しばれフェスティバル2019!初心者向けみどころ3選!どれぐらい寒い?服装は?


しばれフェスティバル」とは日本一寒い極寒の地、陸別町で開催される日本最寒の祭です。年を追うごとに知名度が上がり全国各地から約1万人の人が参加するイベントに成長しました。

しばれフェスティバルはさっぽろ雪まつりと同じ2月第1土曜日・日曜の2日間にわたって開催されます。

そこで今回は「しばれフェスティバル」の寒さ対策と見どころなどの情報をお伝えしていきます!

スポンサーリンク

しばれフェスティバル2019!どれぐらい寒い?服装は?

「しばれフェスティバル」の始まり

しばれる」とは、北海道や東北地方で使われる方言で「すごく寒い」という意味です。「今日はしばれるねー」というような使い方をよくしますね。

「しばれフェスティバル」は37年前日本で一番寒い町という陸別町の特徴を最大限に活かそうと、地域起こしの一環として始めたのがきっかけです。今では約1万人の人が来場するイベントに成長しています。

北海道陸別町PRショートムービー「りくべつ 冬」



※5分くらいから「しばれフェスティバル」が紹介されます。

陸別町の寒さってどのくらい?

しばれフェスティバルが行われる1月下旬から2月上旬は陸別町でも特に気温が低い時期です。平均気温はマイナス10℃。平均最高気温でもマイナス1.8℃。平均最低気温はマイナス19.2℃と、とにかく氷点下より上がらない極寒の地なのです。

過去には、一番気温の下がる日出の時間帯で、マイナス30℃を記録したこともあります。冷凍庫の中にずっといるような感じです。

どんな服装をすればいい?

暑ければ脱げばいいのですが、寒い時は準備していないと大変な事になります。雪山登山にいくつもりで準備しましょう。大袈裟なくらい準備しておいた方が間違いありません。寒いというより痛い!

特に足先、指先、首、隠せない顔など凍傷にならないように気を付けましょう。

①上衣

・スキーやスノーボードで使う「スキーウェア」に加えて「長袖ヒートテック」数枚+「タートルネックのセーター」など重ね着

・帽子、イヤーマフ(防寒耳カバー)、ネックウォーマー(またはマフラー)、手袋

②下衣

「タイツ」+「スキー用靴下」+「冬用のデニム」+「防寒靴」
・靴は滑りにくい靴が基本です。

③その他

・足先用のカイロ
・ホッカイロ

第38回 陸別しばれフェスティバル日程

【開催日】2019年2月2日(土)3日(日)

【日程】

2月2日(土)

16時30分 一般来場者開場(抽選券配布開始)
18時00分 オープニングセレモニー(命の火点火式)
18時30分 午後陸小太鼓~よさこい(陸別小学校児童)
18時45分 ご当地アイドルライブ
19時30分 お笑いステージショー
20時30分 しばれ花火
21時00分 人間耐寒テスト開会式
※人間耐寒テストは要予約
23時00分 タオル早回し選手権
(人間耐寒テストチャレンジャーによる)

2月3日(日)

7時00分 人間耐寒テストチャレンジャー認定証授与式
7時15分 人間耐寒テストチャレンジャー朝食・朝風炉
(しばれ会場~朝食・朝風呂間送迎バス運行)
9時30分 ・一般来場者開場(抽選券配布開始)
・スノーラリー(~11:00予定)※先着100名 定員に達し次第終了
・乗馬体験(~12:00)
・スノーラフティング・有料 (~12:00)
10時30分 会場内ゲーム大会
11時30分 電機連合アトラクション
12時00分 戦隊ヒーローショー(写真撮影あり)
13時00分 お楽しみ抽選会
※抽選券の配布は2日20時30分、3日11時30分終了。
13時30分 閉会式・もちまき

●人間耐寒テストは300名予定。

参加申し込みは完全事前予約制で12月中旬頃、受付予定
応募者多数の場合は抽選となります。
参加料金 4,000円〈1食付・朝風呂・保険料含む〉

【会場】
陸別町イベント広場(北海道足寄郡陸別町字ウエンベツ)

