壮行会の疑問4選!壮行会の意味とは?挨拶例文・最適なプレゼントアイデアなどまとめ!


壮行会を開くと聞いて、「なにそれ?」と思った方も少ないでしょう。
聴きなれない言葉だと思う人もいるでしょう。
地域柄、私の住む地域でも使わない言葉ですが、全国的には一般的な言葉のようですね。


送別会のようなパーティーですが、挨拶やプレゼントはどうすればいいのか迷う人もいるでしょう。今回は壮行会について語りたいと思います。


スポンサーリンク

壮行会の疑問4選! その1:壮行会とは?送別会との違いは?英語では何ていうの?


壮行会とは、通常はスポーツで大事な試合がある前や仕事で海外赴任となった場合や遠方への転勤となった人へ同僚や仲間が激励するために開くパーティーのことです。


そのため、時々、送別会と混同されますが、送別会の場合は、会社や学校を辞める人に対して、別れを惜しむ意味で開くのでだいぶトーンが違ってきます。


海外であっても、もちろん、新しいことにチャレンジする人を応援するために開くことがあります。そのため、英語でもfarewell partyという言葉があります。直訳すると、送別会に近いニュアンスなのですが、壮行会と変わらない状況でも使います。



壮行会の疑問4選! その2:部活壮行会挨拶はどうする? 


部活で行われる壮行会というのは、大抵は大きな試合のための激励ですよね。
激励を受ける側も代表者が挨拶を行うのが一般的ですが、その場合は、これから挑む試合への意気込みを語り、これまで応援してくれた先生や仲間、親への感謝を盛り込むと素敵な挨拶になるでしょう。


また、試合に向けて自分たちがどのように頑張ってきたかを語るのも良いでしょう。最後に、壮行会を開いてもらったお礼を忘れないようにしましょう。


個人であっても団体であっても、内容はほとんど変わらないと思います。通常は、激励を受ける側は送り出す側の後に挨拶をするものですから、送り出す側が話したスピーチの内容に触れて、何か返しても良いでしょう。


壮行会の疑問4選! その3:壮行会の激励の言葉はどうする?


逆に、激励をする側というのは、スピーチ内容が難しいですよね。
部活や仕事の後輩である場合は、主役のこれまでの頑張りをその場の人にエピソードとして語るといいでしょう。


教師や上司である場合は、試合や転勤先での活躍を期待しての抜擢であることをきちんと主役に伝えると、より相手がやる気を出してくれるでしょうから、正しい激励の言葉となることでしょう。


どんな立場からの言葉であれ、主役との密な関係を持っていないと言葉を贈るのは難しいでしょう。自分があまり、相手を知らないのであれば、良く知っている人物に役を回すのも得策ですよ。


壮行会の疑問4選! その4:壮行会に贈る最適なプレゼントは何がいい?

・寄せ書きのぬいぐるみ

プレゼントの定番は、寄せ書きですよね。
一人一人からの心のこもったメッセージは、貰った方はとてもうれしいものです。


色紙やノートに書いてもいいですが、最近はかわいいぬいぐるみタイプのものも多く、飾りやすいのでおすすめですよ!




・便利な文房具

海外赴任となる同僚には、便利な日本製の文房具はかなり喜ばれます。


海外の物は探すのに一苦労ですし、質もあまりよくない場合があるので、日本のユニークで利便性の高い文房具は重宝します。いくつかをセットにして贈ると良いでしょう。




・簡易的な日本食

海外赴任の場合は、簡易的な日本食もとっても喜ばれます。
赴任先によっては、なかなか日本食が食べられない場合もあります。


簡単に作れるものであれば、恋しくなった時に重宝します。
簡単に作れるお味噌汁の素ご飯にかけるだけのレトルトふりかけなんかも便利ですよ。




ビジネスマンが絶賛してる「話題の文房具」が便利すぎ…!



【最後に】


一言で壮行会と言っても、職場で開かれる場合と部活で開かれる場合でかなり内容が異なってきてしまいますが、どちらであれ、主役を激励するのが最大の目的なので、主役がこれから挑む事柄にポジティブに挑めるように、激励を贈る側は背中を押せるようなふるまいを心がけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です