてみてくださいね!


【ひな祭りのゲームアイデア4選! その4 ひなわなげ】

004

ペットボトルなどで作ったおひな様を使って「輪投げ」はいかがでしょうか。
輪投げゲームはほとんどの方が知っていますし、単純でありながら小さい子どもから高齢者まで楽しめるゲームです。
動画もありますので、ぜひこちらもご確認いただければと思います!


【★UFレク】#27 輪投げで ひな祭りレク 『ひなわなげ』 ~子供から高齢者まで楽しめるレクリエーションを作ろう~


必要な材料はひな人形を描いて貼り付けたペットボトルと輪っか、大きなシート(得点制にする場合は得点が分かるように書く)です。
輪っかも用意しても良いのですが、新聞紙を丸めて両端をテープで巻いたもののほうが万が一当たっても痛くなく、足にひっかかる可能性も低くなるので安全です。


どこまであるものを使うか自分で作るかでかかる時間は多少変わりますが、絵やシートがある場合はさっと済ませられる程度なので、急いで準備したいときも助かります。


ひな人形を貼り付けたペットボトルを並べ、少し離れたところから輪っかを投げて輪が通ればそのひな人形を手に入れることが出来ます。
輪投げで手に入れたひな人形はシートから出してダンボールなどで簡単に作っていったひな壇に飾っていけば「ひな人形を飾る」という楽しみ方、チーム戦にして「どちらが先に完成させるか」といった楽しみ方もできます。
単純な行動ではありますが、上半身と手先を使ってどうやれば輪っかが入るかをしっかり考えることができ、チーム戦にすればゲームとしても盛り上がります。


【まとめ】

高齢者の方々、特に子どもを育ててきた方や身近に子どもがいた方にとって、ひな祭りは過去を振り返り懐かしむ大切な日です。
「この場に子どもがいないから気にしない」日ではないので、無理のない範囲でゆっくり楽しんでもらうことを考えていきましょう!


レクリエーションを考えるとき、ついやってしまいがちなのが「自分の体力・出来る基準で合わせて用意する」ということです。
高齢者の方が楽しめるよう、内容やバランスを調整することが必要になります。


楽しいひな祭りのレクリエーションになるよう、じっくり考えてゆっくり準備を進めていきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です