【アクセス】市街地循環バス
2日 陸別町役場前 始発16時から
イベント広場出発 最終22時 15分間隔
※18時30分~ 銀河の森天文台⇔会場の往復
運行に関しては会場で確認になります。

3日 陸別町役場前 始発8時30分
イベント広場出発 最終14時30分

【問い合わせ】しばれフェスティバル実行委員会
0156-27-2141(1月以降は0156-27-3990)

【公式HP】



第37回しばれフェスティバル



※前回の「しばれフェスティバル」の様子です。


しばれフェスティバル2019! みどころ3選 その1:人間耐寒テストにチャレンジ


寒さが空気を澄まし、星空が一段と輝きを増して祭にロマンチックな彩りを添えます。あたりが闇に包まれると長くて寒い2日間の始まりです。

『人間耐寒テスト』日本一の寒さを一晩耐え抜く過酷なイベントですが、全国各地から多くの参加者が挑戦しています。

陸別町しばれフェスティバル~slow travel Hokkaido



※30秒くらいから「人間耐寒テスト」の映像が流れます。

人間耐寒テストとは、日本一寒い陸別町で一晩を耐え抜く過酷なチャレンジです。泊まるのは「バルーンマンション」です。バルーンマンションは下記の要領で作ります。

①テント地で作った球体の風船を膨らませ、直径2.5メートルの球体を作る。
②農業用の資材である通称『パオパオ』を3方向から隙間が出来ないようにかぶせ、裾をやわらかい雪でおさえる。
③立ち上げた風船に、高圧洗浄機でひたすら水をかけ続ける。
(氷点下20度前後の中この作業を3時間続ける)
④一晩極寒の中ねかし、翌朝風船を抜くとバルーンマンションが出来上がる。
⑤倒壊を防ぐために、毎日水をかけ続け氷を厚くする。

この作業工程を聞いているだけで、体が凍り付くような感じがします。極寒の中お祭りのために全力投球なのです!

人間耐寒テストにはルールがあります。
①過度の飲酒で迷惑を掛けたら即失格!
②バルーンマンションは火気厳禁!

参加者はわずかな暖と適量のアルコールの力を借りて挑戦することになります。もちろん大人なら守れるルールですよね!

極寒の夜を耐え無事に朝を迎えられると“人間耐寒テスト認定証”が受け取れます。過去37回で約6,000人が認定されています。

「耐寒」とはいっても、会場中央には巨大なファイアー「命の火」がともされていて、暖はとれます。日本一寒い陸別町の夜にチャレンジしてみませんか?

しばれフェスティバル2019! みどころ3選 その2:よしもとお笑いステージショー!


2018年はM-1グランプリで優勝したお笑いコンビ「とろサーモン」さんとR-1グランプリで優勝したピン芸人の「佐久間一行」さんが参加。とろサーモンさんは出場する前月にM-1優勝したので、相当盛り上がったでしょうね!

2019年の芸人さんはまだ詳細が発表されていませんが、毎年旬の芸人さんが出場していることから、期待が膨らみますね!極寒の地を笑いで熱くしましょう!

【マイナス13度】とにかく明るい安村 陸別 しばれフェスティバル 。ガチ 極寒 全裸ポーズ



2016年あの寒さに「とにかく明るい安村」さんの姿。「これ、やばい!」の声がリアルです。

しばれフェスティバル2019! みどころ3選 その3:澄んだ空に大輪の花「しばれ花火」


しばれフェスティバルの夜を締めくくるのが、陸別町の凍てつく夜空を彩る1,500発の花火!

澄み切った夜空に上がる大輪の華は見事で、乾いたパン!パン!という音が、濁りがないきれいな音で何だか不思議です。

2014陸別しばれフェスティバル しばれ花火大会


日本で一番寒い町を体験してみませんか?



日本で一番寒い町、北海道陸別町の「しばれフェスティバル」いかがでしたか?ピン!と澄んだ空気と、町づくりの思いが詰まった温かいお祭りです。防寒だけは大袈裟なくらい準備してチャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です